2013年06月15日 (土) | Edit |
hahnela03さんも取り上げられていましたので、匿名ブログを書いている者としてもメモしておきます。

復興庁:幹部ツイッター暴言 「左翼クソ」「懸案曖昧に」
毎日新聞 2013年06月13日 07時00分(最終更新 06月13日 12時17分)

 復興庁で福島県の被災者支援を担当する幹部職員が個人のツイッター上で「国家公務員」を名乗り、課題の先送りにより「懸案が一つ解決」と言ったり、職務上関係する国会議員や市民団体を中傷したりするツイートを繰り返していたことが分かった。政府の復興への取り組み姿勢を疑われかねないとして、同庁はこの職員から事情を聴いており、近く処分する方針。

 この職員は総務省キャリアの水野靖久・復興庁参事官(45)。千葉県船橋市の副市長を経て昨年8月同庁に出向し、東京電力福島第1原発事故で約15万人が避難する福島県の支援を担当。超党派の議員立法で昨年6月に成立した「子ども・被災者生活支援法」に基づき、具体的な支援策を定める基本方針のとりまとめに当たっている。

 水野氏は今年3月7日、衆院議員会館で市民団体が開いた集会で、同庁側の責任者としてとりまとめ状況を説明。同日「左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席」とツイートした。翌8日には「今日は懸案が一つ解決。正確に言うと、白黒つけずに曖昧なままにしておくことに関係者が同意」と、課題の先送りを歓迎するかのような内容をツイートしていた。

 ツイートは水野氏が現職に就いて以降、分かっただけで計約600回に上る。以前は本名でツイートしていたが、昨年10月からは匿名に切り替えた。

 実際に同法を巡っては、支援の対象とする地域の放射線量の基準が決まらないことから、成立からほぼ1年がたっても基本方針がまとまっていない。根本匠復興相は3月15日、基本方針と別に同法の趣旨を踏まえた支援策「被災者支援施策パッケージ」を発表したが、成立に関わった国会議員や期待していた市民団体は、内容が当初の想定から後退しているとして「骨抜きだ」と批判していた。

 水野氏はこれらの国会議員や閣僚に対しても文脈から相手がほぼ特定できる形で「ドラえもん似」「虚言癖」などと中傷していた。

 水野氏はツイートの真意をただした毎日新聞の取材に「個人でやっている」「記憶にない」とだけ繰り返し、コメントを拒否。その直後、ツイッターのアカウントを削除した。復興庁は重大な事案だとして事実を確認中で、「結果などを踏まえて適切に対処したい」としている。【日野行介、袴田貴行】

最後に記者の署名がありますが、この方についてはジャーナリストの石井孝明氏の記事が参考になります。

推定だが、この時間を見れば、毎日新聞記者とアワプラが、おそらく示し合わせて記事を出したのだろう。この市民メディアは上記の法をめぐる国・復興庁の対応を批判していたので、ここからのタレコミの可能性がある。毎日新聞記事の執筆者である日野行介記者は、放射能の危険を強調する偏向した記事をいくつか書き、私の記憶に残っていた。(福島在住の方のブログ「福島 信夫山ネコの憂うつ」「ついに福島県立医大が毎日新聞(日野行介記者)に抗議!」など)

日野記者は、続報で報道日の13日中に「左翼」批判をされた集会を主宰したFOEジャパンという団体や、この法案にかかわる川田龍平参議院議員のコメントを取り記事化している。(「復興相が謝罪 国の姿勢疑う声も」)また同日に国会議員が根本復興相に質問している。一連の動きはとても手回しがよく、日野記者は各政治団体と「つるんでいる」としか思えない。FOEジャパンという団体は、福島で危険を強調して、大変評判の悪い外国団体だ。(私の記事「オペレーションコドモタチを脅迫被害者が刑事告発へ」)

復興庁幹部暴言騒動・役人「叩き」ではなく仕事を「減らす」で福島を救え(2013年06月14日06:30)」(アゴラ

こちらの記述はあくまで推測とのことなのですが、これが本当であればなかなかに周到な報道だったようです。この一連の流れでは新聞社と特定の分野で活動する団体が登場していますが、その報道により官僚個人を特定して更迭させ、場合によっては何らかの処分を行わせようしたのであれば、概ね目的は達成されたのでしょう。しかし、報道によって仕事が奪われたりするなら、それは由々しき事態ではないかと思います。

こんな時にこそ労働者の味方がサポートしなければ!ということで、左翼な方々がいらっしゃるとおぼしきレーバーネットを拝見すると、
水野靖久・復興庁参事官の『懲戒免職処分』を!!
だそうで…orz まあ、左側のフレームの「■福島原発事故関連サイト」にアワプラとかFoEという団体名が見えてますから、左翼な方々にとっては、官僚なんか労働者じゃないのでしょう。総務省(というか内務省の流れを汲む旧自治省)が戦後一貫して、公務員は契約ではなく任用という行政処分で働いていると論陣を張ってきた成果がここで現れていますね! まあ、「表現の自由」とか「信条の自由」とかででたいそう盛り上がっているらしい児ポ法周辺を拝見しても、この件についての言及はあまりありませんでしたし、官僚とか公務員には人権など認められていないのでしょう。

それにしても、この新聞記事で取り上げられている「暴言」って、最近見る機会が増えているついった方面では普通に出てくる言葉のように思うところですし、私も一部のリフレ派と呼ばれる先生からこの種の「暴言」をtweetされたことがありまして、世の中には「暴言」というのにもいろいろと基準があるようです。人権など認められていない公務員に対しては、「暴言」があれば徹底的に追求して辞めさせて、それ以外の職業については多少の「暴言」は「芸」認定して尊重しましょうというのがネットのスタンダードであれば、このブログも安泰ではないのかもしれません。

まあ、上記の石井氏がほかの記事で指摘されいてることで、記事全体では疑問がないわけではありませんが、この部分は私も仕事で左翼な方々と接するときによく感じることです。

私の偏見が混じっているかもしれないことは読者の方にお断りするが、異様な雰囲気だった。世間一般の感覚からずれているのだ。10年ほど前から反原発の集会、勉強会を見ているが、この雰囲気はいつも体験する。「思い込みの激しさ」「攻撃性」「礼節のなさ」「稚拙さ」を、出席者から感じるのだ。

そこには対話はなかった。目立ったのは「ヤジ」だ。

「お前は原発をやって恥ずかしくないのか」
「安全というなら福島に住んでみろ」

「福島に住んでみろ」という罵声は、左派勢力の人から頻繁に出るが、ここでも登場した。福島に住んでも、何の健康上の問題はない。この罵声は福島に住む同胞に対する侮辱であり、日本人としても、人間としても「おぞましい」発言だ。私は腹が立った。血の気が多いので、「アウェー」の場でなかったら、発言者をその場で探し出して怒鳴りつけていたかもしれない。しかも客として招いた人に、こうした言葉を投げつける。あきれた。

「マッカーサーの子供たち」が動かす日本の行く末=自由と権利「だけ」を教え込まれると…(2012年09月28日10:21)」(アゴラ

日本共産党とか社民党とか、最近では維新とかみんなとかの街頭演説を聞いた方は多いと思いますが、国会とか議会になると、議員としての活動実績を残さなければならないので、より言葉遣いも過激になります。議員の方々は地方に行くほど過激になるので、地方議会では子どもが聞いていたら「ああいう言葉遣いをしちゃダメだよ」と言いたくなるくらいの罵詈雑言が飛び交うことも珍しくないのですが、それを公務員に浴びせかけるのが彼らにとってはある意味で勲章なのでしょう。それが年代的なものだったり、戦後教育によるものだったりするのであれば、そのような言葉遣いが左右関係なく広まっているのも納得できます。って、いや納得はしてませんが、復興がなかなか進まない原因の一部には貢献しているであろうこれらの方々が、この先も公務員の仕事をより難しくしていくのだろうと諦めるしかないですね。

(追記)
個人的なメモでしたので、特に本文中に明記しておりませんでしたが、念のため今回のtweetの発言主を擁護する意図はありません。発言内容の是非はともかく、こうなることが想定される中での発言は不用意なものだったと思いますし、実際に各方面に与えた影響が無視できない状況となっている以上は、責められてしかるべきものとは思います。ただ、そのことと仕事上の不利益処分を行いうることの権衡は慎重に判断されなければならないと思いますので、本文で引用したレーバーネットのような姿勢は、特に労働者の立場に立つ団体としては軽率だろうと思います。

なお、私が旧自治省官僚を擁護するつもりがないことは、本文で「公務員は契約ではなく任用という行政処分で働いていると論陣を張ってきた成果がここで現れていますね!」と述べている点にその思いを込めたつもりですが、わかりにくいですね。少なくとも法律上は合意による契約で労務提供しているわけではない公務員については、使用者である行政庁の処分を一方的に下すことができますので、時の政府はかなりの裁量で公務員の処分を行いうることになっています。今回のtweetの発言主に対しても世論に押された政府が重い処分をする可能性があり、それが先例となれば公務員業界的にはかなりのダメージがあるわけで、エライことしてくれやがってというところです。こちらで藤代氏が指摘されているようなことがこれから現実化するかもしれません。

ソーシャルメディアにはログが残って行く。気に入らない公務員がいたら、ツイッターのログをとり、ある時点で情報公開請求して報道すればいいということになる。これでは恐ろしくて公務員をはじめ、議員や教員など突っ込みを受けやすい職業につく人はソーシャルメディアを利用する事は出来ないだろう。

復興庁職員のTwitter暴言騒動、報道に問題はなかったか(2013年6月16日 20時16分)」(藤代 裕之



ついでに、
というtweetもいただいておりまして、(「官僚に対する暴言がダメ」というありがたいルールがあるとは到底思えないのですが)それを理由として「官僚も暴言言っちゃダメ」ということではなく、不特定多数に対して言葉を伝える(結果として伝わることが想定される場合を含む)際には、(それがユーモアとして通用する場面であっても極力)最低限の品格を保ちながら言葉を使うべきという通常のマナーが必要なのではないかと思うところです(カッコ内は公務員向けのオプションともいえますが)。

(再追記)
追記でも書きましたが、今回問題となったtweetの発言主については、不適切な言葉を不特定多数が閲覧できる状態にしていた点で責められるべきものと考えており、私は擁護するつもりはありません。ただし、それに対する処分がどの程度であるべきかについては、様々な面から慎重な検討が必要と考えております。

追記に書いたことの補足ですが、労基法が適用される労働者に比べると、公務員に対する処分は、国家公務員法などの特別法に基づく行政庁の処分であるため、その処分は違法であっても公定力を有し、取消訴訟の排除的管轄が適用されます(または行政庁が行う裁量処分について、裁判所によるいわゆる実体的判断代置方式は許されないとするリーディングケースとして最判昭和52年12月20日判決(神戸税関事件)があります)。しかし、特に地方公務員には、労使対等の原則に関係する部分以外は原則として全面適用されます。要すれば、公務員に対して使用者の立場にある行政庁が行う処分は、行政処分として強力な効果を持ちますが、だからといって、労契法第16条のいわゆる解雇権濫用法理(解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする)に該当するような免職まで行いうるわけではありません。

この関係について、「中道の労組幹部」さんからタバコについてのコメントをいただいておりましたので、これを例にして考えてみます。中道の労組幹部さんが指摘されるような「タバコ一本の火災報知器作動→電車一本遅れる→経済活動に多大な負の影響を与える」という事件が発生し、それにより会社が具体的な損害を受けたのであれば、その損害や社会的信用の失墜の原因となった行為を行った労働者に対して、相応の処分(懲戒となるか損害賠償請求となるかは就業規則等の規定によりますが)を行うことは当然あり得ることです。それは、タバコを吸うことの是非はともかく、たとえば火災報知器が作動する恐れのある場所で会社が喫煙を禁止していた(あるいは火災報知器が作動することが予見可能であった)にもかかわらず、その場所で喫煙した労働者の過失とそれによって生じた損害の程度に応じた処分である限りにおいて有効でしょう。しかし、だからといって「勤務時間中はいかなる場所でも喫煙してはいけない」と規定し、違反したらすべて停職等の処分を行うとすることが、客観的に合理的で社会通念上相当なものかは一概に言えません。

これと同様に、「暴言」を不特定多数に向かって投げかけたり、面と向かった相手に「暴言」を行って、それを理由としてトラブルが生じて具体的な損害が発生すれば、その過失と損害の程度に応じて処分を行うことはあり得ることです。しかし、だからといって、周囲に聞こえないような個室の飲み屋で仲間内で愚痴を言い合う中で過激な「暴言」を使ってしまったり、面と向かっている相手に対して表に出さずに内心で思い浮かべた「暴言」をすべて禁止することは、客観的に合理的で社会通念上相当なものとはいえないだろうと考えます。特に後者の「内心の自由」は憲法19条、20条、23条で規定された自由権(基本的人権)の一つであって、まさに国家権力である行政庁が一方的に公務員の「内心の自由」を制限しうるということにはならないでしょう。

本エントリで問題だと考えているのは、「暴言」についての記事を掲載した新聞社の記者とその「暴言」を吐かれたという団体が、その政治的な活動で密接につながっている可能性があり、その「暴言」による具体的な損害が不明確なまま行政庁の裁量により処分が行われた場合、その影響は「内心の自由」の観点から甚大なものとなるおそれがある点です。そうならないためには、Dr.Pooh (@DrPooh08)さんが指摘されるような視点を意識しなければならないと思います。


結局、公務員であるか否かにかかわらず、「内心の自由」をはじめとした基本的人権は尊重されるべきものであって、どちらか一方が相手の発言を「暴言」といったからといって、具体的な損害やその発言との関連性、発言そのものの妥当性などを吟味しないまま、即座にその「暴言」を処罰できるということではないはずです。もしそれを本気で主張するのであれば、その方は、不特定多数に向けて行われた公務員についての「暴言」を公務員が「暴言」だといいさえすれば、それを即座に処罰することに賛同しなければならなくなります。憲法では当然そんなことは許されていませんし、私自身も許すべきではないと考えております。私が本エントリで「発言の内容の是非はともかく」としてその内容に言及していないのは、こうした水掛け論を避けるためです。

これも追記に書いたことの繰り返しですが、くろ (@kuroseventeen)さんがおっしゃるような「官僚に対する暴言がダメなのと同じように官僚も暴言言っちゃダメ」という理屈では、お互いが攻撃し合うだけになってしまうおそれがあります。結局は、いくらネット上であっても、最低限の品格を保ちながら言葉を使うべきという通常のマナーが必要ということに尽きるのではないでしょうか。「民間だったら公務員に何を言っても許される」という一方で「公務員がこんなこと言ったら処罰しろ」というダブルスタンダードな理屈は、回り回ってお互いの首を絞めるだけになるのではないかと考える次第です。

(再々追記)
処分が行われたそうですので、記事貼っておきますね。

中傷ツイートの参事官停職30日 復興相は報酬自主返納(朝日新聞デジタル 2013年6月21日22時7分)

 根本匠復興相は21日の記者会見で、復興庁の水野靖久参事官が自らのツイッターで、職務に関係する市民団体や国会議員を中傷するツイートを繰り返した問題について、水野氏を同日付で停職30日とする懲戒処分を発表した。根本氏は1カ月分の大臣給与の自主返納を表明し、会見で謝罪した。

 復興庁によると、水野氏は同日付で出向元の総務省大臣官房付に異動する。復興庁の中島正弘事務次官と岡本全勝統括官は戒告処分とする。浜田昌良副大臣は同日午後、福島県川俣町議会を訪れ、水野氏が「田舎の町議会」などとやゆした町議会に処分内容を報告した。

 復興庁は水野氏のツイート約600件のうち、29件が国家公務員法違反にあたると判断。このうち6件の内容が信用失墜行為にあたり、23件は勤務時間中にツイートしたことが職務専念義務違反と認定した。

 水野氏は復興庁の聴取に対して「(ツイートは)仕事を終えて、そのときの思いをぶつけた。相手が分からないように書いた。軽率だった」と話しているという。

 また復興庁は同日、ツイッターなどの情報発信に関するガイドラインを設けた。個人や団体を中傷する発信や、勤務時間中に公務と無関係な発信をすることを禁じる内容だ。

 根本氏は会見で「復興に対する政府の姿勢を疑われる事態を招いたことは遺憾。関係者に改めて深くおわび申し上げる」と語った。その後、職員への訓示で「他人事だと思わず、いま一度襟を正して取り組んでもらいたい」と訴えた。

 水野氏は福島県の被災者支援の法制度「原発事故子ども・被災者支援法」を担当していた。復興庁は問題が発覚した13日付で水野氏を担当から外している。

本エントリで危惧したとおり、具体的な損害とかその発言が行われた状況の背景まで考慮された形跡はなさそうです。なお、復興庁のガイドラインでは、「個人や団体を中傷する発信や、勤務時間中に公務と無関係な発信をすることを禁じる」んだそうですが、「個人や団体を中傷する発信」って公務員かどうかに関係なく許されないだろうと思うものの、どうも一部のマスコミとかネット界隈での特に公務員に対する言説はそうでもないようですので、その流れに惑わされてしまわないよう気をつけたいと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
暴言を吐く「権利」ですか…
暴言を吐きながら労働者の権利を要求する公務員。これも古き悪しき「権利の過剰な」戦後教育の成果でしょうか。

権利は全て内在的制約を受けるものです。生存権すら絶対ではありません(意図的に勤労しない者の排除、死刑など)。
2013/06/19(水) 16:26:55 | URL | 中道の労組役員 #-[ 編集]
追記
筆者は「アンチ左翼」と見受けますが
「労働者だから守られるべき」という考えこそ、権利の乱用や義務の放棄を指摘されてきた「古き悪しき左翼」ではないですか。(まあ私は結果平等(再分配)主義=左翼だと思いますけど。格差反対を主張しながら左翼を叩くというのもちょっと分からないです)

不当な解雇や過労からは守られるべきですが、「暴言を吐いた労働者を擁護しろ、労働者の権利だ」というのは理解できないし、労働運動に微力ながら携わってきたものといて嫌悪感を覚える。

労働者の権利は水戸黄門の印籠ではない。潰れて公金投入され、年金やボーナスを減らすなという下らない話に流用してほしくないし、まして飲酒運転だのチカンだの卑劣な行為のあとの懲戒を「重すぎる」と言って訴える…論外です。

なぜ、まっとうに労働して実直に暮らせないのか。実名で中傷をするような輩は、考えるだけでも不快だが、それを労働者だの雇用だの真剣な話題を利用しておちょくるというのは、筆者が雇用について真面目に考えてないからでは? 正しい人の権利を守ってくださいね。権利を悪党の拠り所にするなら、権利ごと砲撃され、善人の権利をも失うことになります。
2013/06/19(水) 16:40:00 | URL | 中道の労組役員 #-[ 編集]
追記2
橋下維新の会関連で「タバコ一本吸ったくらいで停職は重いですよね」と聴かれたことがありますが、タバコ一本の火災報知器作動→電車一本遅れる→経済活動に多大な負の影響を与える と考えると、停職は当然です。

どうも「反改革派」の方は自分の利益に敏感で他人の不利益に鈍感すぎるのではないでしょうか(人間も動物だから「ある程度は」しょうがないのだけど)。

再分配の負担の話になってもフラットにできるだけ全員で負担するという話にならずひたすら富裕(に見える)層を叩くことでその特定の階層から重税を搾り取ろうとするので話が続きません。

他人の負担(不利益)に鈍感が人が集団的労使関係に入っていっても自利を喚き散らすだけで却って対立を解決不能なまでに拡大していくだけです。
2013/06/19(水) 20:52:52 | URL | 中道の労組役員 #-[ 編集]
> 中道の労組役員さん

いただいたコメントのうち、タバコの例は賛同する部分がありましたので、本エントリに再追記させていただきました。ご笑覧いただけると幸いです。

なお、その他のコメントについては、拙ブログでは書いていないことですので、私からのコメントは控えます。
2013/06/20(木) 01:52:42 | URL | マシナリ #-[ 編集]
再追記ありがとうございます。
ちょっと興奮しすぎて失礼なコメントでした。すみません。

労働問題・労働運動が矛盾に直面しており、社会党解党後(前から?)方向性を見いだせなくなっていることに危惧しています。貴ブログの再分配論、同意するものもしないものもありますが、考えるうえでの補助線として非常にありがたく使わせて貰っています。

>レイバーネットの件
皮肉で言われていると思いますが、レイバーネットのような尖った方々は別として、労組なんか特別な人間の集まりではなく市井のサラリーパーソンの団体でしかありません。様々な問題にたいして、意見を「2分」するようなことでは労働者側に立つべきなんだろうと思いますが、そうでない問題にたいして世間の常識以上の出力は要求されるべきではないと考えます。

私自身も、「労働組合としてどう思うのか??」とよく問われますが、労働組合に特殊な見解を期待するほうが間違っていると思います。日本で組合が減ったからでしょうねこれは。
「労働組合だからこう思うべきではないか」とも時々いわれるのですが、労働者も職場も収入も負担も多様化したなかで一概に言えることではなく、「労働者だから○○」という一元論は厳に戒めなければ。

私の周りでは「JAL問題がああなったのはしょうがないよね」という方が多いのですが、レイバーネットは年金や賃下げなどの一切の譲歩を否定して闘っていた団体です。云わば「急進派」なんですね

皮肉になってしまいますが、東電や高級官僚の「労働者の権利を死守せよ」というのもまた「労働者の権利急進派」なのだと思います。組合否定の石井さんも、活動されてみてはどうか。
2013/06/20(木) 19:48:13 | URL | 中道の労組役員 #-[ 編集]
> 中道の労組役員さん

こちらこそわかりにくい皮肉で混乱させてしまったようで申し訳ございません。本文で

> こんな時にこそ労働者の味方がサポートしなければ!ということで、左翼な方々がいらっしゃるとおぼしきレーバーネット

と書いたのは、労働者の権利として「暴言」することを擁護すべきということではもちろんなくて、少なくとも仕事上の処分の相当性・客観性について慎重であるべき労働団体が、思想的に「急進派」であるために、脊髄反射的に「懲戒免職処分を!」と口走ってしまうという事態を憂慮する趣旨でした。その意味では、中道の労組役員さんが、

> 「労働組合だからこう思うべきではないか」とも時々いわれるのですが、労働者も職場も収入も負担も多様化したなかで一概に言えることではなく、「労働者だから○○」という一元論は厳に戒めなければ。
>
> 皮肉になってしまいますが、東電や高級官僚の「労働者の権利を死守せよ」というのもまた「労働者の権利急進派」なのだと思います。

とおっしゃる点には概ね同意いたします(東電はよくわかりませんが)。本エントリでは「労働者だから○○」と言いがちな急進派が、こと公務員の問題になると真逆のことを言っていることを皮肉るつもりでして、私もごく普通の労働組合ならそんな短絡的な反応はしないだろうと認識しております。誤解を招いてしまったことをお詫び申し上げます。

その上で、「労働者の権利を死守」しないからこそ、仕事上の処分については、諸々の観点から慎重な判断がなされなければならないというのが、本エントリの趣旨となります。
2013/06/21(金) 01:12:01 | URL | マシナリ #-[ 編集]
お前らきもちわる
2013/08/10(土) 22:15:53 | URL | げ #-[ 編集]
後藤さん
後藤久典さんの暴言は如何ですか?
2013/10/05(土) 17:07:04 | URL | kiwi #-[ 編集]
> kiwiさん

ご質問の趣旨がよく理解できておりませんが、再々追記で引用した新聞記事にある通り「復興庁は同日、ツイッターなどの情報発信に関するガイドラインを設けた。個人や団体を中傷する発信や、勤務時間中に公務と無関係な発信をすることを禁じる内容だ。」となっており、これに従って粛々と処分が行われたものと思いますので、特にコメントすることはありません。

また、処分に至った経緯や処分されたキャリアの書いた内容について個人的に思うところはありますが、それは本エントリに書いた以上のことはありません。
2013/10/05(土) 17:17:56 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
106SH落として液晶のガラスが割れた というか10年選手のストラップが切れたわけだが あのストラップホールに通す糸が一番弱かっただな ワイブル分布みたいな話だよなあw タッチパネ...
2013/06/17(月) 18:32:58 | 障害報告@webry