2006年10月28日 (土) | Edit |
降ってわいたような未履修問題ですが、調査が進むに連れて現場ではある程度確信的に履修科目を操作していたという実態が明らかになりつつあるそうな。

学校の立場を考えてみるとなかなかに悩ましい問題なので、順を追って考えてみます。

まず、ゆとり教育に対する批判が強まる中で文部科学省は学習指導要領の必修科目を増やして、小中学校については市町村の、高校については各都道府県の教育委員会へ通知します。ところが、特に高校については、各都道府県の教育委員会が評価システムの強化なんてことをいいながら各高校に成果を求めるようになってます(東京都の学校経営計画が典型)。すると、高校の中でもその名のとおり大学進学を第一目標とする進学校では、大学進学率を高めるために履修科目を重点化するとともに、増えた必修科目についても成果を出さなければなりません。

つまり、現行の高等学校学習指導要領においては、進学校といわれるような卒業生の多くが大学に進学する高校に対して、
1.指導要領に定められた必修科目の授業とりいれたカリキュラムを組む
とともに、都道府県の教育委員会からは、
2.学校全体としての成果指標の一つである大学進学率を向上させる
という二つの要求が突きつけられているわけです。しかしながら、もともと進学率が高いなら2の圧力はそれほどでもないかもしれませんが、少子化の中で年々志願者数確保が難しくなる中堅や新設の高校では、2の要求の圧力は相対的に大きくなります。したがって、今回の調査で明らかになったように、(大学進学率というのは全国の高校にとってほぼ同じ条件ですので)全国レベルでは中堅に位置する地方の進学校において1の要求圧力を2の要求圧力が勝ることになり、未履修問題が生じることになるわけです。

こういった中堅進学校の行動は、伊吹文科大臣がいうような「社会のルール」という観点からは問題があるでしょうが、志願者の確保というような学校経営の観点からはやむを得ない選択と評価することもできます。そして、この中堅進学校や文科省の行動が誰の利益を向上させるためのものかを考えてみると、まず大学進学を希望する生徒が多く入学する中堅進学校においては、もちろん大学進学希望者の利益を向上させるためのものとなります。これに対して学習指導要領を推進する立場である文科省は、「生徒の人間として調和のとれた育成を目指し,地域や学校の実態,課程や学科の特色,生徒の心身の発達段階及び特性等を十分考慮して,適切な教育課程を編成するものとする」(高等学校学習指導要領第1章第1款1)という立場であり、簡単に言えば調和のとれた人間の育成を望む人の利益を向上させることになります。

すると、この未履修問題とは、大学進学希望者と調和のとれた人間(を望む人)のどちらの利益を向上するべきかという問題であると考えることができるわけですが、対処法として何が望ましいかを考える前に確認しておかなければならないのは、「大学進学希望者」と「調和のとれた人間」は相反するものなのかということです。大学進学希望者がすべて調和のとれた人間になるなら大学進学希望者の利益を優先することで自ずと調和のとれた人間になりますが、これはイデオローグ的な反受験派の方でなくともあまり支持されないでしょう。ところが調和のとれた人間というのは非常に多様な評価基準によって判断されるものであり、その逆を考えることは適当ではないようにも思えます。

つまり、大学進学というかなり限定的な評価基準と調和のとれた人間にまつわる多様な評価基準とを比較して、その解決策を単に高校の履修科目で解決するという発想では、未履修問題に適切な解決法を与えることはできないと考えます。そして、未履修問題が発生している現状においては、責任問題や今後の指導要領の改善は後でゆっくり考えるとして、今年大学受験をする生徒の負担と大学受験における公平性の調整を第一優先に考えるべきでしょう。こういった観点からは、未履修である生徒に指導要領どおりの履修義務を課す文科省の見解は未履修となった生徒に過度の負担を強いるものであり、あまりに教条的に過ぎるといわざるを得ません。近視眼的にいえば大学受験における公平性に問題があるということでしょうから、センター試験の平均点にばらつきが出たときよくあるように、必修科目を履修した受験生に点数加算などの「げたを履かせる」ことによって、未履修の生徒と履修済みの生徒との公平性を補正することが適当ではないでしょうか(どの程度という問題は慎重に判断しなければなりませんが)。

世界史の必修が適当かどうかとか、学校と教育委員会はなにをやってんだとか、文科省は現場を知らないというような話は、もっと腰を落ち着けて考えましょう。

というのも、マスコミの報道が過熱してくると、社会人に「実際に社会に出て役に立った科目は」なんてアンケートを採る今朝のめざまし土曜日みたいな番組があったりするわけで、1位国語、2位英語までは理解できるとしても、3位に保健体育が入ってくると、大丈夫かよ大人という気がしてなりません。この機に乗じて、歴史教育なんか社会で役立たないなんていう風潮がはびこることを危惧するのは杞憂でしょうか。個人的な経験則ですが、歴史をきちんと知っている人は状況の理解が早く判断を誤りにくいと思います。逆に自分を含め歴史を勉強していないと現状を把握することで精一杯で判断を誤ってしまうことが多いと感じております。おそらくは、歴史を学ぶことで人間の行動や制度についてのフォーミュラを自分の頭の中に構築でき、それを援用することで現状認識がしやすくなるなんてことがありそうですが、あくまで経験論なので誰か研究してませんかねえ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック