2011年03月14日 (月) | Edit |
今回の大震災で甚大な被害に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになった方々に心より哀悼の意を表します。

私自身の周辺はかろうじて大きな被害はありません。当面は被災された方々への支援に全力で取り組んでおります。物資等を支援していただいている皆様に改めて御礼申し上げます。取り急ぎのご報告とお礼です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 今回の津波で、会社は消失致し、役職員全員の安否確認、自宅並びに家族の安否確認をしつつ、地元の片づけを行い、仮設事務所の立ち上げと役職員への給料の支払い等を無事行いましたので、ネットも見れるようになりました。
 ラジオで堀江氏はネットやツイッターは凄いと言っていましたが、被災地にしてみれば外側で好きなことを並べて楽しいのだね。と感じました。
 現在1名の確認が取れない状態、社員の住居及び津波により家族並びに親族が不明な方達がおりますが、復旧作業に携わることで、何とか保っているように見受けられます。
 今回、無駄の象徴として叩かれた地方整備の高規格道路の供用開始が5日前にありましたが、この道路で多くの幼稚園児、小学生、中学生が助かりました。
 指定津波避難場所では危険でさらに高台に逃げ、供用開始された道路に法面を登り、道路を歩いて脱出しました。途中で見つけた方達が協力して避難場所に車でピストン輸送したそうです。
 また、直前に通った林道が活躍いたしました。部分供用した道路や林道等を無駄のように叩いた方達によって、整備が遅れたことにより、もっと多くの人達が救え、避難等ができたのではと悔やまれてなりません。
 「小さな政府」 「新しい公共」など何の助けにもならないことは身に染みました。
2011/04/02(土) 16:32:10 | URL | gruza03 #OZ3Y6.Wg[ 編集]
> gruza03さん

震災後はてブでのコメントがなくなっていたので心配しておりましたが、被災されていたとのことで、心よりお見舞い申し上げます。社員の方でも確認が取れない方がいらっしゃるなどご心労を察するに余りあります。ひとまずgruza03さんがご無事だったことに安堵した次第です。

そんな中で片付けや仮設事務所の立ち上げ、給料の支払いまで行われたことに敬服いたします。私が現地で見た現実は、三陸沿岸で起きている事実のほんの一部でしかないことを痛感いたします。避難所の方々も復旧作業に当たることで気持ちをつないでいるという方が多いということは、私も感じました。

いつかは起きると思っていながら、それが現実のものとなったことが、実をいうとまだ私自身が受け入れきれていないように思います。とにかく使えそうな道路や建物を使うしかない現状では、ムダといわれるモノなどありません。この経験をこそムダにしないよう、この先の復興に向けて尽力していきたいと思います。

しばらくは厳しい状況が続くと思いますが、くれぐれもお体にお気をつけください。
2011/04/03(日) 00:11:43 | URL | マシナリ #-[ 編集]
防災対策として…
道路が整備されていたら、その地域に人が集中して、もっと多くの人が被災していた、とも考えられるよね。普通に考えたら「危険だ、という警報が不充分だった」という反省になるんじゃない。警報も公共サービスだが
2011/04/03(日) 18:00:53 | URL | bakachan #-[ 編集]
> bakachan

リンクされたURL先を見ると、spamhamachanと同一人物でしょうか。
http://b.hatena.ne.jp/entry/eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-bdb7.html

で、どうしろと?
後付けで公共サービスの不備を言いつのることは馬鹿でもできます。ご自身もbakachanと自称されている方を相手にする余裕はありません。あしからず。
2011/04/03(日) 21:48:27 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック