2012年04月12日 (木) | Edit |
日付が変わりましたが、昨日で震災から13か月となりました。実を言えば、そうした節目を意識する暇もなく年度の変わり目の業務に追われる日々です。年度の切り替えというのは旧年度の事業完了と新年度の事業開始にこぎ付けるのがやっとという状況で、いろいろな取組が途切れてしまう時期でして、逆に言えば、その年度の切り替えをしなければ新年度の事業が始まらないという時期でもあります。まずは旧年度の事業完了をさっさと済ませて新年度の事業に着手するため、しばらくは深夜帰宅が続きます。もちろん超勤など付くはずのないサービス○業です。

こうした切り替えがムダだというご批判はよくわかりますし、ほとんどのコームインは自分でもその思いを抱きながら仕事に追われているのですが、財政の単年度主義の原則やら会計検査院の実地検査やら財政民主主義というのはそういう手間のかかる制度なのですよねえ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック