--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月13日 (水) | Edit |
なかなか更新のペースが上がりませんが、先週はいろいろと実生活の方で刺激的なやりとりをさせていただいて、お腹いっぱい気味でした。お時間を割いて貴重なご意見をいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

さて、国政のほうは相変わらず迷走を続けているようではありますが、さんざん語り尽くされた感のあるこの話題について、切込隊長こと山本一郎さんが興味深い指摘をされています。

 ところが、そうはできなかった理由というのは、実は漁船に仕立てた軍人を送り込む活動は必ずしも中国政府の統制のもとに行われているわけではない、という点だ。まず間違いなく、中国政府は地方の軍閥を統制できていない。軍事関連での冒険的な物言いや領土問題での過激な態度は、本来の中国政府の取りたい態度からは隔絶しており、いままでの中国の外交姿勢との一貫性を欠く

中国の尖閣諸島関連政策の補足(中国政府と軍閥の問題に関するメモ)(2010.10.11)」(切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog
※ 以下、強調は引用者による。


あれだけの国土と人口を抱える国ですから、よほどしっかりとした組織がなければ、国の隅々まで国家としての意思を統一することが難しいのは想像に難くありません。中国は共産党独裁だとかいっても、やっぱ統治機構として十分に機能しているわけじゃないんだよな・・とかしたり顔で批判するのは簡単かもしれませんが、中国が世界一の人口を有する大国だからと他人事として理解するのは早計でしょう。ほかでもないこの日本でも、「地域主権改革」と称して同様の問題をむしろ人為的に起こそうとしているという意味では、ここ数年の政治状況によって中国にも負けないくらいに国家の統制がとれなくなりつつあるといえそうです。

橋下知事「中国に完敗、国民全員が悔しい思い」

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、日本側が中国人船長を釈放したことについて、大阪の橋下知事は28日の府議会本会議で、「日本は中国に完敗した。国民全員が悔しい思いをしている」と厳しく批判した。


 大阪維新の会府議団の大橋一功政調会長が代表質問で、関西州実現の見通しをただしたのに関連して述べた。橋下知事はまず、中国側の対応について「ある意味あっぱれ。首脳部が国家戦略に専念している」とし、「日本は国家戦略のなさで完敗した。内政を地方に任せ、外交や防衛に集中する仕組みをつくるべきだ」と道州制の必要性を強調した。

(2010年9月29日11時44分 読売新聞)


チホーブンケン教の方々はよく「外交や防衛だけを国に残して、残りはすべて地方自治体に任せてしまえばいい」というような議論をされますが、今回の一件だけでも明らかなように、国境を構成するのは地方自治体の行政区域であって、領海侵犯などの領土問題というのはその行政区域内で発生するものです。したがって、行政でもなく地方自治体でもない沖縄地検に外交をさせてしまった点に象徴的ですが、「領土問題は地域の問題だ」とか「地域で起きた刑事事件は地検の問題だ」ということも可能になってしまうわけです。むしろ、そもそも行政区域が他国の国土と接している地方自治体であれば、「外交は国がやるんだから、うちは何もしない」というわけにはいかないでしょうし、まあ、チホーブンケン教の方々にしてみれば外交は防衛ほど予算がかかりませんから、(実際にそうなることはないでしょうけど)本当に国が外交と防衛だけに専念するようになったら、今度は「国境は地方自治体が管轄するから外交もやらせろ」と言い出すに決まってます。

防衛も同様に、沖縄県の基地の移設というきわめて局地的な問題ですら、ある種の地政学的な条件として、そこに住む住民の意思とか地域の経済情勢を十分に考慮しなければ最終判断できなかったということは、政権交代の教訓として銘記されるべきでしょう。この要点を理解しなかった鳩山前総理が失策を重ねてしまったのもやむを得ないのでしょうが、もしそのような理解の前提に「地域のことは地域が決めて、国は外交と防衛だけやっていればいい」という一種の夜警国家像があったのであれば、そりゃ間違うべくして間違ったんだろうと思います。

まあその程度のことが事前に予想つかないような方が一国の総理をされていたとは思えませんから、「国は外交と防衛をやる」といいながらその実、沖縄県民の基地移設の望む声を政権奪取に利用したんじゃないかと穿った見方もされても仕方ないですね。憲法上単一国家として統治機構を整備してきた日本という国の政権与党が、地域のことを任せたはずの地方自治体を説得することもできず、肝心の外交と防衛すらきちんと理解していなかったいうオチなんでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。