--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年07月28日 (金) | Edit |
ちょうどいま太田総理の番組やってるんだけど、
「県庁・市役所などを民営化します」
だってさ。

何回も言い古された話ではありますが、一応マジレスしておきます。
民営化によってどうなるかってのを考えてみると、多くの研究が明らかにしているとおり、民営化したからよくなる部分ってのはかなり限られる。手っ取り早く言えば効果があるかもしれないしないかもしれないという程度。

しかし民営化にかかるコストってのはそりゃ膨大なわけです。そういう損得勘定で単純に考えたって、あるかどうか分からない民営化のメリットのために膨大なコストをかける理由はあまりない。どうやら太田光がいうことは
「世の中が変わっているのに全然変わらない世界があるのは不自然だ」
ということに集約されるらしいんだけど、それって民営化する理由になるのかなぁ?

「変わること=民営化」
って図式はそりゃ徴表的な変化として分かりやすいんだけど、そういった「改革してますよ」っていうシンボルとして以上の意味はあまりないですな。これは最近国会を通過した行政改革推進法にも同じことが言えるわけで、民営化とか公務員改革とかいえば威勢はいいけど、実際に効果を挙げることは単に公務員の抵抗とかいう以前に、制度の問題として難しいんだけどね。それを論証しようとすると本が一冊書けてしまう(俺が書く訳じゃないけど)ので、ここでは省略。

個人的には民営化でもなんでもいいんだけど、一番民営化が進んでいるイギリスだって実施部門以外はエージェンシー化していないわけで、なんでそういうことになるのか考えてみれば「民営化すれば全て解決する」っていう単純な話じゃないことは想像が付くと思うんだが、皆さんそういうことはご承知の上で議論されているのだろうか。

というわけで11対14で否決されたのは、この国にもまだ理性は残っていると喜んでいいのかな?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。