2009年09月17日 (木) | Edit |
 ▽総理 鳩山由紀夫(衆院)
1986自民党(田中派)→1993新党さきがけ→1996旧民主党・民主党(鳩山グループ)
1947年生まれ、当選回数:衆7回、大学助教授

 ▽副総理・国家戦略局担当相 菅直人(衆院)
1980社会民主連合→1994新党さきがけ→1996旧民主党・民主党(菅グループ)
1946年生まれ、当選回数:衆10回、活動家→菅・高橋特許法律事務所所長

 ▽総務相 原口一博(衆院)
1993自民党(宮沢派)→1994新生党・新進党→2000民主党(羽田グループ・野田グループ)
1959年生まれ、当選回数5回、松下政経塾→佐賀県議会議員

 ▽法相 千葉景子(参院)
1986日本社会党→1997旧民主党・民主党(横路グループ)
1948年生まれ、当選回数:参4回、弁護士

 ▽外相 岡田克也(衆院)
1988自民党(竹下派)→1993新生党→1994新進党→1998国民の声→1998民政党→1998旧民主党・民主党
1953年生まれ、当選回数:衆7回、通商産業省

 ▽財務相 藤井裕久(衆院)
1977自民党(田中派)→1993新生党→1994新進党→1998自由党→2003民主党(小沢グループ)
1932年生まれ、当選回数:衆7回・参2回、大蔵省

 ▽文部科学相 川端達夫(衆院)
1986民社党→1994新進党→1998新党友愛→1998旧民主党・民主党(川端グループ)
1945年生まれ、当選回数:衆8回、労働組合役員

 ▽厚生労働相 長妻昭(衆院)
1995平成維新の会→1995新党さきがけ→1996旧民主党・民主党
1960年生まれ、当選回数:衆4回、雑誌記者

 ▽農林水産相 赤松広隆(衆院)
日本社会党→1996旧民主党・民主党(横路グループ)
1948年生まれ、当選回数:衆7回、世襲

 ▽経済産業相 直嶋正行(参院)
1992民社党→1994新進党→1998新党友愛・民主党(川端グループ・鳩山グループ)
1945年生まれ、当選回数:参3回、労働組合役員

 ▽国土交通相 沖縄北方・防災・海洋担当 前原誠司(衆院)
1992日本新党→1993新党さきがけ→1996旧民主党・民主党(前原グループ)
1962年生まれ、当選回数:衆6回、松下政経塾→京都府議会議員

 ▽環境相 小沢鋭仁(衆院)
1992日本新党→1994グループ青雲・新党さきがけ→1996旧民主党・民主党(鳩山グループ)
1954年生まれ、当選回数:衆6回、自由社会フォーラム事務局長

 ▽防衛相 北沢俊美(参院)
1975自民党→1993新生党→1994新進党→1996太陽党→1998民政党→1998旧民主党・民主党(羽田グループ)
1938年生まれ、当選回数:参3回、長野県議会議員

 ▽官房長官 平野博文(衆院)
1996無所属→1998旧民主党・民主党(鳩山グループ)
1949年生まれ、当選回数:衆5回、労働組合役員

 ▽国家公安委員長 拉致問題担当 中井洽(衆院)
日本社会党→1975民社党→1994新進党→1997自由党→2003民主党(小沢グループ・川端グループ)
1942年生まれ、当選回数:衆11回、世襲

 ▽郵政・金融担当相 亀井静香(衆院・国民新党)
1979自民党→2005国民新党
1936年生まれ、当選回数:衆11回、警視正

 ▽消費者・少子化担当相 福島瑞穂(参院・社会民主党)
1998社会民主党
1955年生まれ、当選回数:参2回、弁護士

 ▽行政刷新会議担当相 仙谷由人(衆院)
1990日本社会党→四国市民ネットワーク→1998旧民主党・民主党(前原・枝野グループ)
1946年生まれ、当選回数:衆6回、弁護士

以上から初当選前後の党籍を見てみると、
自民党籍6人(鳩山、原口、岡田、藤井、北沢、亀井)
日本社会党籍4人(千葉、赤松、中井、仙谷)
民社党籍3人(川端、直嶋、平野)
日本新党2人(前原、小沢)
社会民主党籍1人(福島)
社会民主連合1人(菅)
平成維新の会1人(長妻)
となりますので、日本社会党と社会民主党を合わせて社会党とすれば、自民党6人、社会党5人で全閣僚18人中過半数の11人を占めます。というわけで、前回エントリの対立仮説は50%水準で有意に棄却されなかったということにしたいと思います。

それにしても、泡沫政党と思われた平成維新の会出身でありながら入閣を果たした長妻氏の奮闘ぶりは目を引きますね。民意至上主義がもてはやされる限り、長妻氏の成功談は「合理的無知を最大限に活かした戦法」としてこれからも受け継がれていくのでしょう。

※ データはすべてWikipediaから拾いました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
難題次々、配慮の連続=「党高政低」の鳩山丸船出 | 経済マネーNEWS 「ミスター年金」の異名を取る長妻昭氏に行政刷新担当相就任を電話で求めたが、「年金問題をやりたい」と難色。鳩山氏は「あなたなら何でもできる」と懸命に説得を試みたものの、長妻氏は「年金」にこ
2009/09/17(木) 13:21:47 | 2分で読めます。今日のニュース速報
防衛庁は暇な部署ですか???防衛庁は暇な部署ですか???接待ゴルフは「300回・1500万」…米津参考人前防衛次官問題 参院外交防衛委員会の参考人招致で手を挙げて質問に答える米津佳彦・山田洋行社長 参院外交防衛委員会(北沢俊美委員長)は15日午後、守屋
2009/09/18(金) 00:50:42 | リアルタイムにスポーツニュース速報