2008年11月19日 (水) | Edit |
夜のニュースを見ても気分が悪くなるだけなので、特に古舘伊知郎がキャスターを始めたころからほとんど見てなくて、朝のニュースで前の日のことを知ることが多く(それもみのもんたが進出してきてどっちにしろ気分が悪くなるので、結局NHKくらいしかみないようになっています)て、今知ったんですがこんなことが起きてしまったとは・・・ご冥福をお祈りします。

 さいたま市と東京都中野区で、元厚生事務次官宅が相次いで襲われ、2人が死亡、1人が重傷を負った事件。手口が似通っており、旧厚生省年金局長を務めた点など2人の元次官の経歴にも共通点が多い。年金問題が背景となったテロ事件なのか
(略)
 ◇年金不信、頂点に

 年金局は厚生労働省内で「年金局モンロー(孤高)主義」と呼ばれ、医療制度を担当する保険局と並んでエリートが集う部局として知られる。しかしこの数年、年金行政に対する国民の不信は頂点に達した感がある。

 04年、社会保険庁職員による芸能人や政治家らの年金記録のぞき見問題が発覚。その後、職員が練習に使うゴルフボール代にまで保険料が流用されていたムダ遣いや国民年金保険料の不正免除の問題などが相次いだ。07年には年金記録漏れ問題が広がりを見せ、08年には年金記録の改ざん問題が明るみに出た。厚労省は「運用の問題で、年金制度は関係ない」(幹部)と言うが、一連の不祥事は、年金制度そのものへの信頼を揺るがせた

 全国民共通の基礎年金という、現行制度の基盤は85年の年金改革で作り上げられた。吉原氏が年金局長時代、山口氏は年金課長として仕え、ともに85年改革をリードした。日本の公的年金の基本は「負担した者が報われる」社会保険方式だ。しかし、政府・与党は今、低所得の人の給付や保険料を税で補てんする制度改正の検討に入った。燃え広がった国民の年金不信を沈静化するには「不本意だが、これしかない」(厚労省幹部)と追い込まれた末の決断で、年金不信の出口は見えないままだ

毎日jp(毎日新聞)「クローズアップ2008:元厚生次官宅・連続襲撃 手口、類似点多く」

※ 強調は引用者による。


この記事の無責任ぶりはなんなんだ? 現時点で関連性を特定することはできないとしても、あれだけ年金制度を悪者に仕立て上げたマスコミが他人事のように気取っていられるとでも思っているんだろうか? なんとお気楽な稼業なことか!
もちろん、ジャーナリスト出身者らしく国会議員の権威を使って制度に関係のない些末なことばかりジャーナリスティックに取り上げて、「ミスター年金」とか呼ばれていい気になっているらしい民主党の長妻議員とかいうジャーナリストのお手本のような方も無関係ではあるまい。「テロ」という言葉を軽々に使うことははばかられるものの、売り上げなり視聴率なり支持率を上げるために、彼ら自身が先頭に立って霞ヶ関とか官僚とかの公的セクターを次々に血祭りに上げてきたわけで、その当事者が元事務次官に対する「テロ」を批判できるはずはない。

 山口さんは厚生官僚時代、主に年金畑を歩いた。基礎年金導入など年金制度の改革が行われた際には、年金課長だった。さらに、年金局長として、現在の年金制度の骨格を固めた。

 吉原さんも、年金局長や社保庁長官を歴任し、年金行政のエキスパートだった。年金局長時代の一時期、山口さんが年金課長として仕えていた。

 厚労省と社保庁をめぐっては、様々な不祥事が発覚している。特に年金のずさんな記録管理や、制度上の不備が大きな問題となっていることは確かである

 だが、理由が何であれ、テロは決して容認できない

 行政を対象にした暴力は、近年増加している。
(略)
 行政関係者がテロを恐れて職務を執行できないようでは、健全な社会とは到底言えまい
YOMIURI ONLINE(読売新聞)「元厚生次官襲撃 テロは断じて許されない(11月19日付・読売社説)」
※ 強調は引用者による。


事件が起きてからこんなこといわれたって、「ぼくもりゆうがなんであれてろはけっしてようにんできないとおもいます。(棒読み)」としか聞こえない。健全な社会からどんどん逸脱させているのはどこの誰なんだよ!

HALTANさんがおっしゃるような事態とは違う意味で「パンとサーカス」が社会的な問題を引き起こしているかもしれないというのに、今回の事件が起こってすら改心することはないというのか。

後は地上波局もますます再放送や映画・海外ドラマなどの二次利用もので埋める時間が増えるんだろうし(個人的にはその程度の地味な編成の方が好みだが)、U局や衛星(CATV)系局と大して変わらない編成になった頃にやっと「もうパンとサーカスは止めよう」と改心す・・・ればいいんだけどねえ・・・orz
[社説・コラム]天声人語氏が「自由な言論」(パンとサーカス)を謳歌しているあいだにも朝日新聞の広告収入も部数もどんどん減っていく(2008-11-14)」(HALTANの日記
※ 強調は引用者による。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
HALTANさんからTBいただきました・・というより題名だけ見ると誤解されかねないTBをこちらから送ってしまい、ご迷惑おかけしました。削除していただいて構いません。申し訳ございませんでした。

言わずもがなですが最後の引用部分を強調するためのTBでして、あまりに腹が立って勢いで書いてしまったエントリにもかかわらず冷静なご返答をいただき恐縮です。

> 「高給」を食んでいる(食んでいそうな)者が憎いのは分かりますが(拙もああいう人種の浮世離れには批判的ですし)、甚だ僭越で恐縮なのですが「敵」の正体はもう少し正確に見極めた方がよろしいんじゃないでしょうかねえ・・・。

冷静さを欠いたエントリでしたので、ご指摘の点をもう少し考えてみたいと思います。実は読売は比較的冷静な年金報道をした方ですし(日経、朝日、毎日とTV各局がヒド過ぎるからそう見えるだけかもしれませんけど)、「敵」の正体が誰なのかは確かによくわかりません。

ただ、年金に対する「テロ」であったなら、長妻議員と民主党に対する憤りは収まりませんが・・・
2008/11/19(水) 21:18:16 | URL | マシナリ #-[ 編集]
再びHALTANさんから丁寧なTBいただきました。ありがとうございます。文脈の違うHALTAさんのエントリを唐突に引用してしまったために無用の混乱を招いてしまったようですね・・

ともあれ、私のような雑魚が命まで狙われるわけではありませんが、役人なんぞやっていると似たような話(いわゆる行政対象暴力)を身の回りでよく聞くこともあって、このエントリでは過剰反応してしまったのかもしれません。

ただ、しつこく繰り返してしまいますが、

> 「万が一、結果的に犯人を煽ってしまったのだとすれば、我々ジャーナリズムも反省すべきは反省したい」とは一行も書いていない。「年金問題あるいは厚生行政に対する不満が背景にあったとしても、物理的な暴力行為ではなく言論活動によって改善を訴えるべきだろう」として、むしろこの機に乗じて自分たちを正当化したい意志さえ感じられるわけでして・・・orz

とHALTANさんがおっしゃるようなマスコミ(や一部政治家)の態度が、たいした批判に晒されることなく成り立つような世情こそ、立場を超えて憂慮すべきものだということは改めて強調させていただきたいと思います。
2008/11/21(金) 02:39:29 | URL | マシナリ #-[ 編集]
おまえが言うな!はまだ早い
犯人の動機等、事実関係が明らかでない中で、決め付けのマスコミ批判することは早計だし、そんなんじゃまさにマスコミ報道や報道もどき番組とかわらないです。
2008/11/22(土) 23:32:22 | URL | みんご #uadB4Qt2[ 編集]
> みんごさん

この事件の犯人(昨日出頭した容疑者がどれだけ関与しているのか現時点ではわかりませんが)の動機や事実関係についてはおっしゃるとおりだと思います。

私がこのエントリ(に限らず拙ブログを通して)で批判の対象としているのは、マスコミや政治家が「彼ら自身が先頭に立って霞ヶ関とか官僚とかの公的セクターを次々に血祭りに上げてきた」ことや、「健全な社会からどんどん逸脱させている」ことです。

そのために、「「テロ」という言葉を軽々に使うことははばかられるものの」とか「年金に対する「テロ」であったなら」として、事件との因果関係の断定は避けたつもりです。犯人の動機を決めつけているわけではないことをご理解ください。

この事件の全容が早急に解明されることが望まれるのは当然ですが、一方でそういった個別の事件とは無関係に、利害関係が複雑に絡む制度を巡って、データや理論に基づくことなく、その利害関係者間の感情的なルサンチマンだけをさんざん募らせる言論があるならば、それがどんな立場からで、あるいは、どんな立場に対するものであったとしても、批判されてしかるべきものだと思います。
2008/11/23(日) 15:36:41 | URL | マシナリ #-[ 編集]
このエントリの趣旨はいささかも動くことはないものの、事件の顛末を見るにつけ、どう落としておこうか考えていましたが、現時点(11/29)では切込隊長さんやfinalventさんのエントリでのご指摘に尽きていると思いますので、引用させていただきます。

「これほど事後に教訓を残さないテロ事件も珍しい(2008.11.23)」(切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog~不滅の俺様キングダム~)
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2008/11/post-cc14.html

「元厚生事務次官殺傷事件、雑感(2008.11.23)」(極東ブログby finalvent)
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2008/11/post-c518.html
2008/11/30(日) 00:34:30 | URL | マシナリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この記事の無責任ぶりはなんなんだ? 現時点で関連性を特定することはできないとしても、あれだけ年金制度を悪者に仕立て上げたマスコミが他人事のように気取っていられるとでも思っているんだろうか? なんとお気楽な稼業なことか! もちろん、ジャーナリスト出身者らし
2008/11/19(水) 20:13:20 | HALTANの日記
HALTANさんからTBいただきました・・というより題名だけ見ると誤解されかねないTBをこちらから送ってしまい、ご迷惑おかけしました。削除していただいて構いません。申し訳ございませんでした。 言わずもがなですが最後の引用部分を強調するためのTBでして、あまりに腹が立
2008/11/20(木) 14:06:20 | HALTANの日記
関連:2008-11-15■[新聞から遠く離れて]新聞社正社員はなぜ「高給」でいられたのか・・・・(「パンとサーカス」の終わり 新聞篇)id:HALTAN:20081115:p1 ほか ・・・自分は「新聞・TVなど本当は儲かるものではない」「あの辺の正社員たちが『高給』になったのはあくま
2008/11/21(金) 22:49:02 | HALTANの日記