2013年07月23日 (火) | Edit |
ということで参議院選挙は与党が安定多数を確保して終了したところですが、少なくとも今後3年間は安定的な政治運営が期待できるものとして評価したいと思います。ただし、現在の自民党は一部に急進的な主張も有しているので、自民党の非主流派と野党には是々非々で対応していただきたいところではあります。

で、今回は「各党の党是に合わない候補」とか「デマッターを駆使した候補」が当選したとかで一部盛り上がっているようなのですが、まあ日本の政党政治、というか選挙というのは古今東西そういうものだったんじゃないかという気もします。極端なところではオストラシズムの例もありますが、これまでに全ての有権者の投票行動が合理的な知性に基づいて行われた選挙はなかったのだろうと思いますし、これからもないものと思われます。

ただし、ときには流血の事態を乗り越えながら各国が積み重ねてきた選挙制度によって、その合理的な知性に基づいて行われる投票行動の割合を向上させようとしてきた歴史があります。もちろん、選挙される数百人のうち数%はその積み重ねた選挙制度の中からモレこぼれてしまうこともありえます。しかし、制度というのはその程度の精度(ダジャレではありません)です。さらにいえば、ときの立法府の「精度」によっては、積み重ねてきた制度の精度を下げてしまうような制度改正を行うこともありえるでしょう。そもそも、政党政治の限界として「契約の束」の中に相矛盾する政策が盛り込まれ、合理的な知性に基づいた投票行動の趣旨とは違う候補が政党の候補として当選することもありえます。

日本には、そのその曲がりなりにも積み重ねられてきた歴史の総体としての選挙制度があり、その制度上で定められた手続によって選ばれた選良の方々が立法府の意思決定を担うというのが立憲政治である以上、今回の選挙結果を所与のものとして今後の政治が進められることを受け入れなければならないのだろうと思います。ただし、今回は二院制の参議院選挙であって、より合理的な投票行動が求められるはずの選挙で、ブラック企業の経営者とかデマッターと呼ばれる方々が当選したことは憂慮すべきことだろうとも思います。

しかし、選挙が終わった今となっては、その程度の精度の選挙制度を前提とした立法府の在り方をこそ、現実の制度設計のために考えなければならない段階にあるのでしょう。そこあるのは、利害調整と妥協によって少しずつ制度を設定し、少しずつ国民の行動を変え、少しずつ国家として国民を保護する体制を整備していく作業の場にほかなりません。

選挙の結果に一喜一憂するのではなく、その程度の精度によって選ばれた選良の行動を監視し、ヘタな行動をすれば次の選挙では落選するという脅威を与え続けることが有権者の使命なのだろうと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック