2005年10月11日 (火) | Edit |
昨日(といっても日付が変わっておとといになってしまった)何をトチ狂ったか「毎日更新」なんて書いてしまいましたが、早速この体たらく。

このブログでは、いわゆる日記形式で俺の身の回りに起こったことを記していくなんてことはしていないので、時事ネタを拾ってこないと書くことがないんである。ということで、さすがに毎日は無理かもしれないと逃げ道をつくっとく。

昨日大風呂敷を広げてしまった贖罪もあるので最近見た映画のことなんか書いてみます。そういえば、このブログのカテゴリにサブカルなんかも登録していたけど、こういう柔らかい話題は初めてですな。

で、見た映画は
「チャーリーとチョコレート工場」
というティム・バートンとジョニー・デップの例の映画。
映画が見たかったというより、チョコレートの香りで演出する映画館があるというのを聞いて、そのチョコレートの香りを体験したかったからというのが見に行った理由だったりする。

映画館に行ったときの上映会はすでに満席で、次の回も満席。
その次の回まで「銀河ヒッチハイクガイド」で暇をつぶしながら、いよいよ本命の劇場に入ったら、早速チョコの香りが!指定席が最後列だったので、階段を一番上まで上ると足下にちっこい卓上扇風機のようなものが置いてあって、「ヴイ~ン」とワッキーばりの騒音をまき散らしながらチョコの香りを発散しておりました。

席が近くて予告編まではその音がやたら耳障りだったものの、本編が始まってからはほとんど音がしなくなり、場面によって香りの強弱が変わるという触れ込みの割りにはそれほど香りによる演出を感じなかったというのが正直なところです。

肝心の映画の方は、まあ見て損はないです。子供向けのファンタジーの体裁ではありますが、いい年こいたおっさん(俺のこと)が見ても思わずニヤリとしてしまいました。ちょっと斜に構えて「いい話」を楽しみたい方にはうってつけかと。

こんな感じでちょこちょこといきたいんだけど思ったよりも長くなってしまうな。毎回このボリュームじゃ続かないぞ・・・
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック