--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年07月28日 (水) | Edit |
先週の朝まで生テレビのテーマが「激論!“若者不幸社会”」だったので、イヤな予感がしつつも久しぶりに見てみましたよ。もちろん録画早送りで。パネリスト等は以下のとおりでした。

司会:田原 総一朗
進行:長野 智子・渡辺 宜嗣(テレビ朝日アナウンサー)
パネリスト:東浩紀(早稲田大学教授、批評家)
猪子寿之(チームラボ代表取締役社長)
河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)
勝間和代(経済評論家)
清水康之(NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表)
城繁幸(Joe's Labo代表取締役、作家)
高橋亮平(NPO法人「Rights」副代表理事)
橋本浩(キョウデン会長、シンガーソングライター)
福嶋麻衣子(モエ・ジャパン代表取締役社長)
堀紘一(ドリームインキュベータ会長)
増田悦佐(経済アナリスト)
水無田気流(東工大世界文明センターフェロー、詩人)
山野車輪(漫画家)

朝まで生テレビ
※ 上記リンク先はそのうちバックナンバーのカテゴリに移行すると思います。


このリストの中で事前にどういう主張をするのかある程度分かるメンツは、カツマー、アズマー(?)、joe、日本型ヒーロー、嫌韓流、堀氏、河添氏、清水氏という辺りでしたが、まあ、予想を裏切らない議論が延々と続くだけで苦痛でしかありませんでした。議論が的外れであれば、後は人物観察するしかおもしろみはなくなってしまうわけで、今回の収穫はアズマーと堀氏のマジゲンカと、「ワカモノ・マニフェスト策定委員会」なる思想集団からご出演のお二人のうち、元最年少市議の高橋亮平氏をじっくり観察できたことですね。

高橋亮平氏は不勉強ながら今回の朝生で初めて拝見したんですが、見たまんま上から目線という方がいらっしゃるのだなと軽い衝撃を受けました。上記リンク先のご自身のWebサイトでは上目遣いの写真しか載っていないので、別人かと思ったほどです。他の出演者に対して常に上目遣いならぬ「下目遣い」で、この俺ならすべての答えを持っているのだという自信に満ちあふれているその態度には軽く敬服しておくしかなさそうです。

上で「ワカモノ・マニフェスト策定委員会」を思想集団と指摘しましたが、高橋氏が主張されるチホーブンケンにしてもjoe氏が主張される解雇規制の撤廃による雇用の流動化にしても、法制度や判例、政府の統計データや公共経済学の分析なりOECDのデータなりをまじめに検討していたら、そんな世迷い言はいえなくなるはずです。それを自分の半径数メートルの現場経験でもって無視してしまう議論というのは、「○○を唱えていたら不治の病が治った」とか「××の壺を飾っていたら宝くじが当たった」という奇跡の経験談でもって、「○○の教義は正しい」という自己の主張を正当化する輩とたいした違いはないように思います。番組の中でも自らの著書を掲げて「まずは世代間格差の現実を知ってほしい」と連呼してましたから、自らの信者を増やすことには熱心であっても、そこに書かれている「事実」なるものについての批判的な議論は封殺するのだろうなと思わざるを得ません。まあこう書くとある種の信仰集団といった方がよさそうですが。

いやもちろん、若者(定義が「ワカモノ・マニフェスト策定委員会」でもはっきり書いていないのでどの年代を指すのかよく分かりませんが)が不満を訴えて改善を求めることは重要だと思いますし、私自身もまだ若い年代(と思いたい)年代なので、その主張に共感できそうな点もあるにはあります。ただし、だからといってその不満の矛先を「世代間格差」という対立構造に落とし込むのはいかにも目安箱的な政策提言であって、法制度やデータ等を読み解くリテラシーのないことを「庶民目線」といって正当化するカイカク派と親和的になっていくのも宜なるかな。

そんな中で、河添氏がチホーブンケンにおけるナショナルミニマム削減の動きを的確に指摘していたのは大変興味深く拝見しました。田原総一朗が「連合なんてろくでもない既得権の固まり」みたいな労組罵倒発言を繰り返していた中で、河添氏はJoe氏の雇用流動化や高橋氏のチホーブンケンという主張が普通に暮らす人の生活を破壊する経路をきちんと説明していたのに対して、Joe氏やカツマーは「そのためにセーフティネットを同時に作るんです」とチホーブンケンでは到底実現できない施策を主張するという、ここ数年当たり前に繰り返される大変ねじれた議論がここでも繰り返されていました。田原総一朗が既得権益だとして労組攻撃をするのであれば、こうしたねじれた議論で「既得権でない」側が既得権益なるものを破壊した後には、再び既得権の奪い合いが発生するということもきちんと指摘していただきたいものです。

まあ結局のところ、番組後半で嫌韓流の山野氏が「実は『「若者奴隷」時代』を書いているうちに、若者は不幸ではないんじゃないかと思うようになった」と言い出して、ワカモノ・マニフェスト策定委員会の面々は何も言えなくなっていましたが、その程度だということですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。