2009年11月12日 (木) | Edit |
政治家やマスコミの方々が国民の支持やら視聴率やらを重視する中で、不要不急不当不正だとレッテルを貼られた事業が公開の場でフルボッコです。
魔女裁判とか公開処刑なんていう言葉を思い出してしまいましたが、それは「敬うべきモデル」の復権を遂げた民意至上主義の現政権に対して失礼ですね。

MSN産経ニュース【事業仕分け】さながら“公開裁判” 危うき事業見直し (1/2ページ)2009.11.11 20:22
 「国がやる意味がどこにあるのか」「一方的な議論はおかしい」-。鳩山政権が予算削減の切り札として期待する「事業仕分け」が始まった11日、会場となった体育館は“公開裁判”の趣となった。だが、仕分けがどこまで成果を上げるか不透明な部分も多い。事業の見直しが決まれば、制度改革や組織改廃に直結するが、所管省庁で行われている議論との整合性をどう取っていくのか明確なルールや権限が決まっていないためだ。閣僚らからは反発の声も聞かれ、早くも暗雲が垂れこめ始めている。(河合雅司)


こんなことを書くマスコミはけしからん!と国民の皆様がお考えになる限り、現政権は安泰です。

それにしても、不急というのは将来的に必要だという意味でしょうし、不要といっても誰にとっての不要かで判断は違うだろうとは思いますが、それをすべて飲み込んでしまうのが民意のすばらしいところですね。
スポンサーサイト