--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年12月23日 (金) | Edit |
耐震設計偽装問題は俺の予想よりは遙かに大きな問題になっております。

でもね。
こんな詐欺まがいの物件をつかまされた方々に対する保護は必要だと思うけど、毎日テレビに出てる民主党(一部に公明党も出てるけど)って政治家としての仕事してるのかと問いたくなるわけです。

政治家の仕事は不正の追及ではなく、国民のためになる政治を
実現することを至上命題とするべき。

一部の被害者(といってもいいと思う)のために毎日テレビに出て
「あいつが悪い」「証人喚問しろ」
っていうことが、果たして国民のためになるんだろうか。

っていっているうちにヒューザーの小嶋社長の証人喚問は実現することになったとのこと。

誰がどう見ても小嶋社長は故意に欠陥物件を売っているし、実際に家宅捜索まで入っている。その段階で証人喚問することにどんな意味があるというのかね。

自民党と建設業界の癒着を暴くというなら自民党議員を呼べばいい。

そうでもないのに、政策を議論すべき国会で、ほぼクロと分かっている人間を証人喚問させるから、民主党はパフォーマンスばかりっていわれるんだよな。

変な方向に行ってるよ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。