--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年02月24日 (土) | Edit |
このブログの初期のエントリでもリスペクトさせていただいているパオロさんなんですが、刊を重ねるごとにその文才の切れがおかしな方向へ向かっているようで、なんとも残念なところです。「愛と勇気とお笑いを」とサブタイトルの付けられた新刊を早速購入してそれなりに気をつけて読んでみたんですが、ネットのあちこちで批判されてるように「ネタはないけど批判された経済学には恨みを晴らさずにはいられないから、この辺をネタになんか書いてしまえ」というパオロさんの意気込みが感じられたのはワタシだけ? というのも、前回の著作から続くパオロさんの経済学に対する批判については、数学を使って世の中が説明されてしまうことを必要以上に毛嫌いするという以上の動機が見いだせませんでした。パオロさんと論争された飯田さんが指摘されているように、数学を使うのはそれが言語として使いやすいからであって、せいぜい数学で説明できることは数学使った方がラクだよねというのが経済学のスタンスではないかと個人的には理解しております。

ただ、電車の中で英字新聞を読んでる人を見ると「けっ、エリートが世界の株式でもチェックしてんだろ」といいたくなる英語力しか持ち合わせていない人には、実はその英字新聞がただのゴシップ紙で「ブリちゃんの坊主は男にフラれたから」なんて書いているとは想像もつかないわけで、自分の知らない言語を操る人を見ると極度に警戒してしまうんでしょうな。もしかしたら世界でもまれな水準で言語が統一されている日本人に顕著なのかもしれないけど、日本語で書いているはずなのに数式ばっかり出てきて理解できない経済学に対する警戒心が、経済学に対する不信感に裏返ってしまうのかも。

そんな経済学についての議論を引きずっているためか、この本が推奨する(?)「ツッコミリョク」なるものがそれほど有効かという点については、俺はかなり疑問を持たざるをえない。以前太田光と北野武の時代性の違いを書いたときにも、そのメルクマールとなるのは被害者と加害者の境界線をどう意識するかという辺りじゃないかということを考えたんだけど、経済学者との論争以降特に、パオロさんの境界線の取り方がかなり硬直化しているように思われます。そのエントリでいいたかったことをざっとまとめると、太田光の話芸が被害者にべったり同情することなく、その被害者だって加害者になりえていたんじゃないかという可能性を示すことで、被害者かわいそうという建前と100%被害者なのか?という本音を同時にネタにすることができるんだろうという感じかな。これに対して、北野武には加害者が100%悪いんだから被害者を語れというスタンスがまずあって、被害者がかわいそうという本音を充足することが北野の話芸のネタの源泉になっていると思われるわけです。

で、この「ツッコミリョク」なるものは、世の中のもっともらしい言論を正しく批判するのではなく、その言論をボケに見立てて、愛と勇気とお笑いで正しさをおもしろさに変えてしまえというものなそうですが、それってもっともらしい言論に対するただのやっかみじゃないんでしょうか。結局まっつぁんのいってることって、もっともらしい議論を理解するのはめんどくさいけど、とりあえずおもしろくいってしまえばそっちの方が受けがいいから、もっともらしい議論を正しく批判するよりおもしろいこといったほうが得ですよってことに尽きてしまう。こんな態度で世の中を切ってみても何ら生産的な議論はできないし、お笑いとしても、北野武が被害者の方しか向いていないのと同じようにだいぶ古くさく思われます。つまり、そんなつっこみは少なくとも今のトレンドには乗らないだろうと。

あくまで俺の個人的な感想に過ぎないけど、ダウンタウンの松本人志は自分で豪語するとおりデビューはじめから(子供のころから?)おもしろかったし、爆笑問題の太田光もボキャブラで評価される前からおもしろかった(そもそもボキャブラネタは田中が考えていたし)。それが実際に売れるまでラグがあった理由は、コンビとしておもしろいと認識されるまでのもう一つのステップとして、相方のつっこみのレベルアップが必要だったからだと考えられる。浜田雅功も田中裕二もキャリア当初のつっこみはあまりにもお粗末なものだったと記憶しているのがその根拠なんだけど、浜田のつっこみはただ大声を上げてはり倒したりすごんでいるだけで(やっさんがダウンタウンの漫才をチンピラの立ち話と称したのも松本のボケではなく浜田のつっこみに対してじゃないかと個人的には考えている)、田中に至っては「もういいよ!」「やめろよ!」しかつっこみのパターンがなくて、太田のボケさえも単調に思えるほどだった。それが、浜田は単なるすごみだけじゃなくて一緒に笑ってみせるようになり、田中はマジ顔であきれる術を身につけるようになり、松本も太田も思う存分ボケることができるようになったのである。

さらに、ともに内村光良に改名されたコンビであるが、バカルディ時代には大竹のシュールな発言くらいしか目立ってなかったさまぁ~ずも、三村マサカズの「~かよ!」というつっこみが関東一(@笑わず嫌い王)と認識されてブレイクしたし、海砂利水魚時代には有田のピン芸に頼っていたくりぃむしちゅーも、上田のうんちく芸でつっこみをブラッシュアップしたのがブレイクのきっかけといえる。ここ数年では、山根のシュールなボケに熱くつっこむ田中の構図が受けたアンガールズや、「欧米か」のマシンガンつっこみでブレイクしたタカアンドトシ(これはパオロさんも取り上げているけど)がさらにそのつっこみを進化させているとおり、お笑いを制するのはつっこみにかかっているといっても過言ではない(←本当か?)。

というような完成度の高いつっこみの威力については俺も全面的に賛同するけど、そのつっこみははじめからできたんじゃなくてつっこみ担当の地道な努力が必要なわけで、誰もがそれを身につけることができるわけじゃない。ツッコミリョクに活路を見いだそうとするパオロさんの気持ちもわからないではないが、やっぱりそこには相当な努力が要求されるわけで、そんな努力をするぐらいならきちんと正しく理解した方が生産的ではないかと思われます。しかも、そうやって相当な努力を積んでツッコミリョクを磨いたところでそのつっこむ言論の真偽によってつっこみも共倒れになってしまうわけで、そんなリスキーなスキルを身につけることもないだろう。共倒れになったつっこみこそつっこまれる、というよりつっこまれなければならないわけで、実はこの本の真骨頂はその実演かもしれない。パオロさんがそこまで計算しているなら太田光的なしたたかさをもっているとでも評価できるかもしれないけど、単純に自分こそがつっこみだとか思っているなら北野武的な一面性の制約は否定できないし、その可能性が高いですな。

パオロさんの進む方向には何もないってことになりそうだなあ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
田中裕二#田中 裕二(たなか ゆうじ、1957年5月29日-) は音楽家|ミュージシャン。ロック (音楽)|ロックバンド (音楽)|バンド「安全地帯」のドラマー。#田中 裕二(たなか ゆうじ、1965年(昭和40年)1月10日 - )は東京都杉並区生まれの漫才師、お笑いタレ
2007/05/23(水) 09:51:10 | さくらの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。