--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年03月28日 (月) | Edit |
「ロクでもないやつが多すぎる! 公僕とか言いながらプライドばっかり高くて、人のためになることじゃなく自分の利益になることしかしないじゃないか! 前例主義で事なかれ主義で自己保身しか考えないような役人どもは即刻全員やめさせろ!」

・・・と週刊東洋経済4月2日号を読んで思っている方々へ。それは確かに、決して低くない割合の公務員に当てはまります。ただし、現役公務員である俺からすれば、よくご覧になっているものだと身が引き締まる一方、組織の外部にいる限りにおいてご覧いただく範囲も限られるのだなと感じるっていうのが正直な感想。

特に地方公務員の仕事ってのは、もちろん法の執行という行政の本来的な役割からすると法学的な思考は要求されるけど、法執行の現場では時間的・場所的な制約のため理論よりも勘に頼らざるをえず、論理的な正しさより職人芸的な落としどころを探る業務が多くなります。

身も蓋もなくいってしまえば、ある程度はじめから結果ありきの仕事をせざるを得ないってこと。そのことによって、公務員組織の中に結果のみを重視してそこに至る過程を軽視する風潮が生まれてしまい、体裁を取り繕うことに長けた公務員ばかりが増えてしまうということはあります。

さてここでいわゆる民間企業と比べた場合、このような落としどころを探るような仕事の仕方って公務員特有なんだろうか?実は俺はかなり疑問を感じている。だって考えてもみてもらいたい。公務員ってそんなに特殊な人種なの?少なくとも俺は、ふつうの家庭に育ってふつうに学校行ってふつうに試験受けて公務員になったけど、生まれながらの公務員じゃなかったはず。というか、そんなヤツいたら怖い。

つまり、さっき書いたような落としどころを探る仕事の仕方って、ふつうのヤツが集まってる組織にはある程度共通してみられる現象だろうということ。いわゆる官僚制(英語で言えばBureaucracyのこと。役所のことじゃないので注意)がもっとも効率のよい組織形態だということは学術的には異論がないことになっている。ってことは、逆に、典型的な官僚制組織である役所はたいそう効率のよい仕事ぶりだろう・・・と思う人がいてもいいんじゃない?

冒頭でご覧いただく範囲が限られると書いたのも、効率のよい仕事ぶりに対してどのような評価をされているのかがよくわからないからというのがその理由。うまくいってるときは意識されないかもしれないが、公務員の仕事って結構うまく回っていることもある。というより、うまく回らないと仕事できないだろう、ふつう。

なのに、こうやって世間様から公務員が叩かれるということは、公務員の世界は民間に比べてロクな仕事をしないヤツの割合が高いということなんだろう。決して統計的にも感覚的にも納得はできないけど、だからといって公務員が特別すばらしいというつもりも毛頭ない。でも、決して勘違いしないでいただきたいのは、公務員の大多数は、俺を含め、民間企業に勤めるふつうの方と同じように育ち、生活し、痛みを感じているふつうの人間だということ。そういう人間を淘汰していったら日本の行政はどうなる?飲まず食わず眠らずで仕事できる聖人君子ばかりじゃないんだから、あまり叩かないでいただけると大変ありがたいです。

「なにぃ?給料が高い上に税金からいろんな手当もらってるじゃないか! 」
ああ、そのことなら・・・っと明日の準備があるのでまた明日。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。