2019年01月06日 (日) | Edit |
松の内ということで、これも去年の積み残しなのですが、震災後にこんなエントリを上げておりました。

あまりこの件を取り上げるのは気が進まないのですが、

東海テレビ不適切テロップ、3日間で抗議1万件(※リンク切れ)

東海テレビ放送(名古屋市)が4日に放送した情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産米のプレゼント当選者について不適切なテロップを誤って流した問題で、同社に6日夜までに寄せられた抗議の電話やメールが1万件を超えた。

 同社によると、6日は電話が午後6時までで約260件、メールが同9時までで約1600通に上った。放送日からの3日間では、電話約1300件、メール約9000通に達した。多くが岩手県など東北地方からで、抗議や関係者の厳正な処分を求める内容がほとんどという。

 同社は5日夕の特別番組で、問題の経緯を公表し、謝罪したが、愛知、岐阜、三重県の放送エリアだけだったため、6日夜、特別番組の概要と、岩手県庁などを役員が訪問して謝罪したことを同社のホームページに掲載した。
(2011年8月6日23時33分 読売新聞)
※ 以下、強調は引用者による。


で、「同社のホームページ」に「事実関係のご報告」というのが掲載されています。

1)なぜ常識を欠いた不謹慎なテロップが放送現場に存在したのか?

  • 問題のテロップは・・・
     [1]CG制作を担当する50代の男性スタッフにより作成された。
     [2]CG制作担当者が、実際に当選者の名前を記入する前の仮のものとして「ふざけた気持ち」で作成してしまったものだった。
     [3]CG制作担当者に渡す発注書には、不謹慎な文言は記載されていなかった。
  • 8月3日(水)(=放送前日)にテロップ画面をタイムキーパー(以下TK)が確認、その場で訂正を依頼した。しかし、CG制作担当者はそれを訂正の依頼と認識せず、そのまま放置した。
  • 8月4日(木)(=放送当日)朝、TKが問題のテロップを再度確認し、改めて訂正を依頼したが、CG制作担当者はこの時点でも「訂正の依頼と認識せず」放置した。
  • 「訂正」を巡るスタッフ間の理解の食い違い、テロップをチェックすることになっているディレクターに、問題のテロップの存在が伝わらなかったことで、チェック機能が働かなかったという管理体制の甘さにより、常識を欠いた不謹慎なテロップが、放送の最終段階まで残ることになってしまった。


「【お詫び】「ぴーかんテレビ」内での不適切な表現の放送について」(東海テレビ放送株式会社)(※リンク切れ)


(略)
こうした反応が広がっているのは、福島県を「フクシマ」などと記述して放射性物質の危険性を必要以上に煽りまくったマスコミや、それに乗じて自説を展開しようとする評論家や一部の学者連中が、被災地を「穢れ」たものとして認識する国民感情を醸成したからではないでしょうか。東海テレビのスタッフも、そういう認識が広がる中で生活していたからこそ「怪しいお米 セシウムさん」などと常軌を逸した言葉を思いついてしまうのでしょうし、CG製作担当者が「それを訂正の依頼と認識」しなかったような指示しか出さなかったタイムキーパーも同じ認識だったのだろうと邪推します。

東海テレビや保存会の方が謝るのは分からないではないんですが、彼らもそうした「圧力」や「利害関係」の中で活動しているわけですから、ここで問題になるのはその「圧力」や「利害関係」の中身なのだろうと思います。危機を煽って冷静な判断を奪っている何者かが、マスコミやネット界隈には数多く徘徊しているように思います。東海テレビのスタッフや保存の会に苦情を寄せる市民がそういう行動をとってしまうような認識を広めた方々にこそ、被災地の方々に謝っていただきたいのですけれどもね。

「謝る人が違う(2011年08月08日 (月))」
※ 引用した地の文の強調は引用時。

放送の地域が違うのでこの後の顛末はフォローできていませんでしたが、その番組は打ちきりとなり、さらにそのキャスターを追ったドキュメンタリーも作成されていたとのことです。

「さよならテレビ」が裏ビデオのように出回っている

「さよならテレビ」は、2018年9月2日に東海地区のみで放送された90分番組だ。東京では観られなかった番組なのに、放送直後から業界の話題となり、テレビマンたちの間ではDVDなどで裏ビデオのように出回っている。内容は「テレビの現状はどうなっているのか」というテーマで、東海テレビのディレクターが、同局の報道部を長期取材したドキュメンタリーだ。そのディレクターとは、話題となった映画「ヤクザと憲法」を監督した土方宏史氏。プロデューサーは、東海テレビのドキュメンタリー映画のほぼすべてを取り仕切る阿武野勝彦氏だ。

 取材が始まるやいなや、普段は他者にカメラを向けることを仕事にしている報道部員たちが、自分自身にカメラを向けられることにとまどいを覚え、反発する。土方ディレクターと部員たちは話し合い、「マイクは机に置かない」「デスク会は撮影許可を得る」などの取り決めをしながら、取材は続いていく。

 期間はおよそ1年半で、3人のテレビマンがメインの被写体となっている。そのうちの一人は、入社16年目のアナウンサーで、彼が夕方のニュース番組のキャスターに抜擢されるシーンから始まる。報道部長から「お前を売り出したい」と言われ、局の正面玄関の脇には、このキャスターの顔写真がデカデカと載ったポスターが掲げられる。

 だが実はこのアナウンサー、7年前に起きた同局のニュース番組における大きな不祥事にトラウマを持っていた。岩手県産のお米を「セシウムさん」と表現したテロップが流れ、あまりに不謹慎だと世間の批判を浴び、番組が打ち切りになったのだ。このテロップを流したのはもちろん彼の責任ではないのだが、たまたまその時に彼がMCをしていたために、放送中に謝罪を強いられ、ネットでは「おまえが死ねばいい」とまで叩かれた。以来、キャスターであるにも関わらず、自分の胸の内を素直にさらけ出すことにためらいを覚えている。

「業界騒然! 東海地方限定番組「さよならテレビ」は何がすごいのか?東海テレビが東海テレビを描く「問題作」ドキュメンタリー(1)(2018/11/12)」(文春オンライン)

マスコミの報道については拙ブログでは常に批判的ではあるのですが、私も仕事でマスコミの中の人たちとお話しする機会がそれなりにありまして、彼ら個々人はそれなりに現場の問題に向き合おうとしていることは存じております(もちろん中には意図的に役所を貶めようとする方もいらっしゃいますが)。しかし、組織の行動原理が日本型雇用慣行に基づいている場合、そのような個々人の思いは組織を維持するという圧力に抗することができないのが実情ですね。

ノンフィクションライターである石井氏は、本書の中でマスコミの当事者の生々しい言葉も伝えています。

「石井さん、今のテレビの報道っておかしいと思いませんか。僕、自分がいる業界にかなり失望しているんです。津波のあった直後は、会社からもどんどん惨状をつたえろと指示を受けていましたし、僕もそれをすることでここで起きている現実を日本中に知らせたいと思っていました。けど、現実にはそんなことは一切できなかったんです」
「どういうこと? 局はちゃんと現実を報道するつもりだったんでしょ」
「その姿勢は三日ぐらいしかつづかなかったんですよ。突然、会社からの指示が変わって、『視聴者は悲惨な話にはうんざりしているから、日本全体を勇気づけるような話を持ってこい。たとえば避難所でペットを飼っている老人の話だとか、子どもが生まれたという話が求められているんだ』と言われたんです。目の前で被災者が生活に困っていたり、遺体にすがって泣いていたりしているのに、それを無視して無意味に明るいニュースばかりつくらなければならなくなったんです。目の前に現実と報道の間に溝が生まれ、瞬く間に広がっていく感じでした」
(略)
だが、芸能やスポーツニュースならともかく、今回の震災のような場合でも同じ方法をとるべきなのだろうか。こういう時だからこそ、従来とは異なる方法でより被災者の現状をつたえる報道をする必要があるし、それが求められているのではないか。
彼はつぶやいた。
でも、今の会社の上司だってこのシステムの矛盾をわかっているんですよ。彼らだって若い時は今の俺と同じ立場だったから。けど、会社がそうやって動いている以上、今更変えることができないんです
石井『同』pp.143-146

もしかすると、『遺体』がその凄惨な描写にもかかわらず多くの方の心を動かしたことについて、石井氏も歯がゆい思いをしていたのかもしれません。たしかに被災地では、被災された方々自身がそれぞれのできることの中で協力し合い、非常時を乗り切ったことは事実です。それを明るい話題としてマスコミが取り上げることは、被災された方々のみならず、日本全体が新たな一歩を踏み出すために一定の効果があったことは否定しません。しかしそれと同時に、決して美談として語られないようなことが起きていたのも事実です。それらに同時に対処しなければならないのが自治体や警察、自衛隊などの公的機関でして、むしろ「決して美談で語られないこと」の方が対処に労力を要します。私が本書の内容により現実味を感じるのは、私がそうした「美談で語られないこと」に労力を割いているコームインの立場だからともいえそうです。

「生々しい現実(2013年04月28日 (日))」


石井氏に「石井さん、今のテレビの報道っておかしいと思いませんか」と問いかける現場の記者がいる一方で、上記引用部で強調した部分のような振る舞いをされている方が東海テレビにもいらっしゃるとのことです。

 実はこのドキュメンタリーの中で個人的には最大の驚きだったのが、悪役とも言える報道部長の存在だ。この人、どこかで見たことがあるな、と思っていたら、ハタと気付いた。この報道部長は、東海テレビのドキュメンタリー映画の傑作「平成ジレンマ」や「死刑弁護人」を監督した斎藤潤一氏なのだ。つまり、表で報じられるニュースに疑問を持ち、別の角度から捉えていく東海テレビ映画のお家芸とも呼べる手法を、阿武野プロデューサーとともに作った立役者だ

 そういうキャリアの持ち主が、報道部長となり(つまり会社で出世し)、「視聴率を獲れ」とか「上からやれと言われたらサラリーマンなんだから従わないといけない」とか、事実上クビの派遣社員に「卒業」などと言ってしまうような、典型的なメディア企業の管理職として生きている。斎藤部長は、いかなる思いでニュースを放送しているのか。その答えが聞ければ、この番組はさらに深度を増したと思うのだ。「さよならテレビ」は、テレビというメディアの話であると同時に、「組織と個人」という普遍的なテーマを描いていたのだから。

「業界騒然! 東海地方限定番組「さよならテレビ」は何がすごいのか?東海テレビが東海テレビを描く「問題作」ドキュメンタリー(3)(2018/11/12)」(文春オンライン)

いやまあ、「報道部長となり(つまり会社で出世し)、「視聴率を獲れ」とか「上からやれと言われたらサラリーマンなんだから従わないといけない」とか、事実上クビの派遣社員に「卒業」などと言ってしまうような、典型的なメディア企業の管理職として生き」るというのは、東海テレビという会社に特殊な現象ではなく、広く日本企業に浸透している日本型雇用慣行において職能資格を獲得するということの実態を示しているといえるのでないかと思います。

もっといえば、前述したような「私も仕事でマスコミの中の人たちとお話しする機会がそれなりにありまして、彼ら個々人はそれなりに現場の問題に向き合おうとしていることは存じております」というのは、公務員の不祥事が起きた際にコメンテーターとか良識的なついったらーの皆さんが「公務員の大部分は真面目な人なのに、一部の人の不祥事で叩かれるのでは報われないが、不祥事の張本人は徹底的に叩いてやるぞ」とかいうのと同じですね。つまり、他人の職については、一般論では擁護しさえすれば個々の事案については存分に叩いてやろうという姿勢は共通しているわけでして、私も安直な公務員批判を批判しているつもりではありますが、批判対象と同じ態度をマスコミの皆さんに対してとっているということになります。日本型雇用慣行に生きる労働者が他山の石とするのはかくも難しいということでしょう。

管理職の役目が「上からやれと言われたらサラリーマンなんだから従わないといけない」という精神論を押し付けることであるのは、日本型雇用慣行において職能資格給制度を駆け上った管理職に特有なのか、あるいは洋の東西を問わないことなのか、いろいろと考えさせられる事案ではありますね。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック