2008年06月08日 (日) | Edit |
あちこちで指摘されている霞ヶ関のタクシー接待(あちこちなのでトラバはパスします)ですが、俺も実態がよく分からないで書くのでなんだけど、東京でタクシーに乗ったときにあめ玉をもらってびっくりしたことがある。こちらの地元なんてそんなサービスする余裕すらないのに、ほんの千円前後の距離であめ玉がもらえるんだから、1万円以上の距離の客をつかまえたら缶ビールぐらい出すんじゃないかと思うし、涙ぐましい営業努力だよなあとむしろ感心するんだけど、長妻君をはじめとしてそうは思わない方もたくさんいるようで。

もちろん、タクシー券で料金を払っておきながら個人的に金品をキックバックされていたというのなら、税金から支払われるタクシー券で官僚個人がおいしい思いをしていることになるので、許容範囲はどこまでかという問題はあるにしても、慎むべきところとは思う。しかし、それを営業努力としてやっているタクシー側からしたら、じゃあどうやって顧客をつなぎ止めればいいのかという問題は解決されないままである。まさか役所の経理担当にとりいって優先的に指名を回してもらうなんてことができるわけもなく、ただ偶然に回ってきた客が遠いか近いかだけで料金が決まるんなら、タクシーが営業努力(この場合缶ビールに限らず、安全運転なり感じのいい対応なりという本来あるべき努力全体)をするインセンティブはなくなってしまうんじゃないですかね。

念のため、「安全運転します」とか「愛想良くします」なんてアピールしてもシグナリング効果はほとんどないし、そもそもいつ帰れるか分からない顧客を待つことの機会費用もバカにならないだろうということ。確実に顧客を囲い込む手段として妥当かという点に疑問がないわけではないけど、だからといってビールを提供してその代金を支払うシステムにするにも飲食業の営業許可が降りないだろうし(まさか規制緩和?)。

ただ、ことの本質はそっちじゃなくて、官僚系ブログで何度も指摘され続けている(拙ブログでもちらっと触れたことがあったな)ように、国会待機のせいで終電に間に合わない事態はホントに勘弁してもらいたい。何も知らないマスコミならちゃんと調べてから批判すべき相手を批判しろといえなくはないけど(池○先生は今はマスコミの最前線から外れているから現状は知らないとでも言い張るんでしょうな)、何も知らないふりをする野党第一党、というか民主党はホントにあきれてモノがいえません。あんた方が非常識な時間に質問を出してくるから、案件によっては地方自治体にまで影響が出ることもあるんですよ。

夕方に質問が出てきて、勤務時間内に照会のFAXがくるくらいならまだいい方で、そういう場合は時間内に対応方針を決めて残業しながら処理することもできなくもないんだが、夜中の10時とか担当が帰った後に質問がでてきて、朝職場に行ったら深夜のタイムスタンプで朝イチで回答よこせというFAXが中央省庁から入っていることも、ごくまれにではあるけどあったりする。その場合はいろんなルートから該当する地方自治体の担当者に連絡が入って何とかしているようだけど(出向官僚ってやっぱり大事ですな)、そういう質問を出すのは決まって野党の方々。特に、民主党の代表を務めたこともある方は日曜日に質問を出すという非常識さで霞ヶ関でも有名ですね。野党の支持母体には労働組合が多いはずなんだけど、公務員の時間外勤務(しかもそのほとんどはサービス残業)を強いる国会議員を支持する理由って何なんだろう。

とりあえず、勤務時間を過ぎて質問を出した国会議員の先生方には、その対応のために残業しなければならなくなった国家公務員と地方公務員の超過勤務手当とタクシー代を自腹で払っていただきたい。野党のみなさんが日ごろ強調されているように、公務員の超過勤務手当もタクシー代も他ならない税金から支払われているわけですから、そのくらいのコスト意識をもっていただいても罰は当たりませんよねえ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
問題の「本質」じゃなくて「原因」じゃないですが?
2008/06/09(月) 10:20:39 | URL | krhghs #-[ 編集]
>krhghsさん

おっしゃるとおり、タクシー代を使わないと帰れないくらいの残業の原因は国会待機が主な原因だと思います。
「本質」という言葉を使ったのは、接待することの是非を議論するより大事なことは、そもそもタクシー使わないで済むような仕事だったり、職住環境を整備することなんじゃないかと考えたからでした。

まあ、そういう職場環境の整備をしようとしたところで、「役人のなれ合い体質」とか叩かれるのが関の山ですけど。
2008/06/10(火) 00:18:18 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
machineryの日々~本当の客は 1万円以上の距離の客をつかまえたら缶ビールぐらい出すんじゃないかと思うし、涙ぐましい営業努力だよなあとむしろ感心するんだけど、長妻君をはじめとしてそうは思わない方もたくさんいるようで。 ただ、ことの本質はそっちじゃなくて、官僚系
2008/06/09(月) 07:44:21 | すなふきんの雑感日記