--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年08月19日 (木) | Edit |
前々回エントリで書いた政策形成プロセスのことですが、切込隊長さんのところで自組織での経験から段取りの重要性が綴られていて、拙ブログで書ききれなかったあたりの機微が的確に指摘されていましたので、備忘録として引用させていただきます。

 昔、ソフトハウスを買ったときのこと、進駐軍のように幹部社員を送り込もうとしたら、羊のように従順だったはずの開発者が次々と辞表を出してきて、買った意味がなくなりかけたことがありました。買ったんだから、会社は私のもの、という意識は、そこで働く人の民忠を下げて一揆が起きて干上がるわけですね。教科書どおりに「1+1は2」とはならないのが仕事であり、戦力だろうと思うわけです。

 では、思ったとおり動かなかった人は、私を裏切ったのか? といわれると、思うところがあります。最近では、用意と根回しと段取りが大事なんだ、資金が幾らあっても、これを仕切るだけの組織がなければうまくハンドリングできないんだということを知るようになりました。

 信頼していた先の謀反というのは、負け戦が見えたときと、勝ち戦後の処理を誤ったときに起きるもんだと思います。逆に言えば、100%頼らせることの難しさ、相手が有能であればあるほど、先を読む能力があればなおさら、いつまでも仕えてくれるとは限らない、という問題を孕むわけでして。

(略)

 何事も相手に納得してもらえるための交渉が必要なのであって、そのためには準備と根回しと段取りが必要なんだ、というのが今の段階での私の結論ですね、はい。

金と人事と読みと裏切り(2010.08.16)」(切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog~不滅の俺様キングダム~

※ 以下、強調は引用者による。


このエントリの題材はおそらく、切込隊長さんが買収した会社内部でのことでしょうから、一組織内ですらこのように根回しと段取りを怠ると物事が進まなくなるという現実があるということですね。切込隊長さんはその現実に直面して、「何事も相手に納得してもらえるための交渉が必要なのであって、そのためには準備と根回しと段取りが必要なんだ」という結論に達したそうです。

この一方で、「政治主導」と称して中間プロセスをすっ飛ばすような方々が政権についてしまいましたが、そんな「政治主導」では一国の統治システムをうまく回せるはずがないということもすでに明らかになっています。実はこのエントリを見て、現厚生労働大臣のこんな所行が伝えられてなんともやりきれない気分になったことを思いだしました。

2 : ノート(熊本県):2010/04/18(日) 19:36:48.91 ID:plWvOK6t ?PLT(12001)

(>>1の続き)

 大臣室に局長らを集めた際、机の書類が床に落ちたことがあった。「上に立つ大臣は取っちゃいけない。君たちが拾わなきゃいけないんだよ」。長妻氏はそう告げた後、自分で拾いはしたものの、「本当は私とあなた方はそういう関係です」とみなにクギを刺した。

 独立行政法人、福祉医療機構の1日付人事では、外部選考委による再三の続投要請をけり、社会保険庁から天下った青柳親房総括理事(56)を更迭した。

 それが、厚労官僚トップ、水田邦雄事務次官との関係となると、事情は違ってくる。

 政治主導の名の下、原口一博総務相は旧政権時代からの事務次官を切った。しかし、職員数10万人の巨大官庁・厚労省は次官1人代えてもすぐには変わらない--。そう踏んだ長妻氏は水田氏を使うことを選び、省のコスト削減チームの責任者に据えた。

 大臣室と次官室は応接室を挟んで隣り合う。水田氏は最低1日1回長妻氏と会うか、電話を重ね、「ムダ撲滅」の進み具合を逐一報告している。

 「一生懸命やっているよ、事務次官。官僚はオレには逆らっても、次官には逆らえない。役人は役人の偉い人には従うんだ」

 周囲にそう漏らす長妻氏は、人事でも手堅さの片りんを見せる。

長妻「床に落ちた書類を拾うのは俺じゃない、お前達だ」  官僚「・・・・・・」


「手堅さの片りん」ねえ・・・おそらく片りんだけだとは思いますが、いずれにしても、切込隊長さんが「会社は私のもの、という意識は、そこで働く人の民忠を下げて一揆が起きて干上がる」という現実を目の当たりにして、裏切りは「勝ち戦後の処理を誤ったときに起きる」と実感されていますが、政権交代の原動力となって論功行賞で就任された現厚生労働大臣には、勝ち戦の後にくるそのような現実は未だに見えてないのでしょう。官僚のモチベーションを下げて彼らが行動をとる気力をそぎ取ることも、官僚に邪魔されずに「政治主導」を進める近道かもれませんが、その結果がこれなんですよね。

厚労省:職員の48%「大臣らにおごり感じる」

 厚生労働省の若手職員のプロジェクトチーム(PT)は28日、省改革の提言などを長妻昭厚労相らに報告した。幹部の指導力に関する職員アンケートでは、48%が政務三役に「おごりを感じている」と答えた。同省の組織目標に「『おごり』の一掃」を掲げた長妻氏を皮肉るような結果に、山井和則政務官が「政治主導って、厚労省の職員にとっていいのか悪いのか?」と気にする場面もあった。

 アンケートは3200人の職員を対象とし、約750人が回答した。政務三役について「納得のいく指示がある」と答えた職員がほとんどいないなど、民主党政権の「政治主導」ぶりに、多くが疑問を抱いている様子が浮き彫りとなった。

 ◇タクシー券年3.6万枚
 また、六つのテーマに沿って報告された省改革の提言のうち、「業務改善・効率化」のチームは、同省のムダの多さを「メタボ状態」と指摘。タクシー券の使用が年間3万6000枚に及ぶこと、忙しい部署に人員が十分配置されていないために残業が生じ、その結果、券を使用する部署に偏りが生じていることなどを報告した。

 提言は、省内の公募に応じた34人(平均年齢33.2歳)が6チームに分かれ、約2カ月かけてまとめた。【山田夢留】

毎日新聞 2010年7月28日 20時36分


ここで注意しなければいけないのは、おそらく前厚労大臣に対する評価も同じようなものではないかと推察されることです。野党の側から厚労省をつるし上げたのが現大臣なら、組織のトップでありながら部下をやり玉に挙げ続けていたのが前大臣だったわけですから。政治家だからといって、組織のトップとしての資質やスキルを持ち合わせていると限らないのは当然のことで、不幸にも厚労省は特にそうしたスキルのない方を戴く傾向があるようです。まあ、多少は自業自得の部分があるにせよ、時の総理大臣の意向として厚労省がスケープゴートにされているうちは、いくら政権交代しようが、誰が大臣になろうが、この傾向は続くのでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。