--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年03月11日 (水) | Edit |
今年も年度末の慌ただしさの中で震災から4年が経過しました。4年目ではあってもそれなりにテレビや新聞では特集が組まれていましたが、年月が経つにつれてその数は着実に減っていますね。政府主催の追悼式典は来年くらいまででしょうか。2年連続となりますが、山口先生が2年前に指摘されていた「よりよく忘れる」ということに改めて付け加えることは特にないように思います。

もちろん、この1年でも土地のかさ上げが進んだり高台移転のための宅地造成が進んだりして、被災地は目に見えて形が変わっています。それは、震災直後に大きな課題となっていた用地取得にある程度めどがついて実際の工事が進んでいることが大きな理由でして、「いかに津波で流されてまっさらになっているとはいえ、登記そのものは法的効果を失っていないわけですから、その土地に張り付いた権利までがまっさらになっているわけではありません」という状況の中で、地道に用地取得の作業を進めた地元自治体職員の取組の成果がやっと形になってきたわけです。

こうして振り返ってみると、震災後の防潮堤を巡る議論などが紛糾した大きな要因は、「お金をかければ早く復興する」という素朴な信念だったのではないかと思います。財源を確保することは当然必要ですが、様々に錯綜するお互いの権利について合意を得ながら、法的な面からかつ予算執行の面から適切に手続きを進めるという実務は、お金の多寡でその適否やスピードが決まるものではありません。しかし、震災直後に日本全体がある種の高揚感に包まれていた時期の議論では、「とにかくお金をかければ復興する」という理念が先行して、どうやれば適切に手続きを進められるかという視点は、あまり顧みられることがありませんでした。やや厭世的な物言いになってしまいますが、所詮は人間のやることである以上、おカネがあってもできることは物理的にも手続き的にも限られるということが、危機的状況では忘れられがちだという点については、震災後に各地で発生し、これからも繰り返されるであろう自然災害を克服するために、十分な検討が必要だと思うところです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>こうして振り返ってみると、震災後の防潮堤を巡る議論などが紛糾した大きな要因は、「お金をかければ早く復興する」という素朴な信念だったのではないかと思います。

リフレ派の方からIDコールを頂戴して、被災地はハードに固執しているように勘違いされる象徴として「防潮堤」が挙げられますが、本質は「権利関係の解決にお金を摘めば簡単に応諾する」だったと思います。工事をするための金は当時の入札状況からは、震災以前の低価格入札が続いていたのでそれほど旨味のある仕事ではありませんでした。
2015/03/13(金) 13:05:13 | URL | hahnela03 #TVNdHuFs[ 編集]
> hahnela03さん

おっしゃるとおり、始めから「カネの問題」ではなかったんですが、権利関係とその調整手段としての手続き、それを担う公務員の人員不足についての問題は、特に経済学方面からはほとんど相手にされませんでしたね。むしろ、復興増税ガーとか国債の日銀引受ウォーという自説に都合よく使える方便として消費された面もあると思います。石原伸晃元環境相が「カネの問題」と発言して一斉に叩かれた一方で、「復興予算を逐次投入せずに一気に投入すべき」とかいう経済学者にはほとんど批判がなかったのが象徴的です。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-521.html

それどころかカネの問題であってもさらに少ない財源で復興できるとかのたまう方が近々枢要な公職に就かれるとのことですから、この国の経済学方面の議論の迷走ぶりは世界標準なのでしょう。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-522.html
2015/03/16(月) 08:29:49 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。