2012年06月30日 (土) | Edit |
気がついたら6月のエントリが2回でしたので小ネタでお茶を濁してしまうのですが、先日ちょっと早く帰る日があって、といってもNHKのニュースウオッチ9を途中から見るぐらいの時間だったのですが、オウム真理教の指名手配犯で最後に逮捕された高橋容疑者のニュースがありまして、高橋容疑者はまだ麻原彰晃のマインドコントロールの状態にあるんだそうです。

逮捕から1週間オウム信仰、今も 2012.6.22 00:33 [オウム事件]

 オウム真理教元信者、高橋克也容疑者(54)の逮捕から22日で1週間。17年に及んだ逃亡の足取りが徐々に判明する一方、教団への信仰を今も強く抱いていることが明らかに。

 「尊師を今でも信じている」。警視庁赤坂署の取調室で捜査員と向き合う高橋容疑者は、麻原彰晃死刑囚(57)を慕う言葉を口にし、教団崇拝の姿勢は変えていない

 雑談では冗舌になる場面も。オウムの修行の効果を強調して「パワーがみなぎる」と語り、留置施設では修行に取り入れられた「蓮華座」という座り方で本を読むこともある。

 川崎市の建設会社社員寮から逃走した際には、部屋にあった松本死刑囚の写真、説法テープ、著作をキャリーバッグに詰め込んだ。5枚あった写真のうち1枚は、松本死刑囚が高橋容疑者の頭に手を乗せる様子が写っていた。警視庁幹部は「教団のマインドコントロールから抜け出せれば、事件の真相が明らかになるはずだ」としている。

で、その直後に民主党内で消費増税法案を巡って対立しているというニュースが流れたわけです。

マインドコントロールという言葉を使うと特殊な状況に思われますが、「麻原彰晃」を鳩山とか菅とか小沢とかの名前に置き換えたり、「オウムの修行」を「マニフェスト」とか置き換えたりしてみると、民主党というのも「政権交代」とか「政治主導」とかというマインドコントロールに取り憑かれた方々の集まりだったのだろうなあと、ニュースを聞きながらぼんやり思いましたとさ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック