--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年07月30日 (土) | Edit |
前回縦割りのことを書いたんだけど、アップした瞬間にこのブログではあり得ないほどのアクセスをいただきました。
(といっても二桁に乗ったというだけだけど)
「戦争」というセンシティブな言葉を使ってしまったからというのが真相かも知れませんが、ちょっと気をよくして再び縦割りネタをば。

この「縦割り」という言葉は実に便利で、マスコミが役人を叩くときに必ずと言っていいほど使いたがるキーワードです。しかし、マスコミにとって便利な言葉ってのは、結局はスポンサーを敵に回さないで誰かを悪者にしなければならないときに使うんであって、便利である反面何も意味していないことが多い。
たとえば「国民感情」って誰の感情だよってこと。

それと同じで「縦割り」っつっとけばとりあえず役人が悪いということにできるので、マスコミのスポンサーである民間企業はその「縦割り」の被害者になれるし、視聴者や読者は悪者を見つけることができて留飲を下げ、マスコミは視聴率や売り上げを上げることができるという役人を除いてみんなハッピーになれる魔法の言葉なわけですが、やっぱりその意味するところはあんまりはっきりしない。

思い起こしてほしいのは、民間企業だって縦割りだってこと。
というより、俺の個人的な経験からすると民間の方が縦割りは徹底していると思うんだけど。

たとえば、以前デパートに価格調査で行ったとき、受付で守衛さんに担当部署を言えと言われて担当部署を告げると受付に回され、受付で担当部署を告げると、しばらく待たされて担当部(?)の部屋まで案内もなく行けと言われ、担当部の部屋の入り口でさらに担当課を告げて10分近く待たされ、やっと担当者に会うことができた、なんてことがありました。

デパートネタで言えば、ほかにもイベントやったときに搬入口からイベント会場まで荷物を運ぼうとそこにあった台車を借りようとしたら、
「ここは荷物搬入の担当だ! イベントのことはイベント担当に言え!」
と怒鳴られたこともある。
そこに行く前にイベント担当に台車を借りようとしたら、「下で借りてくれ」って言われてたんだけどね。

こんな仕打ちを受けようが、黙って愛想を振りまいておかなければならないのが役人の切ないところ。
間違って「同じデパートの社員のくせに、おめーらの言うことが違うんじゃい!」
なんてこと言おうものなら
「税金でメシ食ってるくせに納税者に向かって偉そうなこと言うな!」とか、きりがなくなるので。

これと同じことを市役所とか県庁でやったら、翌週くらいの地元新聞の投書欄には「あまりにひどい役所の対応」なんてのがでかでかと載ったりします。俺も「あまりにひどいデパートの裏側」なんて書いてやろうかとも思いますが、デパートがスポンサーのマスコミがそんなの取り上げるわけがないので、思いとどまっております。

だいぶ脱線してしまいましたが、「縦割り」なんて役人の世界に限ったことじゃなくて、普通の組織であればどこでもやってるってこと。商社だって「背番号」といって入社時に配属された分野で一生ローテーションしていくでしょ?ちょっと古いけど吉本の芸人でやってた「明日があるさ」なんて映画&ドラマも、同じ商社の中で違う商品を担当する部署が、顧客を巡って互いに縄張り争いするっていうプロットの話だし。
そうやって違う担当同士が競い合うことで会社が活性化するし社員もやる気を出すってのがあの話のキモになっているわけで、役所だって、それぞれが自分の担当の仕事を通じて、目の前の人のためにしようとするかこそ、役所全体のパフォーマンスもあがるというもの。

というように、「縦割り」っていっても役所だけの専売特許なんかじゃなくて、役所だろうが民間企業だろうがどこでもある話であって、それぞれその組織の使命によって様々な形態をとりながらその組織の使命達成のために重要な役割を担っているってこと。そういう縦割りのメリットを十分認識した上で、「縦割り」という言葉を使っていただきたいと思います。

さらにいえば、役所の中でも地方自治体と国の中央官庁ではその意味合いがだいぶ違う。
これについてはまた次回。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。