2007年11月11日 (日) | Edit |
前回フライング気味に書いてしまった小沢民主党代表ですが、結局留任してしまったので本当にフライングになってしまいました。まあ、ほかのブログ界隈を見ても「小沢辞任」で記事を書いていた方が多いようなので、一人でフライングしてしまったというよりみんなずっこけた感じですな。ちょうどお笑いウルトラクイズで「位置について、よーいドン!…といったらスタートですよ」で芸人が全員コケてビートたけしにツッコミを入れるような。というわけで、俺も一応つっこんでおきます。

でまあ、この留任で与野党の立場が逆転してしまったとか、民主党のもろさが露呈したとかいうのはやっぱり今さらかと。一区現象から逆一区現象への変遷を見ても明らかなように民主党の支持基盤は与党に対する批判票でしかないわけで、良くも悪くも補集合として勢力を伸ばしているにすぎない。つまり、自民党が農村部に手厚く配分していたころは、それに批判的な都市部の票を獲得し、小泉改革が農村部から手を引き始めたと見るや逆に都市部を批判し、その反動で農村部の票を引き寄せて勢力を拡大してきたのが民主党であって、具体的な民主党の政策が支持されたわけではない。というより、具体的に実現可能性のある民主党の政策そのものが示されたことがそもそもないんだけど、それに目をつぶって政権交代といわれてもねえというのが率直な感想。

その辺については、いみじくも小沢民主党代表がほかならぬ「辞任表明会見」(今思えばこう書くべきだったんだなあ)で的確に突いているんだけど、この点が民主党内部で反省された形跡は残念ながら見えません。

民主党執行部は5日、「自民党との大連立は行わない」ことを条件に、辞意表明した小沢一郎代表の慰留に奔走した。小沢氏という「重し」が外れると後任選びで党内が混乱し、民主党の分裂を期待する自民党に付け入るすきを与えかねないとの懸念があるためだ。当の小沢氏は回答を留保したものの、自ら率いる政党を「政権担当能力がない」と断じた小沢氏に対する批判もくすぶっており、動揺は収まる気配がない。
時事通信「混乱回避へ慰留に奔走=「ポスト小沢」の動きも-民主」



誰かがおっしゃっていたように、今の民主党は上記の意味で与党の批判勢力を吸収するための選挙連合という機能がメインなわけで、その選挙連合のトップたる力量を持つのは民主党では小沢氏だけということと、民主党が政策の実現を通じた中長期の国家運営よりまず政権交代という短期目標しか頭にないということが今回の件でよく分かりました。これだけでも国民として小沢氏に深く感謝いたします。

そういえば、辞任表明会見で報道を批判したこともずいぶんな自己矛盾だよなと思っていたら、小沢氏のマスコミ批判については以前にも指摘していたことを思い出しました。小沢氏って実はかなりの被害妄想なんですねえ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック