2007年01月27日 (土) | Edit |
前回のエントリをろくに推敲もしないでアップしてしまったためもあって、だいぶ筆が滑ってますな。念のため書いておくと、みのもんたって「おもいっきり生電話」とか「珍プレー好プレー」みたいな与太話しているときにはおもしろいおっさんだなと思っていたのに、ことが政治とか行政の話になってくるとそこで許容されていたような無責任さが仇になっているように見受けられるわけで、思ったことを「ズバッ」というなんてのは若いもんなら許されるとしても、いい歳こいたオッサンのすることじゃないはず。有り体にいえば「時と場合がある」なんてことは中学生くらいになると周りの大人にたたき込まれることで、思ったことをベラベラしゃべるのは、特に政治とか人の命がかかっている問題を語るときにとるべき態度ではありません。そういう憤りを言葉にしようとしたのが前回のエントリで、まあその感情を抑えきれずに筆を滑らせた俺がいたわけです。

で、いろいろとブログ検索なるもので皆さんがあの番組をどう見ていたのかっていうのを眺めてみたんですが、そういうみのもんたの大人げない態度が普通に受け入れられているのでちょっと悲しくなってしまいました。地方自治体という身近な役所の問題を自分で考えるってことは確かに大事だけど、その考えが関係する人々のどこかに負担を押しつけてないかとか、社会全体で見たときに望ましい状態が実現されないんじゃないかということを考えることはそんなに簡単ではないし、それを確認する作業というのはとても労力を要するものです。誰かが困っているのを見て心を動かされることは当然のこととしても、そこから行動を起こすために慎重な判断が必要とされる場合も往々にしてあるものです。

こういう状況で思うのは、権丈善一さんがおっしゃる(注:pdfファイルです)ように、政策について考えることは大変な労力がいるためすべての国民がそれを考えるわけにはいかないのに、いざそのことが自分の生活に降りかかってくる(きそうになる)と一気に不安や不満が噴出してしまうことがよくあります。そうなると、普段は自分の生活を考えて生活していたのに突如として政策を考える必要が生じますが、その政策に関する情報の入手やそれを分析・解釈するコストと自分の普段の生活を比較すると、マスコミ報道などをソースに考えるというのが最も多いパターンでしょう。しかし、このブログで何度も指摘しているとおり、マスコミの報道は往々にして制度や理論、データを無視した感情論を流しますし、一部の利益となる(ならない)ことをそれをは示さずに報道する(しない)ことすらあります。そのような言説にとらわれずに制度などに基づいて政策を考えることで、日常生活を普通に送る人の労力を肩代わりするのが政治家や役人の重要な役割の一つなわけす。

別にハーベイロードの前提なんてこというまでもなく、そういう分業ってのは資本主義社会では通常行われることで、そうすることによって比較優位を持つ主体がそれぞれの得意な生産物を交換する(これを行う場が市場です)ことが可能になり、自分の生産できないものを手に入れることによって社会全体の厚生が向上することになります。この比較優位という考え方の説明としては、リカードゥのイギリスとポルトガル間のワインと毛織物の貿易が古典ですが、ものすごく説明をはしょれば、同じものを作るために諦めなきゃならないもののコスト(機会費用)が低い方が市場では交換をもちかけやすい、というになるということでしょうか。日本でいえば、漁師は魚を捕るのが得意(コストが低い)で農家は米を作るのが得意なら、それぞれ自分の得意な魚なり米を持ち寄って市場で交換することで、お互いに少ない労力で自分では捕れない(作れない)ものを食べることができて、みんなハッピーということです。

で、この夕張市問題について一番やっちゃいけないことは、国や北海道が夕張市に対して税金によって支援策を講じることなんですが、前回も指摘したとおり、総務省は金融支援する方向だし、北海道は支援策をとりまとめてしまいました。早期是正の意味の取り違えやモラルハザードについてはbewaadさんのところの議論でご確認いただければ追加することはないんですが、この支援策が実現すると国や都道府県の支援を頼って一気に財政破綻が吹き出す可能性があるということを、日本全体で認識する必要があります。たとえていうなら、マラソンでトップにものすごい差をつけられてリタイアした人が、どんなにトップとの差が開いて体力的にキツくても最後まで自分で走り抜く人よりも順位が上がるというようなことがあったら、最後まで走る人なんていなくなりますよね。つまり、(準用も含め)財政再建団体となった市町村に対する国や都道府県の支援によって、ギリギリ踏ん張っている市町村よりも行政水準が上がるようなことがあったら、ギリギリの市町村が踏ん張る理由がなくなってしまうわけで、逆にいうなら、夕張市は全国最低の行政水準を甘んじて受容しなければならないのです。

※もし支援策が実現するとしても、その支援策の財源はほかでもない我々国民の税金なのですから、テレビを見て「夕張市の住民がかわいそう」という方々は、その夕張市を支援するためにさらに課税されることを望むとでもおっしゃっていただけるのでしょうか。もし国民の皆さんがそういうお考えで増税に賛成してくれるなら、先日のみのもんたの番組によれば91%に上るという財政に苦しんでいる市町村が一斉に財政再建団体になることで、地方自治体の財政問題は一気に解決します。財政破綻したといってしまえば、国や都道府県が税金で財政支援してくれて、その上行政水準も上がるわけですから、これほどうまい話はありません(その代わり、行政の無駄が温存されたり大恐慌が発生してしまうかもしれませんけど)。

夕張市が全国最低水準の行政サービスに甘んじなければならないというと冷徹に感じられてしまうかもしれませんが、日本国憲法第25条で最低水準の生活は保障されています。これまでの行政サービスを基準にするならサービスの切り下げに違いありませんが、そもそもこの地方自治体の財政破綻問題は、国の責務であるナショナルミニマムに地方自治体が上乗せしてきた行政サービスの水準(シビルミニマム)が、地方自治体の財政難のために切り下げられるということであって、憲法違反の水準にまで行政サービスの水準を下げることを意味するものではないことをご確認ください。生活保護は国の事務ですし、介護保険だって市町村負担分は12.5%に過ぎず、それが不足した場合でも、国の事務である年金から天引きされる保険料の引き上げによって補うことが可能です。つまり、憲法で保障される生活水準なら現行の制度で確保されるのであり、前回のエントリで指摘したような、TBSの報道姿勢は「もう生活できない」というような危機感を煽るばかりで、結局は夕張市のイメージを必要以上に落として過疎を加速してしまう可能性すらあります。

行政水準じゃなくて雇用などの経済情勢についてなら別の話になりますが、ここがナショナルミニマムを考えるときに一番難しいのは事実です。所得水準までもナショナルミニマムだというのであれば、土建行政と呼ばれるような公共投資による雇用創出がもっとも効果的で手っ取り早いんですが、それをやると利権政治とか行政の無駄とかまた行政が叩かれてしまいます。ここで話を大きくしてしまって、経済政策は国の仕事だといってしまいたいのが地方自治体の立場なんですが、地元の方々にそんな話をしても納得はしてくれないわけで、といっても景気対策の効果を待つしかないんでしょうけど…難しいです。

あの番組で取り上げられていた病院が存続できないという問題にしても、「医療崩壊」の進行による僻地における医師不足の問題が根底にあります。自治体病院がなくなってもそこに需要があるなら民間病院が参入する機会が発生するはずですが、医師の側で僻地医療に携わりたくないと考えれば医療サービスは供給されなくなってしまうのです。年金だって、危機感を煽ったり社会保険庁を悪者にして増えてしまった未納が解決されればそれなりに機能するんだけど、そういう現政権の政策がうまくいくと都合の悪い民○党なんかがまた危機感を煽るんでしょうなあ。ちなみに医療も年金も地方自治体じゃなくて国の事務なので、それを事実上肩代わりしてきた地方自治体がもうできませんというなら、国が責任を持って面倒見るべきでしょう。

率直に申し上げて、こういう制度面での話や課税負担による厚生損失、将来世代への負担先送りの効果や問題に対する解決策というのは、よっぽど法学や行政学、経済学、さらには行政の実務などに通じた方でない限り「ちょっと考えてみた」程度では政策としての内実を持つものにはならないと思われます。政治家や役人の仕事というのは、こういったはじめは思いつきにすぎないアイディアであっても、それを政策として内実のあるものに形成していくことでもあります。これを機会に、住民として地方自治体の政策や国の政策が持つ効果や制度の仕組みをぜひご理解いただき、余力があればそのような制度を裏付ける理論やデータを調べて、問題のある政策を指摘し、さらに有用な政策を実行する原動力となっていただきたいと切に願います。

そういえば、納豆問題で「ウロボロスの蛇」なんてこといわなくても、「タコが自分の足を食う」という方がネガティブなイメージに限定できるようで、いいたかったことというのは、マスコミ全体で一部のマスコミのミスをあげつらっただけだと、「ミイラ取りがミイラになる」んじゃないの?ということでした。えぇと、結局ことわざを並べただけで何の論証にもなってませんね。まあいいや。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック