--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年10月30日 (日) | Edit |
数か月前の「「経済学的に正しい」ことへの絶対的信頼感」というエントリで引用したtweet主から新たにtweetがあって、追記しましたのでお知らせします。ついでに、これも以前読んだ本からこのように様々な「経済学的な正しさ」が群雄割拠する現状についてメモしておきます。

 大半のエコノミストの喧伝に反して、経済学には新古典学派の1種類しかないわけではない。本章では少なくとも9つの学派を紹介する。
 これら学派は不倶戴天の敵どうしというわけではない。むしろ互いの境はえてして漠然としている。経済学を概念化し説明する上ではさまざまな方法があること、いずれの学派も優位性を主張したり唯一の真理を自称できないことがわかればいいのだ。


ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド

ハジュン・チャン著/酒井 泰介訳
ISBN:9784492314609
旧ISBN:4492314601
サイズ:四六判 並製 472頁 C3033
発行日:2015年05月22日


※ 以下、太字下線強調は引用者による。文中の注釈は省略。


いあまあ身も蓋もない指摘ですが、「経済学的な正しさ」というのは「ある考え方に基づいたときの推論」程度に考えるのが吉といえそうです。

で、新古典主義派についてこれも身も蓋もない指摘がされています。

 新古典主義の自由放任主義的結論がさらに強化されたのは、20世紀前半に重要な理論的進歩がみられたことによる。それは社会改善を客観視できるようにする理論だった。ヴィルフレード・パレート(1948~1923年)は、すべての主観的個人を尊重し、他の人を不幸にすることなく一部の人をより幸福にできたときのみが社会改善といえると唱えた。「公益」の名のもとにいかなる個人も犠牲になるべきではないということである。これはパレート基準として知られる考えで、今日の新古典主義経済学における社会改善をめぐるあらゆる判断の基礎となるものである。残念ながら、現実の世の中では、誰かを不幸にしない変更などないに等しい。だからパレート基準現状維持、すなわち自由放任主義にしがみつくうえで格好のレシピとなった。この考えを採用することで、新古典主義学派は強く保守性を帯びた
チャン『同』p.115
※ 太字強調は原文。

 新古典主義派は現状維持に傾きすぎである。個人の選択を分析するうえで、底流となる社会構造——金や権力の配分——を所与のものとして受け入れている。そのためこの学派では、社会を根本から変革せずに行える選択だけを見ている。例えば「リベラル派」のポール・クルーグマンを含む多くの新古典主義エコノミストでさえ、貧酷の低賃金工場の職を否定すべきではない、その代わりはまったく職がないことかもしれないのだから、と主張する。そのとおりだが、それは底流となる社会経済学的構造を疑わないからだ。ひとたびそんな構造自体を変える気になれば、こうした低賃金職の代りはいくらでも考えられる。労働者の権利を強化する労働法、工場への安価な労働力の供給を減らす土地改革、熟練職を創出する産業政策などを導入すれば、労働者にとっての選択肢は低賃金職か失業かではなく、低賃金職か高賃金職かになるのだ。
 新古典主義派では交換と消費に注目するあまり、経済の大きな——そして他の多くの学派によれば最も重要な——部分を占める生産を無視してしまう。この欠点について、制度学派エコノミストのロナルド・コースは、1991年のノーベル経済学賞受賞講演で、新古典主義経済学は「森のはずれで木の実とイチゴを交換する孤独な個人たち」の分析のみに好適な理論と切り捨てている
チャン『同』p.119


私自身も「主流派経済学」と呼ばれる経済学のトレーニングを受けた経験がありますので、拙ブログでもパレート最適を基準とする政策について書いたりしているところでして、「保守」を自認するブログ主としてはなるほどというところです。パレート最適基準に縛られている限り、新古典主義経済学が「底流となる社会構造」を所与のものとして考えるのは避けられないのは、冒頭で追記をお知らせしたエントリでも書いたとおりですね。

これに対して、権丈先生が「かつて世界を東西の真っ二つに分けて、今につづく人類同士のいがみ合いの思想的基盤を与えた」と指摘されるもう一方の経済学であるマルクス経済学については、アダム・スミスらによる古典主義では固定的と考えられていた階級を、マルクス経済学では社会を変革する主体になりうるとした点を重視して、このように指摘されます。

 マルクスはまったくちがう考えを持っていた。彼にとって、労働者らは古典主義者が言うような無力な「烏合の衆」ではなく、社会変化に積極的に取り組むエージェントである。マルクスはそれを「資本主義の墓掘り人夫」と呼び、ますます規模と複雑さを増す工場で組織技術と規律を鍛えられているとした。
 だが、マルクスは、労働者が随意に革命を起こし、資本主義を打倒できるとは考えなかった。機が熟す必要があると考えたのだ。それには資本主義が十分に発達し、制度の技術的要件(生産力)と制度的背景(生産関係)の矛盾がつのらなければならない、と。
チャン『同』p.123

 最後に、しかし決して些事ではないことに、マルクスは資本主義の発展過程において技術革新が持つ重要性を真に理解した最初の主要エコノミストで、それを自らの理論の中心に据えていた。
チャン『同』p.125


引用した1点目については、厨先生の『不平等との闘い』ではむしろ「古典派・マルクス的想定」と「新古典派」が対比されていましたが、階級を固定的なものと見るかどうかでは古典派とマルクス経済学は共通ではあっても、その階級が社会を変革するかどうかについての見立てでは異なっていて、それが階級闘争という考えにつながっていくかどうかの分かれ目となるのでしょう。
文春新書
不平等との闘い
ルソーからピケティまで
稲葉振一郎
定価:本体800円+税
発売日:2016年05月20日
ジャンル:ノンフィクション


そして引用した2点目を発展的に引き継いだのがシュンペーターだったわけでして、現代のカイカク派が好んで使う「創造的破壊」の起源が、技術革新が可能にした階級闘争によって社会の変革を想定したマルクスにあるというのもなかなかに示唆的ですね。

という本書のこの流れからすると、新古典主義主義、マルクス経済学ときてシュンペーターが来るかと思いきや、次に「デベロップメンタリストの伝統」なるものが登場します。これは、17世紀の重商主義に典型的な「理論的ではないが実用的で折衷的な要素」を引き継いだ考え方であり、ハーシュマンに代表される開発経済学へとその系譜が続くものと位置づけられています。

 先に指摘したとおり、統制のとれた総合理論を欠くことがデベロップメンタリスト伝統の弱点である。万事を解析できるかのような理論に引き付けられるのは人情である以上、新古典主義派やマルクス主義派のようなより体系的で自信を漂わせている学派に比べて、デベロップメンタリスト伝統は大きく見くびられがちだ。
 この伝統は、政府の積極的な役割を唱える他の学派に比べて、政府の失敗をめぐる議論により脆弱である。また特に広範な政策群を推奨しがちで、ひいては行政能力を濫用しやすい。
 これらの弱みにもかかわらず、デベロップメンタリスト伝統はもっと注目されてよい。その重要な欠点すなわち折衷主義は、むしろ強みになれる。世界の複雑性を考えれば、より折衷的な理論の方がその説明に有用かもしれない。第3章で述べた自由市場政策と社会主義政策を独自に取り合わせたシンガポールでの成功は、その好例である。それ以上に、歴史上で生み出してきた実績は、これが空論ではないことを示している。
チャン『同』p.130



そのデベロップメンタリスト伝統が弱点とされる政府の失敗論についても、容赦のない指摘が繰り広げられています。

 政府の失敗論は、経済あるいは市場の論理が政治に——そして芸術や学問など暮らしのその他の領域にも——優先すべきとするものだ。昨今ではとても広く受け入れられており、ほとんど当たり前になっている論だ。だがそこには深刻な瑕疵がある。
 第一に——エコノミスト以外にとっては当たり前だが多くのエコノミストにとっては受け入れ難いことに——そもそも市場の論理を暮らしの他の面に優先させるべき理由がない。人はパンのためにのみ生きているわけではないのだ。
 さらにこの議論は、何が市場に属し何が政治の領域に属するかをきっぱりと分つ「科学的」な方法があると暗に仮定して成り立っている。例えば、政府の失敗論者は、最低賃金規則や幼稚産業に対する関税保護などを、神聖冒さざる市場の論理に「政治的」論理を押し付けるものという。だがこれらの政策を正当化する経済理論は現に存在する。それなら彼らの実態は、他の経済理論に「政治的」とレッテルを貼って貶め、自分の主張が正当なのだ、これこそ経済理論だとばかりに言いつのっているにすぎない
チャン『同』p.364


ここで指摘されているような「経済学者」の皆さんの生態は拙ブログでは何度も指摘しておりましたので、繰り返しになりますが次のエントリなどどうぞ。
おっちょこちょい(追記あり)(2016年06月25日 (土))
歴史の読み違え(2012年05月04日 (金))
マクロとミクロの溝(2009年12月10日 (木))

まあ田舎の下っ端地方公務員ごときが経済学者に楯突くなど畏れ多いとご指摘を受けることも多いのですが、本書の「おわりに」でチャン氏は心強い言葉を記しています。

 プロのエコノミスト(筆者自身も確かにその一人だ)にも反駁を試みるべきだ。経済学に限ったことではないが、真実は専門家の専売特許ではない。第一に、たいていの場合、彼ら自身が合意に達せられない。実にしばしば、彼らは視野が非常に狭く、特定の方向に捻じ曲がっている。専門家の常で、エコノミストもフランス語で言う「デフォルマシオン・プロフェッショナル」すなわち専門バカである。プロのエコノミストではなくても、基本的な経済学の知識と政治的、倫理的、そして経済学的な考えを応用して健全な判断を下せることはいくらでもある。時には、こうした人々の判断の方が、現実に根ざし、視野が広いので、プロのエコノミストに優ることさえある。経済のような重大事をプロに任せ切るわけにはいかない。
 あえて一歩踏み込んで言おう。プロのエコノミスト——そしてその他の専門家——に果敢に論争を挑むことは、民主主義の基本であるべきだ。考えてみてほしい。専門家を盲信すればいいのなら、いったい何のための民主主義か? 半可通ばかりの世の中などゴメンだと思うなら、誰もが経済学を学んで専門家に挑まなければならない。
チャン『同』pp.421-422


まあもちろん、最後の点に関しては民主主義の危うさにも十分配慮が必要だろうとは思うところですが、引用部の前半は諸手を挙げて賛同いたしますので、引き続き節度を持ちながら「プロのエコノミスト」におかしな点があれば指摘していきたいと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。