2012年08月06日 (月) | Edit |
なんとなく私のHNが書かれていたので読んでみたのですが、始まりの部分で

『りふれは』として出してくる人がすごく限定的。『不当表示~』の方に到っては実質的に片手の指で足りる程しかいない。だったら「○○派」とか言わずに、その個人に対して批判をすれば事足りるはずなのに、そうはしない。

つまりは学問としてのリフレは支持してますよ、とかの物言いは単なる建前で、実際にはそれを含めたリフレ(おそらく実際はそちらこそを)貶めたいというのが本心であろう。

姑息な建前を語る彼らに、まともな議論をするのに必要な誠実さは期待できない。

■『りふれは』とか『扇動のための不当表示としての「リフレ派」 』とか言う人って(2012-07-16)」(はてな匿名ダイアリー

ときて、hamachan先生の「マシナリさんのぼやき続編」と「人にとんちんかんで筋違いなレッテルを貼って批判したつもりになっていると・・・」というエントリにリンクして、

もう完全に確信犯なんだな。どうしようもない、こういう芸風なのだろう。こんな人にシンパ持たれているマシナリさんなどが可哀想だ。

とご同情いただいたようです。

リフレーション政策を支持する方々は、リフレーション政策そのものに対する批判に真摯に応えることも必要ですが、リフレーション政策によってもたらされた流動性をリフレーション政策以外の政策よって適切に再分配しないような主張へも批判しなければならないと個人的には考えます。という私自身、リフレーション政策を緩やかに支持する者として、hamachan先生はリフレーション政策そのものは批判していないと考えていますし、リフレーション政策以外で適切でない再分配政策を主張しているのでもないと考えていますので、私自身はhamachan先生にシンパを持っていただいていることに何の違和感も感じないんですけど何か?

むしろ、リフレーション政策を緩やかに支持する立場の私から見て、リフレーション政策以外の政策で適切ではない政策を主張していると見受けられる方はたくさんいますので、そのような主張をする方については、リフレ派であろうと何だろうと批判しなければならないと考えております。ところが、リフレーション政策を緩やかに支持していると明言しているにもかかわらず、一部のリフレ派と呼ばれる方を批判したことをもって、やれ「反リフレ派」だとか「デフレ派」と口を極めて罵られるのが現状ですね。

でまあ、飯田先生曰く「世にリフレ派と呼ばれる人の共通点は「安定的なインフレによる景況の維持が必要だ」のみで,ミクロ的な経済政策については人それぞれ」(リンク先のコメント欄参照)であるからこそ、その「人それぞれ」のミクロ的な経済政策について批判しているつもりなのですが、なにやらミクロ的な経済政策についても「リフレ派」にはコンセンサスがあるようでして、「現物給付よりも現金給付の方が効率的」、「デフレ下で増税なんてけしからん! まずは減税すべき」、「小さな政府とか大きな政府なんて議論は意味がない。政府の活動を極力縮小して、再分配した個人の所得の範囲内で市場原理を働かせて効率化を進めればよい」という辺りがリフレーション政策とセットとして主張されることが多いと感じています。

リフレーション政策を緩やかに支持する者とすれば、上記のとおり、たとえば政府支出を通じた社会保障の現物給付の不要論やそれを供給する人員の削減、公務員人件費の削減、職業訓練などの積極的労働市場政策の不要論といった「ミクロの経済政策」については、流動性の供給を通じた適切な再分配を阻害する政策として個別に批判できると考えています。ところが、「リフレ派」と呼ばれる方の多くはそうは思っていなさそうでして、これが「リフレ派」と呼ばれる方々の「ミクロの経済政策」についての理解に根深い影響を与えているのではないかと思います。

というのも、一部のリフレ派と呼ばれる方の執拗な政府(霞が関)・日銀批判というのは、そもそも「ミクロの経済政策」が個別に実施される実務についての無知・無理解がその前提になっていて、だからこそ「リフレ派」と呼ばれる方々が支持する「ミクロの経済政策」が政府の関与を最小化するものへと偏ってしまうのでしょう。実をいえば、この点については以前も指摘したことがありまして、

実はこの「制度を知る必要がない」という点で、「リフレ派」を自任する方々の議論に大きな特徴があるように思います。リフレーション政策による金融政策というのは、日銀の政策についての純粋な経済理論による批判が可能な分野に限定されているため、制度に対する理解が必ずしも要求されません。bewaadさんの日銀法改正についての指摘に象徴的ですが、経済理論に基づいてリフレーション政策を主張することはある程度経済学に素養があれば可能としても、それを現実の立法府の中で実現するためには、少なくとも立法の制度を知る必要があります。この段階で「一部のリフレ派」が馬脚を現したのは、その意味で当然の結果だったのだろうと思います。

2011/01/25(火) 00:36:03 | URL | マシナリ #-[ 編集]
素人の浅薄な正義感(2010年12月26日 (日))」コメント欄

リフレーション政策といった金融政策については、ある程度制度を無視しても純粋な理論上の議論が可能かもしれませんが、ゴリゴリの利害調整を経て市場の失敗や政府の失敗に頑健な制度を作って初めて機能するような「ミクロの経済政策」については、その需要側のみならず、それを供給する側についても財源を含めて考慮しなければなりませんし、それらを規定する制度の策定過程や執行の実務についても議論しなければなりません。そうした「各論」の制度や実務についての議論を置き去りにしてしまっては、いくらマクロの政策を語ったところで合成の誤謬など「ミクロの経済政策」に起因する問題を適切に議論することができなくなります。

確かに、制度上の整合性や執行にまつわる実務上の手続なんて当事者でなければ知るよしもないというのが一般の方々の率直な感想だとは思いますが、そんな方でも、ご自身の職業や生活上で関係のある役所の手続については精通している方も多いはずです。問題は、それができない分野の制度については、自分が理解が足りないことを棚に上げて陰謀論に逃げ込むのが人というものであることです。私も一時は日銀悪玉論に荷担していましたので、ここは自戒を込めて書いておりますが、一部のリフレ派と呼ばれる方が「ミクロの経済政策」では増税忌避とか安易な財政縮小とかの市場原理主義的な政策を主張するのも、このような理由によるものと思われます。

というわけで、「リフレ派」とか「反リフレ派」とかはいくら対立しても現実の政策とかにはあまり関係はなくて、むしろ制度をいかに設計するかという過程についての無理解こそが、「リフレ派」と呼ばれる方々の「ミクロな経済政策」の理解に影響を与えていそうです。つまり、リフレーション政策についての議論では制度についての無理解がある程度許容されるために、その無理解を前提にして、リフレ派は「ミクロな経済政策については人それぞれ」といいながら、増税や公務員人件費などの特定の「ミクロな経済政策」には攻撃的になり、陰謀論を唱える傾向を持つ原因となっているのではないかと思うところです。

この点については、tonmanaanglerさんも指摘されていますね。

リフレ派の陰謀論体質が批判されていることは結構知られているところであるにもかかわらず、このようにナチュラルにプチ陰謀論が出てくるところが何とも。本人にその自覚はないんでしょうけどね。こうして自らリフレ派に陰謀論者が多いことを証明なさっている。

■息を吐くように陰謀論を唱える(2012-07-26)」(国家鮟鱇

今日も一部のリフレ派と呼ばれる方々は制度を知ることもなく陰謀論を唱え続けるのでしょうか。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
どマクロとディテール
http://d.hatena.ne.jp/kuma_asset/20090618/1245333426#c1245447403

”スティグリッツは 「自由貿易はマクロ経済の成長を促すが、先進国の中には自由貿易の進展によって比較優位性を失う産業もある。適切な措置を講じない限り比較優位性を失う産業が増えることによって国内の格差は広がることになる」 と書いています”

          ↓

 「リフレーション政策はマクロ経済の成長を促すが、労働者の中にはリフレーションの進展によって損失を被る者もいる。適切な措置を講じない限り(以下略」
2012/08/06(月) 13:49:56 | URL | X #EBUSheBA[ 編集]
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20120716230730

狐「おれは虎の兄弟だぞ。ガオー」
犬「おい虎の真似して変なことするな」
虎「おい犬、紛らわしいから狐を攻撃するのをやめろ」
犬「え?」
狐「え?」
2012/08/06(月) 23:41:52 | URL | VIX #-[ 編集]
クルーグマン先生のこと
リフレ派の代表的な論客の1人である、山形浩生氏が、クルーグマンの新著「さっさと不況を終わらせろ」を翻訳して、解説でいろいろ言い訳されているのが興味深い。クルーグマンは、本来ケインジアンであるから、金融政策のみで、経済が不況から脱するというような主張をするのが、本来おかしかった。あくまで、ポリシー・ミックスで、拡張的なマクロ経済政策(財政政策も含む)をいうのが、あたりまえのところだろう。
それが、日本不況脱出については、金融政策だけでなんとかなるようなことをいい、それをリフレ派がことさらにとりあげてきた。
それが混迷する日本の経済論壇の「失われた10年」のきっかけとなったのではないか?

アマゾンの書評で、リフレ派といわれる方々の本を何冊か書評させてもらったが、山形氏は割合良心的だからおいておいても、自分の主張のためには、歴史までねじまげてもかまわないぐらいの、学問に対する真摯さが足りない方々もいるのは明らかな事実だ。また、すぐに陰謀論に走りややすい人々であることも確認できた。

 クルーグマンは、本来はアメリカのリベラル派なのだし、新著でも、不況における失業を大変心配している。
新著でケインジアンらしい主張が前面にでてきてほっとしたとともに、これまで、ノーベル賞受賞者クルーグマンの権威に悪乗りしてきたリフレ派の一部は真摯に反省すべきだ。
そういう意味で、とにかく金融政策だけでなんとかなるようなことをいってきた真摯さに欠けるリフレ派を、「りふれは」と揶揄することに、特段問題はないと思う。


 
2012/08/09(木) 05:46:56 | URL | yunusu2011 #-[ 編集]
> Xさん

マクロの景況を改善することは当然必要ではありますが、それと同時に個々の生活を保障しなければならないのもまた当然ですね。個々の生活を保障する政策についていろいろな主張はあり得るとしても、社会保障とか労働政策に対する理解が乏しい主張はあり得ないと思うのですが、この点は「リフレ派」であろうとなかろうと真剣に議論する必要があるのでしょう。
2012/08/11(土) 18:07:24 | URL | マシナリ #-[ 編集]
> yunusu2011さん

> あくまで、ポリシー・ミックスで、拡張的なマクロ経済政策(財政政策も含む)をいうのが、あたりまえのところだろう。
> それが、日本不況脱出については、金融政策だけでなんとかなるようなことをいい、それをリフレ派がことさらにとりあげてきた。

クルーグマンの新著は未読なのですが、クルーグマンは1990年代から、日本と同程度に国民負担率が低いアメリカについても増税の必要性を指摘していましたし、労働組合が賃金などの労働条件を向上させることも主張していたはずですが、日本ではリフレ派と呼ばれる方々にそうした主張はほとんど受け入れられませんでしたね。私が拙ブログで述べていることはクルーグマンの主張に沿ったものだと考えているのですが、増税とか労働組合とかいうとリフレ派と呼ばれる方々は総じて批判的なところが日本の特殊的事情なのでしょうか。

端的に言えば、「リフレ施策賛同者一覧」
http://wiki.livedoor.jp/reflation/d/%a5%ea%a5%d5%a5%ec%c0%af%ba%f6%bb%bf%c6%b1%bc%d4%b0%ec%cd%f7
に並んであげられているクルーグマンとマンキューが、最近もhimaginaryさんのところで
「コント:ポール君とグレッグ君(2012年第7弾)」
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20120811/paul_and_greg_2012_7
と取りあげられるように論争を繰り広げているアメリカの状況が通常の姿ではないかと。

hamachan先生のブログにもコメントさせていただきましたが、
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-d273.html#comment-91600349
リフレーション政策の目的に応じて、それとセットとなるミクロの経済政策が決まってくるわけで、目的が違っても「リフレーション政策支持という方法論の一致をもって共闘できる」という主張が無内容であることを、日本の我々はクルーグマンの発言から読み取らなければならないのでしょう。
2012/08/12(日) 18:06:38 | URL | マシナリ #-[ 編集]
>政府がAというサービスを提供するより、A相当の金を配って同じサービスを民間に頼むか別のものを買うか選ばせればいい。そのほうがお互い幸せ。また、同じ額を減税してもよい。

 そのような所得の再分配は大きな政府そのものでは?
 サービスを提供するのが政府か民間かというのは、業務の実施方法の違いでしかないです。

 政府が直接サービスを提供する場合でも、そこで働いているスタッフは民間の派遣会社から派遣されたスタッフだったりするので、実態としてはあまり区別する意味はないと思います。

 民間にサービス提供させるにしても、悪質な業者(金だけぼったくって、質の悪いサービスを提供する)を取り締まったり排除するためには、サービスの最低レベルを定義して義務づける規制を法律でかける必要があるわけですから、政府の監視という介入は避けられません。

これは企業で、何か仕事を外部に発注するときも同じです。納品チェックとか、納品に至るまでのポイント、ポイントでの業務報告とか、あるレベル以上の品質を確保するためには発注側にそうした手間暇がどうしても必要になります。
2012/08/25(土) 11:35:22 | URL | 個人投資家 #-[ 編集]
>増税や公務員人件費などの特定の「ミクロな経済政策」には攻撃的になり、陰謀論を唱える傾向を持つ原因となっているのではないかと思うところです。

それって、単に
増税や公務員の人件費削減という政策は、マクロ政策で目指す有効需要の創出とは逆方向を向いているからに過ぎないのでは?

ケインズも、
「有効需要を増やす個々の政策はべつになんでも良いよ。鉱山にお金の入った壺を埋めて、それをみんなに掘り起こさせるのでもいいし」
と言ってます。
2012/08/25(土) 14:08:21 | URL | 個人投資家 #-[ 編集]
> 個人投資家さん

>  民間にサービス提供させるにしても、悪質な業者(金だけぼったくって、質の悪いサービスを提供する)を取り締まったり排除するためには、サービスの最低レベルを定義して義務づける規制を法律でかける必要があるわけですから、政府の監視という介入は避けられません。

先日の別エントリで書いたことは、まさにご指摘の点なのですが、市場原理主義的な思想をお持ちの方はそうした問題点には思いが至らないようで、事態の展開はなかなか難しそうです。

また、

> それって、単に
> 増税や公務員の人件費削減という政策は、マクロ政策で目指す有効需要の創出とは逆方向を向いているからに過ぎないのでは?

増税が有効需要の創出と逆になるかはその使途によりますが、公務員人件費の削減は国民所得を減らして有効需要を減らしますので、リフレ派が公務員人件費削減を主張するのは矛盾ではないかと、先日のエントリで指摘しております。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-524.html

ということで、特に「公務員事件比削減」を唱えるリフレ派の方については、「単に逆方向」ということではないのではないかと思います。
2012/08/26(日) 00:00:17 | URL | マシナリ #-[ 編集]
増税は歳入
有効需要の創出は歳出
ですから、そもそも両者を同列に論じるのがおかしいのでは?

『「公務員人件費削減」を唱えるリフレ派の方』って一体誰です?

デフレ脱出のためのリフレーション政策として公務員人件費削減を主張する人って、そんな人いますか?

代表的な人は誰です?
2012/08/26(日) 01:34:54 | URL | 個人投資家 #-[ 編集]
> 個人投資家さん


> 『「公務員人件費削減」を唱えるリフレ派の方』って一体誰です?

たとえばこの方ですね。

> その当時、私は経済財政諮問会議特命室でいろいろなペーパーを作っていた。05年のはじめ、郵政民営化、政策金融改革、政府資産改革という政府資産のスリム化の延長線で、公務員総人件費改革も検討せよとの指示を受けていた。そこで、公務員総人件費改革の議論を05年はじめから経済財政諮問会議で取り上げた。
>
> 「高橋洋一の民主党ウォッチ あてにならない民主の公約 「総人件費2割減」どこに消えた」2010/5/13 16:56
http://www.j-cast.com/s/2010/05/13066385.html?p=all


高橋洋一氏がリフレーション政策を支持していることをもってこのような主張を無批判に受け入れる「リフレ派」の方がいれば、その方を「公務員人件費削減支持」と考えることは妥当だと思いますし、その数は一定数いるものと推測しております。もちろん、推測ですので、「私は高橋氏の説を批判している」という「リフレ派」の方が多数いらっしゃれば撤回することはやぶさかではありません。

なお、
> デフレ脱出のためのリフレーション政策として公務員人件費削減を主張する人って、そんな人いますか?

というご質問については、私も直接的にそうした説を唱える方は拝見したことがありません。私が拙ブログで述べていることはまさにそれが矛盾するだろうということですし。

とはいっても、たとえば原田泰氏は
> こうした現象は、これまで「所得の低い県には働き先が乏しく、公務員くらいしか仕事がない」と説明されてきたが、本当だろうか。私はむしろ逆だと考える。公務員の給料が高すぎるから、他のビジネスに人材が集まらず、経済発展が進まないのではないだろうか。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-262.html

ということもおっしゃっていて、一部のリフレ派と呼ばれる方々の公務員人件費に対する攻撃的姿勢は明白だと思うところですが、被害妄想といわれればそうかもしれません。
2012/08/26(日) 09:00:02 | URL | マシナリ #-[ 編集]
ついでながら、

> 増税は歳入
> 有効需要の創出は歳出
> ですから、そもそも両者を同列に論じるのがおかしいのでは?

というのはご指摘の通りだと思います。私が同列に論じているというより、一部のリフレ派と呼ばれる方々の傾向を並べてみたものですので、私自身もこれらを同列に論じて同列に批判する論説があれば違和感を感じます。その違和感を的確に文章化するのは難しいですね。

また、言わずもがなですが、
> 「公務員事件比削減」
> 2012/08/26(日) 00:00:17 | URL | マシナリ #-[ 編集]
は「公務員人件費削減」でした。失礼しました。
2012/08/26(日) 09:07:37 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック