2007年12月22日 (土) | Edit |
NHKで年金の話をやってましたが、あいかわらず「団体職員」が幅を利かせているわけで、発言がいかにも共○党な66歳の女性はあらかじめそう表明していただいた方が、個人的には精神衛生上ありがたいです。俺の知っている範囲でいえば、団体職員と称するのは中小企業団体の職員だったり農協の職員だったりするんだけど、新聞の投書欄とかに出てくる団体職員ってのがプロ市民だったりするのはよく知られた話らしい。日本人の肩書きに対するこだわりについてはマッツァリーノ氏も指摘していることだけど、なんというか一般的に政策的指向と職業の関係が双方向に影響しあうものとしても、日本では後者が前者を規定する度合いがかなり高いというのがその理由なんだろうと個人的には考えます。まあ、政党職員の場合は両者が一体化しているわけですが。

それにしても年金の財源を税方式にする立場のコメンテーターばかりを集めているというのは、NHKの意図なのか世論がそういうものになっているのかよく分かりませんが、前回のテーマだった「程度問題」が思ったより深刻な状態なのかもしれないという危機感を抱かせるには十分なギャラリーでした。そういう自分だって知らない制度について問われれば同じ反応をするかもしれないけど、何か問題があれば「そんな制度があること自体がけしからん!抜本的に改革しなければならない!」というのは、あまりに早計といわざるを得ないでしょう。マクロの財政問題とミクロの社会保障制度の違いを認識できないというのは、やっぱりマクロを理解するためにはある程度のスキルを要する以上ある程度やむを得ないことなのかもしれないが、だからこそ番組に参加している有識者が議論をモデレートする意義があるというに、またも荻原博子ですかorz

中学のときそれまではガリ勉君たちの独壇場だった生徒会長に立候補したお調子者がいて、彼は「生徒会なんて何にも生徒の役に立っていない。俺が当選したら生徒全員にアイスをおごる」という非常にアホらしく、かつ生徒の心をつかむ公約を掲げて選挙活動を繰り広げ、見事に当選しました。結局彼は自腹で(というか親に金を出してもらって)アイスを配る羽目になり、何の統制もとれない生徒会によってその後の文化祭や運動会の運営がぐだぐだになってしまったのはいうまでもありません。

おかげで俺は齢14歳にして、お調子者を当選させるようなガバナンスのないところに自治はないということと、現状に問題があるからといってすべて否定しては元も子もなくなってしまうということを身をもって経験することができたわけで、そのお調子者にはいくら感謝しても足りないくらいですが、まあ、簡単にいえば、100点満点で80点の働きをするガリ勉君に任せるのが気にくわないからといって、それをあげつらいながら自分は30点くらいの働きしかできないアホに任せる道理はないということ。100点とれる天才に任せられればいうことはないとはいえ、現実の政治の世界でそんな奴はいませんし、「どの程度」で良しとするかが問題なわけです。

番組を眺めた感じでは、だいたい年金制度に批判的な意見の論拠というと、

1. 政府にはムダがあり、財源を捻出することはまだまだ可能である。
2. 年金の未納が増えていて、保険料を払っているのに制度として成り立たないのではないかという不安がある。
3. 社会保険庁をはじめ役所の仕事に問題があるのに、その責任を取らせないと気が収まらない。


という辺りに集約されるようでした。

いずれもやっぱり「程度問題」なんだよなあとしみじみ思うわけですが、たとえば、1については、公共事業費が名目ベースで平成2年度並みにまで削減されて財政の再分配機能が低下している中で、それを担う社会保障のもっとも確実な財源である保険料を拡充するのであって、税負担の増加はそれとのバランスで考えることだろうと。「税負担が増えるのはけしからん!保険料も少なくしてもっと社会保障を充実させろ!」というのでは議論が成り立ちません。

2は拠出が減る分給付が減るだけの話ではあるけど、アドバースセレクションによって世代内の再分配機能が低下するという話であって、世代間格差の問題ではないということは意識しつつ、どの問題を「どの程度」優先的に解決するのかを問うべきでしょう。

3はなあ・・・人身御供がなければ納得しないというのはあまり健全な社会ではないと思いつつ、問題の解決にはならないとはいえそういう気持ちは分からないではない。「どの程度」のクビを差し出せば国民のみなさんは納得されるのでしょうか。

とまあなかなか危機感を煽られる番組ではありましたが、個人的には、権丈先生のサイトを熟読していると思しき29歳の会社員(♀)と38歳の会社員(♂)の孤軍奮闘ぶりに涙しつつ、「うちのおじいちゃんはお金持ち」と言い切る32歳の会社員(♀)の相手をおそれぬ正論の吐きっぷりに感動しました。

しかし、そもそも物品税を知る世代が物品税を懐かしがるという構図には別の意味の「財政的幼児虐待」を感じてしまいます。明らかに行政コストは上がるし、経済学的にも社会的余剰は減少してしまうし、ひょっとして民主党の戦略が奏功しているのでしょうか?物品税の復活は怖いなあ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック