--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月20日 (火) | Edit |
市民活動が盛り上がりを見せているようですが、そういうときにこそそれが風評被害と紙一重であることを十分自覚して慎重に論を進める必要性があると思います。とはいっても、黒川さんのようにそういう姿勢を明確に示す方がどれだけいるのだろうかという疑問があります。

しかし運動に夢中になってくると、必ず原発をやめていく、という道筋を忘れて、より徹底した原発批判をした者が偉いということになりがちなところもある。脱原発が空回りすると、今日来た会場溢れるばかりの人たちはいつか脱原発の運動から離れていってしまうことにになるだろう。
やはり、確実な原発をやめていくロードマップを作らせていくことが本当はいちばん大事なのだと思う。「危険なものは使うな」という論理で物理的な面だけ考えれば急進的な廃止論もありなのだろうが、社会的にはそれでは通じない。また使う側の論理もなしに、供給だけ止めるというのも運動の矜持がなさすぎる。

会場でのプラカード、配られるビラなど、東電バッシングみたいなものが目立ったがこれには違和感があった。事故後の対応、補償金の支払い体制、未だに根強い原子力神話、不透明かつ下請け依存の事故処理など非難されるべきものはたくさんあるしそこは手厳しい批判は必要だと思うが、膨大な事故補償を東電従業員の賃金カットだけでやれといった暴論には私は与しない。東電の財務諸表を見れば、東電だけでそうしたことをするのは限界であり、東電を監督していた政府にも責任があれば、原子力行政を監督できなかった国民にも一定の責任があるように思う

事故が起こるまで真剣に原発が危ないと行動しなくとも批判した市民がどれだけいたのだろうか。原発を海外に売り込もうという政権を熱狂的に支持したのも国民である。ここで考えるべきは、やはり原発による被害を受けた人がいちはやく被害が復元されるか、あるいは被害をカバーできるだけの違う生活を確立できるか、ということが最優先で議論されなくてはならないことではないかと思う

9/19 とめよう原発1000万人集会に出る(2011.09.19)」(きょうも歩く

※ 強調は引用者による。

私自身は、現在の経済活動を維持するためには、「脱原発」を現時点で主張することは非現実的だろうという立場ですので、黒川さんが参加された市民活動そのものに与するわけではありませんが、強調した部分については全面的に同意するところです。特に強調部分の最後のところは、自らの正義感に酔ってしまって「脱原発」を強調するあまり、かえって被災地への差別的扱いを助長してしまうことを牽制するためにも、これからも言い続けていかなければならないと思います。

しばらく前にも陸前高田市の松を燃やすなというクレームで右往左往したことがありましたが、今度は花火だそうです。いろいろな報道がありますが、読売新聞で紹介されていた日進市長のコメントがこの問題の根深さを端的に示していると思います。

放射能心配…福島産花火、市民の抗議で使用せず

愛知県日進市で18日夜に行われた「にっしん夢まつり・夢花火」大会で東日本大震災の被災地応援のため予定されていた福島県産花火の打ち上げが、放射能を心配する市民の抗議で取りやめられたことがわかった。

 市などでつくる実行委員会などによると、大会では岩手、宮城、福島県産のスターマイン各1基を打ち上げる予定だったが、実行委は直前の17日、福島県産の1基分(80発)の不使用を決め、愛知県内の業者が製造した花火に替えた。「放射能をまき散らすな」といった電話やメールが相次ぎ、花火の放射線量の数値確認も間に合わなかったためだという。

 花火を製造した福島県川俣町の「菅野煙火店」を営む菅野忠夫さん(77)は「本当に悲しくなった。この夏も各地の花火大会に出荷したが、放射能の話は一つも出なかった」と話した。

 萩野幸三市長は「福島の方々に申し訳ない。市民の不安にも応える必要があった」と釈明した。
(2011年9月20日00時11分  読売新聞)

チホーブンケンの世界で選良として生きる首長の皆さんからすれば、遠くの福島県なんぞより、有権者である日進市民の意向を優先することが合理的な行動となるのは理解できなくもありません。しかし、その行動は、単に地元市民の不安に応えるだけではなく、日本全国に「フクシマ」の花火は危険だというメッセージとなって、外部不経済として日進市の外部へ漏出してしまいます。「日進市では福島県の花火を危険だと判断した」という事実が一人歩きを始めてしまうわけです。ちょっと前には福岡県で福島県の物産展が中止になっていますし、これからも同じことは起きるのかもしれません。

というのも、私の個人的な印象ですが、こうした反応が広がっているのは、福島県を「フクシマ」などと記述して放射性物質の危険性を必要以上に煽りまくったマスコミや、それに乗じて自説を展開しようとする評論家や一部の学者連中が、被災地を「穢れ」たものとして認識する国民感情を醸成したからではないかと考えています。その点からいえば、「とめよう原発1000万人集会」がどういう国民感情を醸成するかということに関心があります。黒川さんが指摘されるように、「原発による被害を受けた人がいちはやく被害が復元されるか、あるいは被害をカバーできるだけの違う生活を確立できるか、ということが最優先で議論されなくてはならない」となればいいのですが・・・

もう一点気になったことというのが、現時点での「脱原発」に否定的な私が賛同できる黒川さんが「とめよう原発1000万人集会」という集会に出るということの意味です。もちろん、「脱原発を志向してかれこれ25年」という黒川さんご自身はこうした集会に出ることに矛盾はないと思うのですが、「とめよう原発」という集会である以上、黒川さんの認識とはかなりかけ離れた考えの方も参加しているだろうと思います。そうした方は得てして声も大きいでしょうから、そのような方々と共闘するのは黒川さんとしてもいろいろと苦労されているではないか、それが引用したエントリに込められた思いではないかと要らぬ老婆心を思ってしまいます。

実をいうと、労働組合やNPOといった自発的組織の方々と接していると、「しがらみ」というものを強く感じる場面が多くあります。ある程度話が進んだところで、「我々は○○と付き合いが長いから、支援するならそっちの方面からでないと・・・」とか「××は△△(別団体)と付き合いがあるから我々はちょっと・・・」となってしまって先に進まないということが少なくないという印象です。

まあ、もちろん印象レベルなので「うちは全方位でやっているよ」という団体もあるとは思うのですが、そこで「地方自治法により特定の事業主に発注することはできない」などと「お役所的」な理由でもってしがらみを断ち切れるのは、意外に役所の方なのかもと思うことがありますね。その点でも、「無党派でしがらみのない市民感覚を」という選良の方々の主張は眉につばして聞かなければならないと思うところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。