--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月09日 (日) | Edit |
全国知事会という直接選挙で選ばれた選良の方々の組織が、各党のマニフェストを評価したんだそうで、結果は次のとおり。

 自民党公明党民主党
加点項目62.168.763.8
減点項目▲1.5▲2.4▲5.5
合計60.666.258.3

○ 地方分権政策に関する政権公約評価結果(2009年8月 8日、注:pdfファイルです)」(全国知事会

加点項目では自民党も民主党も大差ないですね。公明党の評価が高いのは「(2)国と地方の税源配分5:5の実現、地方消費税の充実」と「地方交付税の復元・増額、共有財源の明確化」という項目のようですが、まあ知事会としてはカネをくれるのはいい政党ということなんでしょう。

さらに、民主党が大きく減点された「IV 地方財源の確保」ですが、評価基準によると「地方財源の確保に不安がある(▲10)」だそうで、とことんカネがほしいんですなあ。

どうして知事会がカネさえあれば何でもできるというまことに素朴な市場原理に則った評価にこだわるのかは判然としませんが、そのカネの出どこってのは東京をはじめとした大都市部なわけで、結局は水平的な財源調整をどうするかという問題に行き着きます。そして、ピグー補助金を否定するかのような補助金削減論がまかり通れば、負の外部性が内部化されることがなくなるわけで、相変わらず「政府の失敗」には手厳しい割に「市場の失敗」には寛容なのが知事会クオリティ。

このとき、知事会が求めている「国と地方の税源配分5:5」が適正なレベルなのかどうかという検証はまったく行われていません。せいぜいが「国と地方は対等なのだから税源配分も対等であるべき」というメンツの問題でしかないんであって、もし税源配分が5:5になったらば、今度は「地方重視のために国と地方を4:6にすべき」とか言い出すに決まっています。意地汚いですね。

ただし、国と地方の協議の場については、個人的には事前調整があってもいいだろうとは思います。プリンシパル-エージェント問題に関連して、国が制定した制度が意図した帰結をもたらさない可能性を低くするために、地方の側の執行体制について国と地方があらかじめ話し合うくらいはやってもいいかもしれません。

なお、それはあくまで、執行体制についての地方の裁量を尊重するというだけであって、制度の設計や目的までも地方に協議する必要はありません。というのも、日本は単一国家としての統治機構を規定した憲法を有する立憲主義国家ですので、国権の最高機関である国会の決議に協議が求められるはずがないからです。特に、ここでいう「国」は行政を意味するのでしょうから、行政は執行手段のみにしか裁量を持ち得ないんですよね、政治主導命の皆さん。まあ彼らはそもそも一切の裁量すら認めないのかもしれませんけど。

・・・というような次第で、この評価なるものを見れば見るほど意味が不明です。単に自分の好きなことを答えてくれた政党に対する好感度調査というレベルなので、評価したものがちになってます。それでもって評価される政党も災難ですね。そもそも「日本がめざすべき姿として、地方分権型国家が明確に提示」なんて日本語からして破綻していますが、そのおそらく言わんとするところの国家像が知事会によって実証的に提示されているわけでもなく、こうしてマニフェストなるものは「敬うべきモデル」へと昇華していくのでしょう。

それにしても、まともなマニフェストが一つもない・・・
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
すなふきんさんにトラバいただきました。

特に付け加えることはないんですが、
> 「地方分権に邁進するのは当然」みたいな感じで予め真理として設定し、彼らのおメガネに適うかどうかで「優劣」を判断する。どこまで傲慢なんだって誰も思わないのですかね。
おそらく既得権益とか役所のムダを批判する方は、利害関係者以外に対する利益配分を奪っているという意味で、役所の「傲慢」を批判しているのだと思いますが、その「傲慢」を批判することが、新たな利害関係者への利益配分という形の「傲慢」につながることがイメージできないのではないかと思います。

「NPOとの共同」だの「住民参加」だの「住民による監視」だのが求められるということは、私生活の一部をパブリックのために提供しなければならなくなるわけで、それはすなわち、提供できる能力と意志のある「声の大きい」層に発言権を与え、これまでとは違った意味での「傲慢」を増大させることになるのではないかと。

どっちみち「傲慢」であるなら、ある程度生活が保障されることによって利害関係者から距離を置くことが可能な役人と、利害関係者のど真ん中にいる市民の方々のどちらに権限を与えることが望ましいか、という選択が迫られているともいえるかもしれませんが、その選択自体に意味があるのかという疑問が残りますね。
2009/08/10(月) 07:29:59 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-332.html ・・というような次第で、この評価なるものを見れば見るほど意味が不明です。単に自分の好きなことを答えてくれた政党に対する好感度調査というレベルなので、評価したものがちになってます。それでもって評価される政
2009/08/09(日) 11:17:50 | すなふきんの雑感日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。