2012年02月26日 (日) | Edit |
大阪府知事から大阪市長になった弁護士の方が労働組合攻撃を強めている件でいろいろと盛り上がっているようですが、まあこの弁護士先生は労働法方面にはあまり詳しくないと思われる方ですので今さら何をという気もするところで、さらにいえば弁護士というのはそもそもそういう職業なんだよなあという印象です。

司法試験は最難関国家試験の一つですから、その合格者である法曹関係者が高い知的能力を有していることはほぼ間違いはないとは思いますが、だからといってその主張や認識が高い知的能力に裏付けられていることまで担保するものではありません。それはともかく、特に弁護士という職業は、(民事事件でいえば)弁護すべき対象者がいかに法的な保護を勝ち得るかを現行法令の枠組みの中で立証することが仕事であって、その技術こそが弁護士に求められるものですが、ここで注意しなければならないのは「現行法令の枠組み」という条件は原告も被告も同じだということです。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、原告側弁護士の弁護すべき対象者は原告ですし、被告側弁護士の弁護すべき対象者は被告であって、それぞれが相反する法益を巡って抗弁・再抗弁・再々抗弁…と応酬することになります。ところが、法益は相反するとしても、それぞれの主張の根拠となるのは同じ現行法令であって、あくまでそれに基づいて原告・被告の双方が要件事実を挙証して抗弁を繰り広げるのが法廷という場です。つまり、同じ現行法令に基づきながらも、真っ向対立する主張を繰り広げながらいかに自身の主張を説得的に立論するかというのが弁護士の腕の見せ所であって、それで裁判官の心証を得た方が勝つというのが「裁判に勝つ」ということの実際なわけです。

でまあ、大阪市の話に戻すと、この弁護士市長さんが狙っているのは違法すれすれの組合攻撃であって、それは(実質的な)使用者の立場にある市長として現行法令の枠内で「違法ではない」という主張をしていることと同じことということになります。結局それが違法かどうかは裁判の場でしか決着は付かないものですし、その裁判においても(どちらが原告・被告になるか分かりませんが)使用者側と労働者側がそれぞれの立場から要件事実を挙証していって抗弁の応酬を繰り返しながら裁判官の心証を形成するというプロセスを経てやっと判断されるものであって、現時点でその行為が違法かどうかという議論は事実上できません。このあたりはさすが弁護士市長さんだなと思うところでして、そりゃ判例とか労委命令例なんかで不当労働行為を類型化して、その事例に類似している点があるから違法だろうくらいの議論はできますが、明確に違法かどうかという判断を下せるものではないわけです。

という観点からすれば、労務屋さんのご指摘にほぼ同意するところでして、職員組合が不当労申し立てをして大阪府労働委員会が勧告を出したからといって即座に不当労働行為に該当するはずもなく、別途正式な手続を経て決められるものですし、現時点で調査は凍結しているとのこと(このあたりの対応の早さはさすが弁護士ですな)ですので、あとは府労委の審査手続に委ねられることになります。

府労委が一時停止勧告 政治活動巡る大阪市職員調査 (日本経済新聞 2012/2/23 1:59)

 大阪市が全職員を対象に政治活動への関与を問うアンケート調査を実施したことについて、最大労組の市労働組合連合会(市労連)が不当労働行為だとして大阪府労働委員会に救済を申し立てていた問題で、府労委は22日、市に対して最終決定が出るまでアンケート調査の続行を差し控えるよう勧告した。

 府労委は勧告書のなかで、組合加入の有無を問う項目など「支配介入に該当するおそれがある」と指摘。アンケートが続行されれば「仮に本案事件において救済命令を発すべき場合、もはや救済の基礎が失われているおそれがある」と調査続行を控えるよう求めた理由を説明した。

 市労連は同日夜、会見を開き、中村義男執行委員長が府労委の措置について「組合に対しいわれのない反感をあおって不当な攻撃を加えてきた橋下徹市長の姿勢にブレーキをかけることができた」と話した。

 アンケート調査は、橋下市長の指示を受けた市特別顧問の野村修也弁護士を中心とした第三者調査チームが10日から実施。市労連が13日に府労委に救済を申し立てたことを受け、17日に「法的手続きを見守るため」(野村弁護士)との理由でアンケートの凍結を発表した。

 橋下市長は22日、「既にアンケートは控えている。(内容も)何ら問題はない」と話した。

ちなみに、今回の府労委の勧告は、報道によると公益委員会議によって出されたようですので、労組法上の審査手続ではなく、労委規則40条に規定のある審査の実効確保の措置として行われたものですね。

労働委員会規則(昭和二十四年八月四日中央労働委員会規則第一号)

(審査の実効確保の措置)
第四十条  委員会は、当事者から申立てがあつたとき、又は会長が必要があると認めるときは、公益委員会議の決定により、当事者に対し、審査中であつても、審査の実効を確保するため必要な措置を執ることを勧告することができる。

「勧告に法的拘束力はない」とか報道している記事もありましたが、労働委員会の不当労働行為の審査の手続で行われる勧告ですから、これを無視したりすれば不当労の心証形成に大きく寄与することが予想されるわけで、勧告に先立って調査を凍結したのも、弁護士市長として不当労の実績を作ってしまうことはマズイという判断があったのだろうと思います。いやまあ、さすが弁護士としかいいようのないスキのない対応です。

ついでに、日弁連会長とか京都市長候補者からも「違法だ」との指摘があるようですが、どちらも全労連系の組合とつながりの深い弁護士さんですので、中立な立場からの発言とは考えにくいと思います。まあ、このこと自体が、弁護士というのは同じ現行法令の枠組みの中で正反対のことを主張する職業なのだということの証左でもあるわけですが、さらに大阪弁護士会の会長声明に至ってはこんなことを言われる始末。

大阪弁護士会が反対声明も…橋下市長「弁護士会、あてにならない」 Sponichi Annex

 大阪市の橋下徹市長の指示で始まった市の全職員対象の政治活動に関するアンケートをめぐり、大阪弁護士会(中本和洋会長)は14日、「思想信条や政治活動の自由を侵害するものだ」などとして中止を求める会長声明を発表した。

 声明では、アンケート項目が勤務時間外に参加した正当な政治活動や組合活動などについても回答を求めるもので「思想信条の自由、労働基本権などを侵害する」と指摘。「職務命令などの威嚇力を利用して職員に回答を強制するもので到底許されない」としている。

 橋下市長は14日夜、声明について記者団に「弁護士会の言うことなんか一番あてにならない」と述べ、意に介さなかった。
[ 2012年2月14日 21:11 ]

大阪弁護士会長涙目ですが、ご自身の所属する組織に対して「弁護士会の言うことなんか一番あてにならない」とは大阪市長も見事なブーメランぶりではありますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
マシナリさん、こんばんわ。お疲れ様です。
ここにきて第三局系の方達が「憲法」に踏み込み始めたことは極めて示唆的な傾倒といえるのではないでしょうか。この調査が、地方公務員法(政治的行為の制限)第36条を論拠としつつ、条例による公務員の選挙権の制限への道筋をつけるさいにどのような反論が出てくるか探りをいれたのではないかという疑念を抱きました。
人事院廃止論や沖縄防衛局長発言(人事院規則14-7(政治的行為))の空気をメディアが作り出していることに沿った行動とも言える訳で、一般市民が関心の薄いところを狙いすぎでしょう。
2012/02/27(月) 01:46:09 | URL | gruza03 #V76W3knM[ 編集]
> 菅様さん

> 理屈を自分が有利になるように援用する法廷闘争はあまり好かん、国民の道徳と理屈を一体化させる現代の政治にこそロマンとダイナミズムを感ずる。

個人的には「道徳と理屈を一体化させる」ということにも価値観の多様性を封じ込めてしまう危うさを感じるところです。法廷闘争というと物騒ですが、利害関係をきちんと理屈に落とし込むという作業自体は必要だろうと思います。問題は、そうした理屈が表向きは公益性を語っていながら、既得権益を破壊して新たな権益争いのタネとなっていることに、それを叫んでいる本人が無自覚なことではないかと。

以前のエントリから引用すると
「既得権益というとなにやらダークなイメージで語られてしまいますが、およそすべての日本国民は現存する制度から有形無形の便益を得ているわけで、それを破壊し尽くしたときにいったい誰がその権益を獲得するのかという不毛な権益争いが始まることは火を見るより明らか」
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-315.html
というところでしょうか。
2012/03/04(日) 15:48:14 | URL | マシナリ #-[ 編集]
> gruza03さん

> 地方公務員法(政治的行為の制限)第36条を論拠としつつ、条例による公務員の選挙権の制限への道筋をつけるさいにどのような反論が出てくるか探りをいれたのではないかという疑念

弁護士としては、そのくらいのことは考えていそうな気もしますね。現行法令の枠組みを逸脱するような法廷闘争を仕掛けるときには「世論」という味方をつけなければなりませんから。

それにしても、「条例による選挙権の制限」というのは、チホーブンケン教の皆さんがお好きな法律の上書き権の格好の材料ですから、チホーブンケン教の皆さんは大阪市長を批判するなんてことは努々なさらないよう。今頃になって、自分たちの思惑と違う「上書き権」が行使されそうだからといって「すわけしからん」と批判するのは、自分が投げたブーメランを他人を盾にして避けようとするくらい卑劣なことです。
2012/03/04(日) 15:57:46 | URL | マシナリ #-[ 編集]
今日(3月4日)のフジテレビ系報道2001は、橋下市長が、でて、持論をとうとうとのべ、民主党の古川元久氏(民主党の理論派エリート)は反論にもならない反論をしていた。
しかし、自民党の林 芳正氏と哲学者の萱野 稔人氏がでていて、これらの人々との議論は、今後の橋下氏の運命を暗示するように思う。
船中八策、公表が遅れているようだが、これが出たときは、さすがに、民主党のマニュフェストのときのように、メディアも無批判というわけにはいかず、検証するだろう。
報道2001の議論で、林氏は、民主党のマニュフェストのアンチテーゼとして意味があるが、まずは、大阪で実際にやってみてはどうかと切り込んだ。
また、一方で社会保障を所得再分配として認識しつつ、フラットタックスを主張する橋下氏に、「あなたは税制の専門家じゃないから」と一蹴して、橋下氏はうまく反論できなかった。
消費税とフラットタックスの経済学的帰結はかなり近くにあるが、弁護士さんは、法律上の直接税・間接税の区分にこだわりがあるようだ。智慧をつけるブレーンが税制に詳しいものがおらず、適切に智慧をつけることができないのだろう。

また、萱野氏は、冒頭、人口減少下の社会では、国民全体で痛みを共有する必要が出てくるが、橋下氏は官僚バッシングのあとに、そこはどうするのかと問われ、「そのような抽象的なことは・・・」といって、はぐらかした。もっともポイントをついたと思う。
まさに、橋下氏の「功績」は、引き下げ民主主義における、「公務員の給与引き下げ」による財政収支の改善しかこれまでもないし、今後もそれだけだろう。

また、萱野氏が質問した、ベーシックインカムと給付付き税額控除の違いについてもうまく説明できなかった。宮本太郎氏が、ワークフェアの重要性についてコメントしていたが、橋下氏には頭に入らなかったようだ。

ブレーンの紹介もあったが、京福電鉄の副社長が唯一労務ができて、組合交渉もできそうだが、あとは上山信一氏にせよ、原英史氏にせよ、人格的に交渉向きではないばかりか、これまでも、自治体などの改革で、職員と、感情的なところでうまくいきそうになかった面子で、前途は暗いと推察する。

新しもの好きは、われわれの人間性の本質にあるが、船中八策がでれば、立派ですね、まず、本当にできるのか、全国展開する前に、地方自治の学校ということで、大阪でおやりになってはどうですか?で終わりそうな予感がしてきた。

今日の報道2001は、民主党のダメダメさと、それによって光っている橋下「船中八策」という構図がよくみえて興味深かった。

最後に、日本総研の高橋進氏がでていて、ベーシックインカムが1人7万円くばるとすると、100兆円をこえるということについて、官僚のコストなどをなくせば、十分議論が成り立つと、橋下氏を擁護していたが、どういう計算であうのかよくわからなかった。もしかして、橋下氏にひそかに智慧をつけたのが日本総研で、あわてて弁護してあげたのであろうか?
2012/03/04(日) 22:17:25 | URL | yunusu2011 #-[ 編集]
> 菅様さん

> 再分配するにしても、しないにしても、いかなる利害調整も、一人で勝手にできるものではなく、全国民が参加する民主政治のもとに決められる以上、世間の道徳と無縁なものはなく、世間の道徳を貴びながら政治を行ってこそ安定で丁寧な統治ができる。人心を失えば統治の土台が崩れること、古今東西違わないのです。

ご指摘の点はまさにその通りだろうと思います。そのような認識をお持ちの菅様さんは、
> 「世間のコモン・センスが許さないような非常識な特権」

> 「日本人であることから生じる権利」
の境界線をどこにおいていらっるのでしょうか。もしかすると官僚や公務員や政治家が「非常識な特権」だから奪われて当然で、ご自身の「日本人であることから生じる権利」は守られるとお考えでしょうか。あるいは、生活保護の受給者の中には不正受給をしたり働けるのに働かないやつがいるから引っぺがしても問題ないとお考えでしょうか。

その点についての認識の相違こそがいま大阪市方面で起きている「民意」なるものと「民主主義」のせめぎあいの原因であって、その「民意」が再分配による既得権益への攻撃を強めるているのではないかというのが私の考えです。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-489.html

私が再分配の必要性を強調する理由は以前まとめておりますのでそちらをご確認いただきたいのですが、
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-496.html
菅様さんが、

>小泉・民主・維新と、旧来の土建型・官僚主導を好む人士に都合の悪い政治情勢ができたからと言って、世を恨み人を蔑み、とうてい世間に通用しない政策に理屈付けするような、尖鋭化した人々が増えているようで残念です。

とおっしゃるような人々と私を同視されているのであれば、私も大変残念です。政府の役割は、利害調整を通じて資源を配分して所得を再分配することと、マクロ経済における経済の安定化にあるわけで、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%96
その手段が官庁代表制となるかコーポラティズムとなるかロビイストによる政策誘導となるかは、その国の歴史的経緯や道徳的価値観にもよるのだろうと思います。

その上で、地方分権と中央集権はそれぞれ適切に割り当てるべき政策ツールであって対立するものではありません。繰り返しになりますが、私が批判しているのは、「まずチホーブンケンありき」というチホーブンケン教的な主張をする方々です。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-431.html

なお、道徳的なものが間違う可能性についてケインズの言葉を借りれば、
「 イギリスの道徳的なエネルギーがいま、間違った方向に向けられている。現在ぶつかっている問題の真の性格を分析することに頭を使って、もっとしっかりした結論を得なければ、深刻な事態になるだろう。
 国も地方も個人も、「節約」という考えだけに固執しており、支出の削減という後ろ向きの行動にこだわっている。生産活動を刺激し、稼働させている支出を減らそうというのだ。義務感にかられて節約が極端になれば、その影響が大きくなり、イギリスの社会制度全体を揺るがすほどになりかねない。」
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-443.html
というところでして、「道徳」と「民意」と「民主主義」が折り合いをつけることができるかという点については、慎重に議論すべきだろうと思います。
2012/03/04(日) 22:21:38 | URL | マシナリ #-[ 編集]
> yunusu2011さん

> また、萱野氏は、冒頭、人口減少下の社会では、国民全体で痛みを共有する必要が出てくるが、橋下氏は官僚バッシングのあとに、そこはどうするのかと問われ、「そのような抽象的なことは・・・」といって、はぐらかした。もっともポイントをついたと思う。

実はその場面だけちらっとテレビで見たんですが、そこがもっともポイントを突いたところだとすると、効率のいいザッピングができました。私の記憶では、萱野先生の質問の仕方もちょっと要領を得ない感じではありましたが、その意図するところを大阪市長さんがそもそも理解していなかったような印象です。「民主主義の学校」たる地方自治体では国民全体の分かち合いというような再分配を考える必要がないわけでして、首長とすれば自己の立場を守るためにこの大阪市長さんのような態度を取る方が得策なのだろうと思います。つくづく弁護士らしいスキのない対応です。

ただし、私自身は「都構想」そのものは都市における行政区域の見直しの一環としてすでに数十年来議論されてきたものでもあるので、議論そのものは必要だろうと考えています。もちろん、はじめに「チホーブンケンありき」では議論になりませんが。

目立つ正論と抱き合わせでいかにも実務では無理筋な素人考えを押し通そうとするのは法廷闘争ではありがちな手法ではありますが、「チホーブンケンありき」のチホーブンケン教的議論によって、「都構想」が本来目指した「都市部の行政区域の見直し」という実務的課題が、実質的な成果もなくうやむやになるようなことがあればとても残念に思います。まあ、そういう事態こそが「民意」の失敗とでも呼ぶべきものなのでしょうけれども。
2012/03/06(火) 23:54:01 | URL | マシナリ #-[ 編集]
> 菅様さん

> 何が廃除されるべき特権かは世間の常識によって、制度上では政府や首長の政策や議院での多数決で決めるしかないですね。

議論がループしてなかなか前に進みませんね。私が菅様さんにお聞きしているのは、菅様さんご自身が何を「世間の常識」と考え、何を「特権」と考えるかということなのですが、菅様さんからは今までのところ「多数決原理によって決める」という結論しかご説明がないようです。

私はその「多数決」という結論自体にも問題があると考えていることは前回コメントでも述べた通りです。民意とか道徳とか常識というものが現実にどうして間違うのか、それを防ぐ手立てはないのかという試行錯誤が、民主主義をいかに実効あるものとするかという歴史でもあるわけでして、幾多の戦争や国難をそれなりに乗り越えてきた現代国家が積み重ねてきたその歴史への敬意がなければ、歴史は悲劇としてまたは喜劇としてくり返してしまうのだろうと危惧するところです。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-116.html
2012/03/10(土) 22:32:31 | URL | マシナリ #-[ 編集]
> 菅様さん

私の書いていないことに批判の矛先が向き始めているようですが、菅様さんのコメントの趣旨がそうであるならば、そのような発言をしている方に直接批判されることをおすすめします。私自身は、残念ながら自分が書いていないことについてお答えすることはできませんのでご了承ください。まあ、菅様さんのコメントには事実誤認が散見されるので議論そのものがしにくいのですが。

ついでに、前回はスルーしておりましたが、

> また、自分の再分配思想と相容れないからといってカタカナで馬鹿にしたような表現をするのは自ら議論を拒絶しているのではないか
そもそも、相手を見下すような者に調整という繊細な作業ができるのか
2012/02/14(火) 21:26:55 | URL | 菅様 #-[ 編集]
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-500.html#comment800


とおっしゃる菅様さんが、

> マシナリさんが官僚やナマポを例示されたのは、たまたまではなく、世間である程度の合意がなされていると思われたからではないでしょうか。
2012/03/10(土) 16:12:12 | URL | 菅様 #-[ 編集]
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-503.html#comment815


と自ら「カタカナで馬鹿にしたような表現」をされるのも大変興味深い現象ですね。

なお、拙ブログを継続的にご覧いただいている(奇特な)方がいらっしゃれば同じことを感じているかもしれませんが、このやりとりに強烈な既視感を感じているところです。私の既視感が気のせいであることを願っております。
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-494.html#comment
2012/03/17(土) 08:49:45 | URL | マシナリ #-[ 編集]
マシナリさんの既視感が正しいに一票。

この人は本当に懲りないな・・・・・。
2012/03/20(火) 21:46:26 | URL | 名無しの投資家 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック