--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年10月13日 (木) | Edit |
アメリカのハリケーンも大変な被害でしたが、パキスタンの大地震も悲惨な状況になっているようです。

こういう時にこそ政府っていうものの存在価値があるはず。このときの政府っていうのはもちろんパキスタン政府のことなわけですが、あれだけの被害に一国政府だけでは対応できるはずもありません。

ところが日本政府の対応はあまりぱっとしたものではありません
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_1011a.html
あれだけの大災害で、ビルが倒れたり交通が麻痺しているんだから、自衛隊が持っているくらいの輸送力なんかを投入することの方が現地の緊急対応としては求められているんじゃないだろうかと思う。
お金とか医者も大切だけどね。

そんなことを考えていたら、今日の経済財政諮問会議での政府系金融改革について、筑紫哲也がなんやかや言ってました。

政府系金融ってのは農林中金とか商工中金とか政策投資銀行とかってていう、いわゆる市中銀行が相手にしないようなところに融資する金融機関です。

で、市中銀行が相手にしないということはつまり、それだけ融資するにはリスクが高いということで、不良債権の額も必然的に多くなってしまいます。

それを、不良債権に異常に反応する小泉総理とか竹中大臣がやり玉に挙げているわけですが、ホントにそれでいいの?

確かに焦げ付く可能性が高いかもしれないけど、政府系金融がなくなったら、中小企業とか農林業者が融資を受けることができなくなってしまいません?

しかも、筑紫哲也は
「いくら選挙しても官僚は替わらないわけで、天下り先を確保したい官僚こそが本当の抵抗勢力です」
なんて、笑い袋みたいに同じことしか言いません。

これだけ影響力のあるキャスターが、これまで政府系金融が融資してきたところをどうするかという議論をほっといて、とりあえず視聴者が食いつきそうな天下りとかのちっちゃい問題に矮小化してしまっていいのかね?

こういうのって自然災害に適切に対処できないのと同じくらい
たちの悪い人災かもしれない。

スポンサーサイト

2005年10月11日 (火) | Edit |
昨日(といっても日付が変わっておとといになってしまった)何をトチ狂ったか「毎日更新」なんて書いてしまいましたが、早速この体たらく。

このブログでは、いわゆる日記形式で俺の身の回りに起こったことを記していくなんてことはしていないので、時事ネタを拾ってこないと書くことがないんである。ということで、さすがに毎日は無理かもしれないと逃げ道をつくっとく。

昨日大風呂敷を広げてしまった贖罪もあるので最近見た映画のことなんか書いてみます。そういえば、このブログのカテゴリにサブカルなんかも登録していたけど、こういう柔らかい話題は初めてですな。

で、見た映画は
「チャーリーとチョコレート工場」
というティム・バートンとジョニー・デップの例の映画。
映画が見たかったというより、チョコレートの香りで演出する映画館があるというのを聞いて、そのチョコレートの香りを体験したかったからというのが見に行った理由だったりする。

映画館に行ったときの上映会はすでに満席で、次の回も満席。
その次の回まで「銀河ヒッチハイクガイド」で暇をつぶしながら、いよいよ本命の劇場に入ったら、早速チョコの香りが!指定席が最後列だったので、階段を一番上まで上ると足下にちっこい卓上扇風機のようなものが置いてあって、「ヴイ~ン」とワッキーばりの騒音をまき散らしながらチョコの香りを発散しておりました。

席が近くて予告編まではその音がやたら耳障りだったものの、本編が始まってからはほとんど音がしなくなり、場面によって香りの強弱が変わるという触れ込みの割りにはそれほど香りによる演出を感じなかったというのが正直なところです。

肝心の映画の方は、まあ見て損はないです。子供向けのファンタジーの体裁ではありますが、いい年こいたおっさん(俺のこと)が見ても思わずニヤリとしてしまいました。ちょっと斜に構えて「いい話」を楽しみたい方にはうってつけかと。

こんな感じでちょこちょこといきたいんだけど思ったよりも長くなってしまうな。毎回このボリュームじゃ続かないぞ・・・


2005年10月09日 (日) | Edit |
一か月以上も更新してないとさすがに誰も見に来なくなってしまいますな。

確かに毎回あまり力を入れて書いてしまうと、
「次はもっときちんと書かないと」とか
「前回書いたこともあまり自信がないな」とか
考えてしまって、書こうという気力が萎えてしまうものです。
(あと、違う掲示板で啓蒙活動もどきをしてみたもののちょっとフォローしきれない投稿が多くて途中からほったらかしにしてしまっているし)
ということで、しばらく適当でいいので毎日更新してみようかなと思う次第。

で、とりあえず経済財政諮問会議とか自民党の行革本部とか民主党とかが「○年で公務員○割削減」とか競り合っているわけですが、さすがにこれはおかしいと思ったのか、共同通信で消防研究所が廃止になるのは筋違いじゃないかという記事を掲載してました。

郵政民営化の時の財政投融資の話もそうだし、今回の公務員削減の話もそうなんだけど、いわゆる元手を減らせばその支出先である人件費や運営費の削減が可能になるというような、いわゆる「蛇口論」で特殊法人とか無駄な公務員が減るというような論法はあまりに迂遠じゃないかと思われるわけです。

確かに民間企業の経営の発想で、収入が減ったらその分人を減らしたり経費節減に努めるというのはわかる。
けど、政府の仕事は公共財の供給とか所得の再分配というところにあるわけで、収入が減ったからそれもしなくていいことにはならない。

一方で組織の運営の問題がある。
組織運営の規律がしっかりしているなら、元手が減れば無駄な支出を削減するということは当然達成されるわけだが、それがない組織では単に削りやすい経費だけを削るということになりかねない。
上記の消防研究所なんてのはその典型で、もっとほかに削るべきところがあっても、削りにくいところは手を付けずに逆に抵抗の少ないところが削られるだけになってしまう。

というわけで、経済財政諮問会議の財界の重鎮や経済学者、自民党とか民主党の政治家の皆さん、どこが削られるかきちんと考えて数値目標を出してくださいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。