2011年10月01日 (土) | Edit |
いやまあ新刊ラッシュでして、hamachan先生や水町先生の新著も控えているわけですので、備忘録的に手短なエントリとしたいと思います。

NPO法人POSSEには、その発足当時いかにも市民活動大好きな学生運動の匂いを感じていたのですが、『POSSE』にボランティアや新しい公共などに対する批判的な記事も載るようになって、かなり現実路線にシフトしてきたように思います(って、外野から勝手に決めつけているだけかもしれませんが)。で、hamachan先生のブログで「若者の若者による若者のための本」と紹介されていたのに興味を引かれて読んでみました。

ブラック企業に負けないブラック企業に負けない
(2011/09/26)
NPO法人 POSSE、今野 晴貴 他

商品詳細を見る

サービス残業や退職強要などに対する具体的な対処法が掲載されていて、実用性は高いと思いましたが、中小企業に対するスタンスなどが私が当初感じていた「市民活動大好きな学生運動」に逆戻りしているのではないかという印象です。

本書では明示されていませんが、

最近では就職活動が、学生の高望みのために中小企業やブラック企業に「マッチング」ができていないという議論が多く見られる。ほとんどの論者は、若者が中小企業をはじめから選べばよいと主張する。だが、実際にはこれまで見たような精神改造を経て、はじめて中小企業やブラック企業に入る「心構え」が叩き込まれるのだ。こうした就職活動はミスマッチなように見えて、実は人格競争の末に「マッチングしている14」のだ。これ「競争的再配置」と呼ぶのがふさわしい。こうした不効率・高コストの一方で、若い社員が違法行為すらも耐え抜いてしまうようになる仕組みがつくられているという意味では、働くものを犠牲にした、一部の違法企業にとってだけの「効率」が実現されているといってよいだろう。

14 本当であれば受容しないような労働条件であっても、若者がこれを我慢する理由は、自分が就職活動を失敗したからだ、という自責の念にある。だから、もし若者がはじめから低い労働条件の企業を受けたなら、とうてい納得できない可能性がある。これこそが「マッチング」の実態なのである。

今野・川村『同』p.45
※ 以下、強調は引用者による。


という部分は、海老原さんが前著まで一貫して主張されている「「中小企業=不安定で待遇が悪い」は誤解だ」という指摘に対しての反論ではないかと思います。

この点については、先日のエントリでも、「ところが、ここにも「正社員枠に押し込める」というキャリア教育の影響が現れていると思うのですが、たとえば大学を出たからには正社員でなければ世間体が悪いというような意識を埋め込まれてしまった学生や求職者は、仕事や待遇の中身よりも正社員という枠に魅力を感じてしまいます」と指摘しているとおり、「中小企業でもいいから正社員になるべき」という主張には危険な面があることはそのとおりだと思います。

しかし、両書を読み比べてみたとき意外に認識が一致しているなと思う部分があります。たとえば、海老原さんの著書では、先日のエントリで引用した部分で「「キャリアカウンセリング」などの手法によって、しっかり採用相場を教育すれば、こんなリードタイムは不要になる、などと主張する人も出てきてしまう」と指摘されていますが、そのキャリアカウンセリングによって採用相場を教育する現場では、

 最近流行のキャリア・カウンセラーもこうした流れに一役買っている10学生に「自分が悪い」ことを認めさせ、心理学的手法を用いて精神をコントロールする。「自分を見つめなおす」ことを通じて価値観や人格を「矯正」してゆくのだ。NHKが今年2月7日に放送した「就活なう」というドキュメンタリー作品においても、カウンセラーが学生に「自己分析」を高圧的な態度で迫る様子が鮮烈に描かれている。「お前たちは何も考えていない」という趣旨の物言いにたいし、学生たちが泣きながらその「説教」を聞き入る映像は印象的である。学生といえども、大の大人である。22、3歳にもなりながら、まったくの子ども扱いをされ、泣かされながら自己改革を求められる。

10 もちろんすべてのキャリア・カウンセラーがマイナスの影響を与えているというわけではないし、彼ら自身は悪意があって人格改造に荷担しているわけでもない。人格改造が、たとえブラック企業への入社や、会社での従属を生むことになったとしても、失業者非正規雇用ではない正社員としての就職へいたる道筋だと信じているのだ。

今野・川村『同』pp.42-43

ということが行われているわけです。その理由として考えられる点を海老原さんの前著から引用するなら、たとえば、

 学生が中小企業に就職したがらない理由は五つある。その理由を順に挙げながら、私なりに考えてみたマッチングの施策を紹介したい。
 まずは一つ目。学生が中小企業を避ける一番大きな理由は、「わからないから」だ。大企業ならば、消費者の一人としてその会社の製品を使ったことがあったり、テレビCMを見たことがあったりして、どんなビジネスをしているのか想像くらいはできる。また、採用人数も多いため、同じ大学の先輩が就職していたりするので、職場の様子などを聞くこともできる。一方中小企業はとにかく情報がない。どんなビジネスをしているかそうぞうもできない。大学のキャリアセンターの係員も、データがないので企業HPやハローワークの求人票に書いてあるような、あたりさわりのないことしか伝えられない。これではその会社に就職しようと努力する気が起こらないのは当然だ。
pp212-213

就職、絶望期―「若者はかわいそう」論の失敗 (扶桑社新書 99)就職、絶望期―「若者はかわいそう」論の失敗 (扶桑社新書 99)
(2011/09/01)
海老原 嗣生

商品詳細を見る

という点を挙げられると思います。

つまり、「市場相場に詳しくない駆け出しの大学付きのキャリアカウンセラーが、学生らを説き伏せて、リードタイムを短くすることなど、可能性は0に等しいだろう」(海老原『同』p.79)という状況にあるキャリアカウンセラーからしても、よくわからない中小企業の正社員に学生を押し込めるためには、それでもなお中小企業について詳細を調査するより、目の前の学生の精神をコントロールした方が確実に思えてしまうのではないでしょうか。

この情報不足という点がネックとなって、キャリア・カウンセラーが学生の人格改造に安易に荷担してしまうとすれば、中小企業の職場風土や労働条件を丹念にデータとして蓄積する仕組みが必要となるはずです。この仕組みについては海老原さんの前著で指摘されているところですので、そちらでご確認いただければと思うのですが、そこでは多様な中小企業の姿として、

  • 他社がすべて業態変更した中で、その会社のみが残ったような、古い技術や技能分野での残存企業。もう、他社での技能伝承が途絶えているため、業界は独占状態にあり、立場は逆に強くなり、事業は左うちわだが、後継者がいない。
  • とにかく仕事が楽。それほど儲けるつもりもない会社なので、残業はないし、休日は多い。ただし、給与が安い。
  • 仕事もそれなりにハードでその分、給与もそこそこ良い。ただ、一番の特色は、雰囲気が良いこと。みんな仲良し、家庭的で助け合い精神旺盛。村社会的共同体が好きな人に向く企業。
  • 安定的で長期勤務が売り。浮き沈みがないから、不安はないが、華やかな話もまったくない地味企業。
  • 女性登用が盛ん。採用難で人材不足なため、良い人材は絶対辞めさせない。ということで、ママさん社員もどんどん管理職になっている企業。
  • 若年から人気が薄いため、海外展開やインターネット事業など、「明日を切り開く」人材が薄い。そのため、若手でも早い段階で「海外」「マーケティング」などの仕事に就ける企業。
海老原『同』pp.223-224

という事例が挙げられています。こうした企業を探してくることこそがマッチングの本来の機能であって、そうした企業以外を淘汰することが市場経済だと思うのですが、そうであろうとなかろうと「中小企業をつぶすな!」というのが左派政党だったりするわけで、なかなか頭が痛いですね。

そのような観点で今野・川村書を読んでいくと、ブラック企業と中小企業を一緒くたにして論じている点が気になりました。ただし、今野・川村書でもその点についてのヒントは示されています。

新興産業でとくに激しい逸脱が行われている

 従来型の関係の変化がとくに顕著にみられるのは新興産業においてである。日本型雇用は製造業を中心に発展してきたが、1970年代以降急激にサービス産業化が進展し、そこでも社会化した雇用取引ルールは影響し、日本型雇用の拡大を促すこととなった。
 ところが、90年代に入り、小売・卸売りの展開は鈍り過当競争に入っていく。その結果、既存の人員への圧力が強まっていった。また、新しい業態であるコンビニエンスストアや近年参入した新興の外食チェーン店では、そもそも日本型雇用の規範意識を有していない場合もみられる。サービス産業化が進んでいくなかで、従来の規範にとらわれない新しい産業が登場しているというわけだ。
 さらに、同じく新興産業であるIT企業はこの傾向がより顕著である。IT労働者は「強い労働者」とされることが多いが、実際の労務管理でもアントレプレナーシップ(企業家精神)を要求される。これは労働者にも強く受容されており、企業に生活保障を求める文化は労使双方に乏しい。

今野・川村『同』pp92-93


この部分を読むだけでも、ブラック企業と海老原さんが例示された中小企業との違いが如実に読み取れると思います。結局のところ、キセーカンワやら新規形態の外食産業やらIT企業などのベンチャービジネスへの礼賛によってもたらされたのは、ブラック企業が易々と労働者を使い捨てることができるという現実だったのではないでしょうか。労務管理の体制をしっかりと構築し、人材の育成に力を入れているような中小企業が旧態依然としたものとして忌み嫌われる一方で、社員全員が「企業家精神」をもって生活なんか顧みないで働くことこそが21世紀型の働き方だと喧伝された結果といえそうです。拙ブログで以前使っていたことばで言えば「経営者目線」を強要されるということですね。

さらにいえば、ここに「新しい公共」たるNPOを加えることもできるように思います。役所のろくに働きもしないコームインなんぞより、民間の自由な発想で柔軟な公共サービスを提供するという美辞麗句の裏側には、コームインよりも安い給料で労務管理も適当にやっておけば、低コストで公共サービスを受けられるという安易な目論見があったことは事実でしょう。その意味では、単にブラック企業というだけではなく、その由来を含めて議論していく必要があるのではないかと愚考するところですね(全然手短にまとめられなかった・・・)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
う~ん、今野さんの話にも一理あるんですよね。特に、終盤戦の大学のキャリアセンターとかで。学生は4年の初めころまでは全くセンターの言うことなんか聞いてくれないのですが、後半になると、ある面、藁にもすがるようになっていて。そういう状態は危険だなぁと思うのです。センターの職員はまともに企業で働いたこともないし、しかも、採用市場には詳しくないし。そして、やる気ある職員さんたちは、「就職率アップ」に燃えています。期間限定採用の職員さんとかもいるから、なおさらです。こういうのは、確かに危険。

それと、中小にブラックが多々あることも事実。これ、否定などできません、全く。
だけど、200万社もある中小だから、相当いい企業も多々あり。こちらも事実。しかも、大企業と違って、「給料安いけどヒマ」「制度整ってないけど自由」といった感じで、モノサシがいろいろあるのも事実なんです。平均点秀才企業が多い大手とそこが異なります。
こうした「良い」中小をキャリアセンターで紹介すればいい(もしくは見分け方教えるとか)。
たとえば、
「内定した会社の飲み会に出てみなさい」
「一度、抜き打ちで会社訪問してみなさい」
「社長に頼んで、事前勉強のためという口実で、先輩社員に営業同行させてもらいなさい」
「取引先の人に聞いてみなさい」なんて、誰にでもできる方法があるんです。そういうの、中小だと断らず受け入れるトコが多い。それを断るなら危ない、とかも教えられます。そして、入社前日まで辞退も可能だ、と。
要は、まともに紹介しないで、「正社員・正社員」というセンターの姿勢は非常に問題です。

もう一つ。確かに新興系で無茶な商売してるとこは多い。だから、私も「中小企業ミシュラン」には極力ベンチャーを外しました(とりわけEC系を)。これもある面正しいです。

つまり、認識的に一致するところは多々ありました。ただ、問題は、やはり「中小は全部ダメ」というところ。その裏返しには、「大企業は良い」という昭和的価値観が透けて見えるのです。実際、不動産開拓系の大手上場企業や、某ファーストフードチェーン、精密機器販売代理業の上場企業など、いくらでも大手ながらブラックはあります。そして、そういうところに、「知名度に魅かれて」就職する学生が非常に多い。こういうケースを見ると、「規模だけで企業を判断するな。その大手ブラックより、足元に中小のあなた向きの企業があるよ!」といいたくなってしまう。
この部分を、今野さんたちがわかってくれたらと感じました。

最後のNPOの件は、(爆)でした。
2011/10/02(日) 21:20:51 | URL | 海老原嗣生 #-[ 編集]
> 海老原さん

再度コメントいただきありがとうございます。

> 要は、まともに紹介しないで、「正社員・正社員」というセンターの姿勢は非常に問題です。

まさにこの点に尽きるのだと思います。大企業だろうと中小企業だろうとブラックな企業はブラックで、優良な企業は優良だというシンプルな問題のはずですね。問題は、そのモノサシが「会社や事業の規模が大きいか小さいか」に単純化されてしまっているキャリア教育の現場にあるということなのでしょう。

「昭和的価値観」という言葉には某氏によってバイアスがかかってしまっていて(笑)、ちょっと使いづらいところはあるのですが、そうした価値観が「多様な働き方」、「多様な生き方」を制限してしまっているというご指摘は重要だと思います。特に、「大学を出たからには、何の変哲もない地元中小企業ではなく大企業やグローバルなIT企業に就職すべきだ」という価値観があって、それがブラック企業がはびこる一因となっている現状では、大学のキャリア教育の段階でその価値観を転換することこそが必要なのだろうと思います。

実は、今野さんや川村さんの立場には理解できるところがあって、労働相談を受けているとそういう問題のある会社の情報にしか接しなくなっていしまいますので、「多様な働き方」まではなかなか想像できないのではないかと思います。私も仕事柄その傾向がありますが(汗)、労働相談の現場では、ブラック企業での働き方を法律で定めるような「あるべき働き方」へ近づけるという観点で対応するので、どうしても「世間で一般的だと思われる働き方」がデフォルトになってしまうのではないでしょうか。

だからこそ、そうした一つのモノサシに縛られない「多様な働き方」「多様な生き方」を認める価値観への転換が重要だと思うところですね。
2011/10/02(日) 22:42:13 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック