2009年10月27日 (火) | Edit |
野党だった時期なら仕事には直接影響がなかったんですが、政権党となった方々の雇用対策というのがなんともなんともで・・・

マクロの経済政策が全くスルーされる中、予算措置しないことが前提で公共事業はダメ、いくら福祉や介護に人が足りなくても公務員を増やすことなどもってのほか、先進国でもずば抜けて低い国民負担率は固定したままで、どうやって労働需要を増やそうってんだか・・・

それでも相変わらずチホーブンケンしか頭にない政治家首長さんたちは、チホーブンケンで地元に雇用を生み出すとか繰り言ばかりで、壊れたレコードじゃあるまいし・・・

しかも、それぞれの分野で専門的なスキルや知識を持っている官僚がいうことは一切否定し、かといって、地方の現場なるものにそれなりに関わっているチホーコームインのいうことを聞くわけでもありません。といっても実際は、情報統制が徹底されて政権に都合のいい官僚の意見だけが政治主導の名の下に取り込まれていそうですし、チホーコームインもチホーブンケンを礼賛しさえすれば首長に取り入ることは可能ですがね・・・

正直もうやる気がなくなってしまっております・・・

緊急雇用対策なるモノについては拙ブログでいちいち指摘するまでもなく、公労使の方々がそれぞれ適切に批評されていますので是非ご覧ください。どの立場から見ても意図や効果のわからない「雇用対策」って何なんでしょうねえ・・・

(公益(?)側)
湯浅誠風味のお金のつかない緊急雇用対策(2009年10月24日 (土))」(EU労働法政策雑記帳

(労働者側)
10/21 結局政治家の考える雇用対策なんて(2009.10.22)」(きょうも歩く

(使用者側)
新たな予算措置を要しない緊急雇用対策(2009-10-26)
「緊急雇用対策」雑感(2009-10-22)」(吐息の日々~労働日誌~

一点だけ指摘させていただくと、労務屋@保守おやじさんの26日のエントリで

 いっぽうで、「求人開拓と「雇用ミスマッチ」の解消」は重要で、「採用意欲のある中小企業等の掘り起こし」も有意義ではないかと思われます。
(略)
ここには情報不足によるミスマッチが起きている可能性はかなりあり、うまくマッチングを進めることができれば新卒就職対策として効果的なものになり得るでしょう。もちろん、採用する側にも環境整備は必要であり、行政としても単に情報提供だけではなく環境整備への支援も図って欲しいとの思いはありますが…。

新たな予算措置を要しない緊急雇用対策(2009-10-26)」(吐息の日々~労働日誌~
※ 強調は引用者による。


と指摘されている点については、地方自治体が唯一積極的に関与できる雇用対策なので、これでもかというほどやっているところがほとんどではないかと思います。緊急雇用創出事業やらふるさと雇用再生事業やらの基金で非常勤職員(別名「官製ワーキングプア」ですが)が大幅に増員されてますからね。
その結果、(こちらの地元に限っていえばですが)既に地方の中小企業は草刈り場と化していて、今や労働条件の過酷なところが残っているだけとなっており、労務屋@保守おやじさんが介護についてご指摘されているのとほとんど同じ状況になっているようです。打てる手はもうないんですよね・・・

もちろん、政治家の方々がこんな意図も効果もわからない政策を悪意で打ち出しているとは思ってませんよ。ただそこには善意で敷き詰められた道があるだけで、その先には・・・
スポンサーサイト