2010年09月16日 (木) | Edit |
前回エントリで呪文を唱えたおざわさんでしたが、「民意」とかいう党員・サポーター票で大差をつけられ、それと逆の票を投じる国会議員の方が多いという読みまでも外れてしまったようで、呪文を使うところを間違ったみたいですね。

まあ、いつの間にかサポーターにされていたり民主党の支持組織に党員費を肩代わりされていた方々の票が「民意」なのか、そもそも「民意」なるものを投票行動だけで単純に推し量ることができるのかという点は大いに疑問であるとしても、そういったある程度操作可能な「民意」ですらコントロールできなかった「豪腕」ぶりを拝見するに、おざわさんにはもはや「せいじしゅどう」という呪文を唱えるために必要なMPが尽きた模様。

それよりも、これだけの「民意」を覆すだけの国会議員票を獲得しようと画策してこられた方々にとって、覆さなければならなかった「民意」ってのはいったい何だったのかというのが今回の民主党代表選の感想です。一言で言えば、選挙に当選させてもらったという「既得権益」を守るため、次期選挙のために「しがらみ」から逃れられなかったんだろうと思うんですが、あれ? これって、世襲議員とかカイカク派首長とかの改革バカが大好きな「既得権益を打破しなければならない」ロジックと同じですね。

次はどんな呪文が唱えられるんでしょうかねえ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック